« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

船便荷物第一弾出発~!

今日、やっと第一陣の荷物を出荷しました!

郵便局で無料集荷サービスをやっているのでそこに船便で12個頼みました。以前郵便局の窓口で確認したときは船便は一ヶ月くらいで届くとお姉さんが言っていて、ロビちゃんと二人で「へえ~すごいね、一ヶ月で行っちゃうんだ」なんて感心していたんですが、今日来たお兄さんは二ヶ月から三ヶ月と言っていました。そうだよねえ・・・・・・。そんな早く届かないよね。でもあんなに荷物送ったのに、部屋がちっとも片付いていないのはなんでかな~・・・。

息子はまた風邪気味です。もうまた具合悪くなって飛行機に乗れないなんてことになったらそれこそ大変なので、今回はめちゃくちゃ慎重にしてるんですが、どうして風邪引いちゃうんでしょうね・・・。まだぜんそくのぜいぜいはしてないんだけど、風邪からぜんそくに移行するのは簡単なので、今日も午前中にいつもの市立病院へ行きました。鼻はたれてるし咳は出るし、あ~~怖いよ~~。

というわけで、先月いつもの小児科から紹介してもらって吸入器を購入したのですが、今日初めて使ってみました!いやあ、すばらしい!この吸入をするためだけにでも、夜間救急に走る家族は多いと思います。それが家でできるんだもんね。うちがかかっている小児科の先生は怪しいとき吸入器をレンタルしてくれます。五日間とかね。で、どうせならモルディブにも持って行けたら安心だと思い聞いてみたら紹介してくださって簡単に購入できたわけです。

さて、買った吸入器はいつもレンタルしてるやつや病院で使っているのよりずっと小さいカバンにも入るコンパクトサイズというやつです。これなら飛行機内にも持ち込めますからね。さっき説明書じーっくり読んでやってみたら、まあー無音なんですよ!病院のは大きいのにブィーーーーーとモーターの音がして、薬液が蒸発するガリガリシュワシュワという音もするんです。が、このコンパクトサイズは無音でひたすら霧がふわぁ~~~~っと立ち上るスグレモノでした。これなら機内でも音で迷惑かけることもないね!オムロンすごい!何よりも、持って歩いている、というだけで安心感!です。買ってよかった~。

さて、今日5時くらいから寝てしまった息子は10時半くらいに起きる(!)という最悪パターンで今かなり元気になってしまっています。風邪引いてるからほんとは寝てほしいんだけどね。仕方なくロビちゃんが相手をしていますが、当分寝る気配がないよ・・・。今夜は寝られない~かな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

二転三転

向こうに引越してから、きちんと自分達の住居に入るまでの最初の一ヶ月くらい、お友達の知り合いのアパートを借りれるという話を昨日聞いて、うれしくてここにも書いたらなんともうダメになった~・・・。フリダシに戻るっ。

そうなんだよね、自分が現地にいない場合は、向こうの話って半分くらいで聞いてないとダメなんだよね。よくわかってたつもりだったのに、うれしくって(広くいアパートだと聞いてたので)つい本気にしちまったよ・・・。

モルディブの首都マーレはとっても狭いのに(島を一周が車で20分くらい?)全人口の三分の一が住んでいる、世界で一番人口密度の高い場所です。だから、本当に住むところ、泊まるところが不足しているんですよ。もちろん、だから私たちも首都でゲストハウスを経営しようと思っているわけですね。絶対大ハズレがないのがわかっているから。でも、その経営を始める前に、自分達の住むところがみつからないですよ~・・・。今建築中なので行ってから多分一ヵ月後くらいに完成するはずなのですが、出来上がる前にやはり現地にいたいので前乗りで行くわけなんですよね。だから完成するまでのテンポラリーの住居が必要なわけなんですが、これがみつからない~・・・。

娘は狭いホテルの一室というのがとても苦手で、部屋にいたくないと大泣きするんです。もちろん、きれいで広いホテルは大好きなんですよ。ぜいたくさんに育ってます。親としては心配・・・ですが。テレビの番組も少ないし(モルディブは国営放送がひとつだけで、あとは他の国の衛星を見るしかない)、娯楽も少ないので外に出かけても時間をつぶせる場所もあまりありません。まあ、日本がありすぎなのかもしれないけどね。ああ~あと10日あまり。どこか良いところ見つかるのでしょうか~・・・。広い部屋じゃないと絶対子供達がストレス満タンに~!覚悟してた上での引越しのつもりなんだけど、やっぱりドキドキするね!こうなってみると、ほんとに自分だけって楽だったんだなあ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

秋葉でデジカメも買った!

