« モランを乗り越えて | トップページ | あけましておめでとう~! »

匂い初心者

世界が変わるってこういうことだと思った。

カタカタと食事のワゴンがエレベーターから降りるとすぐに匂いでわかった。食べ物とはなんてたくさんの匂いがするものなのだろう!もう匂いだけで食べてるような気分になる。毎日毎日、食事の時間になるとちょっと慣れなくて、何種類もの匂いが目に見えるんじゃないかと思うくらいだった。

外を散歩すると、ホコリや芝生の匂い。大きな国立病院だったので中庭が松林になっていたのだけど、この松の木の匂い。木だけでむせかえるような匂いでこれまたクラクラする。

そして一番驚いたのは自分の手だった。手が、人間という動物の匂いがした。皮膚というか、肉というか、なんだかわからないけど匂いがある。最初ベッドの上でそれが気になって気になって、しょっちゅう手を洗いに行っていた。手を洗って石鹸の匂いがするとよしよし、と思った。でも石鹸の匂いが薄れてしまうとまた手の匂いがするのですぐ洗いに行った。くんくん手の匂いを嗅いでばっかりで、ちょっと見には強迫神経症みたいだ。

退院して家に帰るのに乗った電車がまたすごかった。

おっちゃんの油の匂い。どっかのゲロの残り香。お線香をあげてきたおばあちゃん。部活帰りの高校生の汗。子供が食べてるお菓子の甘い匂い。ごっちゃ混ぜだ。電車っていつもこんなに匂うものなの?!みんなずっとこれを匂ってて平気なの?私は限界に挑戦ばりに息を止めた。

もちろん、悪い臭いことばかりじゃない。イチゴを食べて大感激もした。イチゴって、ふんだんな香りと一緒に食べるとこんなにもおいしかったのかー!イチゴの香りは知っているし、嗅いだこともあるし、大好きだけど、こんな風に味わったことはなかった。なぁ~んておいしいものがあるんだろうと、イチゴを食べまくった。

肉に匂いがあったのも驚いた。牛肉、豚肉、鶏肉、それぞれ全然違う匂いがする。なのに、私はそれまで肉に匂いがあるとは思っていなかった。最初は牛肉が腐っているのかと思ってびっくりした。今買ってきたのに腐ってる?と思ったら、それが牛肉の匂いだよと言われた。豚肉はひき肉だと一層強い匂いで、シュウマイや中華街の本格豚マンが食べられなくなってしまった。少ししてハンバーグもダメになった。なんだか、臭いのだ。今はハンバーグはたまに食べるけど、シュウマイと豚マンは相変わらず食べられない。

毎日驚きの連続だったけど、あまりに目新しくて楽しかった。匂いに興味が出てきて、香水売り場で端から匂いを嗅いで気持ち悪くなったり、シャンプーやコンディショナーや匂いのあるものはいちいち嗅いでまわった。お気に入りの香水を見つけて毎日つけるようにもなった。

以前同級生の友達に言われて理解できなかったことがあった。その友達のお母さんがお義母さんの介護をしていて、おむつを替える時がとてもいやで「匂いを嗅ぎたくない」と思っていたら本当に匂いが全くしなくなってしまったと言っていた。心因性なので”こうやったら治る”という方法があるわけではなく、友達のお母さんはそれからずっと嗅覚がなくなってしまったままなのだそうだ。友達は同級生なのでいつも鼻をぐしゅぐしゅさせている私のことを知っていて、「だからうちのお母さん匂いがわからなくなってからお鍋をこがすようになったの。ヒロコも匂いがあまりわからないから、気をつけてね。」と言った。でも私は最初これが理解できなかった。「なんでお鍋をこがす???」と思っていた。

それは、おばさんがずっと普通の嗅覚を持っていて、突然匂いがわからなくなってしまったからなのだ。これは、私には起きないことなのだ。お鍋を火にかけていたら、見えない場所まで離れたことはない。お鍋をかき混ぜながら本を読んだりするけど、違う部屋に行って匂いで「あ、こげそうだ。」という判断をすることは、私にはできない。

人がもっと嗅覚で物事を判断していたら、私は嗅覚障害者かもしれない。例えば、信号が「進め」がメロンの香りで止まれがイチゴの香りとかだったら、いつまでたっても信号を渡れそうにない。点呼が自分の名前を呼ばれるんじゃなくて自分の匂いとかだったら、返事ができなくて欠席になりそうだ。嗅覚はわりとそういう手段に使われないので自分ではあまり不便に感じない。私にとっての匂いは、匂いを嗅ぎたいと思った時にほとんどぼやけている視界にルーペで見たい物にだけ照準を合わせるようにしてやっとわかるものだ。一所懸命嗅ごうとしても結局わからない時も多い。それが、この手術で裸眼で1.5見えるようになっちゃったようなものだ。だからと言って突然匂いがわかるようになっても、それで判断するという習慣がない。

嗅覚で判断しないから、賞味期限の確認は大切だ。ぼんやりしてて、「な~んか今日の牛乳は甘酸っぱいなぁ。」なんて腐った牛乳を飲み干したこともある。「その牛乳、古いよ!?」と言われて初めて「なるほど!」と納得した。「あ~喉かわいた!」ってオレンジジュースをごくごく飲んでいたらロビちゃんが「僕にもちょうだい。」と飲み、一口で「これ腐ってるよっ!?」と吐き出したこともある。私はそのオレンジジュースも気がつかなかっただけじゃなく、おいしく頂いていた。しかし、お腹がめっぽう丈夫なので助かっている。今まで匂いでわからなくて飲んじゃったり食べちゃったりした後にお腹をこわしたことがない。これが”匂いがわからない”&”お腹が弱い”のセットだったらきっと生き残れないので、やっぱり人間の体はどこかでバランスを保っているのだ。