なんだかいよいよという感じで毎日忙しくなってきた~。

今日は朝から息子の退院後の外来へ。ちょっと風邪気味なので私も先生も心配。なんとか風邪をこじらせずに出発まで過ごしたいものです。

そして午後は私の眼科へコンタクトを買いに。コンタクト、一年分ですよ!以前モルディブに住んでいたときも一年分持って行ったのですが、最後の二週間くらいなくなってしまって、向こうでも買えないか探したんですよね。でも、乱視のソフトはなかったんです。今はあれから五年経っているのでどうかわかりませんが、でもまたないと困るので、事情を先生に説明して一気に一年分を買わせてもらいました。いや、高っ!!まあ、これで一年間買わないですむと思えば同じなんですけどね。「がんばってくださいね!向こうでの生活うまくいくといいですね!」と先生が激励してくれました。すみません~。がんばります~。

海外引越しとなると、とても「どうなるのか?」という疑問がわくらしく、みなさんに「向こうでの住居はもう決まったのか」「仕事は一体何をするのか」という質問をされます。確かにどういう順序で決まっていくんだろう?と思いますよね。たとえば「向こうの仕事がよさそうだから行くのか?」とか、「行ってから住居を決めるのは大変そうだけど、こっちにいて住む場所なんて決められるのか?」とかですね。まあ、普通そうですよね。うちの場合、仕事は大体めどがついたので行くことも決定したのもありますね。でも住居は最初はホテル暮らしだなあと覚悟をしていたのですが、先日ロビちゃんの友人が広いアパートの部屋を一ヶ月貸してくれるという知り合いを紹介してくれました。ホテルでは自炊ができないし、ひと部屋に住むのは無理があるなあと思っていた矢先だったので、ありがたく好意に甘えさせていただくことになり、私も安心しました。だって、子供がいて自炊できないのって落ち着かないですよねえ。そのアパートは首都の島から連絡フェリーですぐ近くの住宅島(住宅地みたいな感じの島)にあって、私も行ったことがあるので大体の想像はつきますしね。

やはり子供連れの家族での移動となると、慎重になりますねえ。私一人で動いていた頃とは大違いですわ。荷物もそろそろ第一便発送です。でもきっと、向こうに行ってから「ああ~あれがあったらなあ~。日本なら100円ショップに売ってるのになあ~」という物が出てくるんですよ。日本の雑貨や品ぞろいは世界一ですからね!すごいですよ、アイディア商品の数。まあ、その物の数もちょっと心配で(子供が物欲のカタマリになりそうで)引っ越すのも理由のひとつなんですけどね。自分があれ欲しいこれ欲しいじゃダメだけどね~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

習い事全部終了

今日は娘のスイミングの最後の日。

娘が通っているスイミングスクールは私が小学校二年生のときに新しくできて、そのオープンから私も通っていた懐かしい場所です。私は高校までこのプールで泳ぎ、今は自分の娘が通っているのって・・・なんだか不思議ですねえ。昔新卒で一番若かった先生が今はスクールの総支配人になっていて、あとは知らないコーチばかりですが、中はあんまり変わっていません。

私もまったく泳げなくて、ここで泳ぎを教えてもらい、娘も最初はびくびくしていたのが今はすっかり恐怖心もなくなってばしゃばしゃと楽しんでいます。やめるのはとっても惜しいですが、モルディブに引っ越してもこれを忘れないように海で楽しく泳げればなあと思います。

引越しがせまってきてだんだん習い事をやめていき、友達にも行く前に会おうと会ってばかりで、ちょっと実感がわいてきた今日この頃(まだ実感ないのかよ?)。いざ離れるとなるとさみしいもんですね。いつもは自分ひとりだったので思い立ったらパーッと旅立っていたけれど、子供がいると子供のお友達や環境もあって、それが複雑です。娘は毎日、日本がいいって文句言うしなあー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

息子、わがまま大王になる

息子も退院、やっといつもの我が家に戻った・・・と思いきや。

やはり毎日四時間だけの面会の入院生活はかなりストレスフルだった!