この手術も十年以上前のことで、切った粘膜も復活して最近はまた匂いのほとんどない世界にいる。こっちの方が慣れているけど、あの匂いにあふれていた生活も懐かしい。一度は手に入れたけどまた失っていくのって、「アルジャーノンに花束を」を実行してるみたいな気分だ。先週近所の耳鼻科に行ったら、「またレーザーで切る?」と言われた。おっ、アルジャーノン復活なるかな?

|
|

« モランを乗り越えて | トップページ | あけましておめでとう~! »

「鼻のハナシ」カテゴリの記事

コメント

うわ~、私は逆で匂いが人一倍敏感なのでヒロコちゃんの気持ちがわかってあげられない~!・・そしてちと羨ましくもある^^;電車やバスは本当にキツイもの。妊婦の時(特に初期)は何が駄目って旦那の体臭・・・。って、本当にま逆かも。
でもね、その匂いで懐かしくなったりするのはちょっと新鮮で嬉しかったりもする。音楽と似てるかな~・・。小学校の使っていない教室の匂い、しょっちゅう遊びに行っていた友達の家の匂い、すっごく好きだった彼の香水の匂い・・。時々同じ匂いをかぐと一瞬その頃に戻れちゃうもん。大好きな香りの柔軟材で洗濯してお天気のいい日に干すとそれだけでご機嫌になれるし~。
レーザーならもっと簡単な手術で終わるかも。前にTVで見たことあるよ~。
やっぱり食べ物は匂いを知って食べた方が楽しいと思うよ♪チャンスがあったらまた粘膜を切除してみては??

投稿: リエ | 2006年12月26日 (火) 23時22分

あけおめ~。
読むだけはちゃんと読んでたんだけど、なかなかコメントまで出来ず、随分古い記事に今頃書き込んでます。
私も鼻・・・良くないんだよねぇ。
多分同じ手術のことだと思うけど・・・勧められたことあるんだよね~。
っても、歌をやるにあたってちょっと上手く出来ないことがあって勧められたけど、実生活ではそこまで不自由してないから結局そのままなの。
元スッチーだった友人は私と同じぐらいの程度だったらしく、就職する前までは放置していたんだけど、スチューワーデス(今はCAっていうんだよね。)になるには治さないといけなくて手術したらしい。
彼女曰く、それまでは何も思ってなかったけど、手術したら息をするのがこんなに楽だとは思わなかった・・・とのこと。
手術して良かったって聞いてたからず~っと気にはなってたんだけど、このブログ読んでやっぱり怖くなちゃったよ。
そもそも夜、私なしじゃ寝てくれない怪獣がいるから今の段階で入院も手術も出来ないけどねぇ。
臭いは同じくとっても鈍感。
さすがにイチゴの香りとかは判るけど。(^-^;;
この記事を読むまで、肉に臭いがあって、種類に寄って違う臭いがするなんて想像もしてなかった。
あとそうそう、臭いに鈍感だと味の違いも鈍感だよね。
自分もやっぱり鼻が悪いってことなのね~・・・と自覚させられちゃいました。

投稿: Naomi | 2007年1月12日 (金) 21時04分

私も親友がCAになってて、その彼女の会社の人たちといっぱい友達になったけど、コ・パイロットの人たちもそんなにひどくなくてもみ~んな手術してたね。しておかないと飛べないんだよね。
手術はねえ、ほんとに大変だったけど、した方が絶対良かったよ!私も同感だけど、息するの、楽だよ~!昔に比べればだけどね。後歌もね、昔よりはすっごく歌いやすいよ!手術する前はめちゃくちゃへたくそで絶対カラオケ歌わなかったもんね。今もへただけどあの頃に比べたら、楽しくカラオケできるよ~。
ま、入院&手術って大変だけどね。

投稿: ヒロコ | 2007年1月14日 (日) 23時36分

歌もそんなに違うの???
確かに鼻の奥と喉の境あたりですぐタンが絡む(風邪をひいている訳ではなく)ようになって咳払いをしないといけないようになるから、声を出すのにもちょっと不都合があってボイス・トレーニングをやってるときに先生から手術を勧められたんだよね~。
飛行機関係は確かに手術しないと飛べないらしいねぇ。
・・・でも手術怖いしなぁ。
そもそも入院ってどれぐらいしてたの?

投稿: Naomi | 2007年1月16日 (火) 02時58分

入院どれくらいだったかなあ~・・・。15年くらい前だからねえ~・・・。
入院して次の日に手術して、そのあと1週間くらいいたかなあ。出産みたいには短くなかったよ。
私の場合は呼吸自体が鼻ではまったくできてなかったから、歌なんてもちろん声が出なかったんだけど、前に比べれば声が出しやすくなっただけでも変わったよね。まあ、それくらい前がひどすぎたっていうか。Naomiちゃんは私みたいにしょっちゅう鼻かんでるわけでもないし、私も全然鼻悪いなんて気が付かなかったから、そんなにひどくないのかもよ~。

投稿: ヒロコ | 2007年1月16日 (火) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145216/4667064

この記事へのトラックバック一覧です: 匂い初心者:

« モランを乗り越えて | トップページ | あけましておめでとう~! »