いまや息子は大食い君に!朝起きてからまあ、ずっと食べ続けています。病院では片付けてしまうともう食べ物はないというのがとても悲しかったらしく、看護士さんがトレイを片付けに来たときもずっと残してあるから持って行ってもらうと「たべるー!」と泣いて叫んでいたんです。そして家に帰ってきたらまあずーーーーっと食べてるんですよね。

ごはんもガツガツ食べ、パンも麺も食べ、おやつもひとつじゃいやで人の分まで食べ、こんだけ食べてればもう夜ごはんは入らないだろうと思いきや「ごはん、たべたいよー!」と六時前に催促。私がお茶を飲めば「おちゃ!」と叫び、娘がココアを飲めば「ここあー!」と叫び、その合間に「ぎゅうにゅうー!」とみっつ飲み物を確保して、置いてあるからと思ってコップを洗うと泣いて怒ります。いやあ~・・・精神的飢餓ですかねえ・・・。

そして私と離れるのをすっごく嫌がるようになってしまいました。せっかく断乳もして自分でいろいろやるようになってきたところだったのに、すっかりまたべったりに戻ってしまいましたよ。そして何かというと「さみしい~」と言います。

何よりも一番に困っているのは、夜寝たがらなくなってしまったことですねえ。夜はいつも二階の部屋に行って寝るんですが、退院してから毎日「いやだー!下いくー!」と大暴れ。息子一人ならべつに下に戻ってもいいんですが、娘はきちんと毎晩同じ時間に寝かせたいと思うので、やはり上で寝かしつけをしたいんですが、息子は大泣きです。そのうち娘が「ママ、うるさくてねむれないよ」と文句を言います。いや、ごもっとも。もう、ものすごい泣いてます。それも、毎日。そして、昨日は娘が大音響の中、なんとか寝てから下に下りてきました。息子がなんとしても寝てくれなかったんです。「ねないよ。ねないよ」と言って昨日は夜中の二時まで下で遊んで食べて大騒ぎ。自分で勝手にゴソゴソやって「クッキー、あった」とか言ってクッキーを食べ始めたのにはビックリしました。なのに、朝は一番早く起きて私が一緒に起きないとやはり大爆発します。もう~一体誰のせいで眠いんだよ~。

今日は、昨日夜寝なかったのと、昼寝をしなかったので(あやうく夕方六時頃寝そうになったのですんでのとこで起こした)、夜は寝てくれましたが、やっぱり上がイヤだと言って大泣きしているのをずっと抱っこして寝かしつけました。もうね、赤ちゃんじゃないんだから12kgあるし、ずっと抱っこはキツイですよ~・・・。腰が悲鳴上げてます。息子が起きてると夜中のコンピューターも何もできないし、なんと言ってもホッと気を抜くときがないから自分もすごく疲れて困ったもんです。病気のためとはいえ、入院の後遺症は思ったより大きいですねえ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

祝!!退院

今日、無事に息子が退院できましたー!

ほんとにうれしかったですよ・・・。急激に具合が悪くなってみるみる元気がなくなっていく息子を見て夜間救急に駆け込んだのが先週の日曜日。あのときはほんとに怖かったあ。でも、無事に元気になってよかったよかった!

今日は病室に行って「おうちに帰ろうね」と言ったら、自分でベッドから飛び降りてしまい、普通に高さがあるのでばったり床に落っこちてビックリしましたが、むくっと起き上がって私を置いて走って出て行ってしまいました。それくらいいやだったんだねえ・・・。廊下もうれしそうに走っていたけど、6日間ベッドの上で座っていたので足がなまっているのかフラフラしていました。私も入院したときはやっぱり足の筋肉がなくなって驚いたしねえ。歩かないのってすぐダメになるんだよねえ。

病院をあとにしてパパと娘と久しぶりに家族四人で車に乗ると、息子は「たのしいーたのしいー」と満面の笑み。家に帰ると早速テーブルに置いてあった娘の食べ途中のパンを食べたいと言って食べ始めました。前回入院したときも、病院の片付けたらもう食べるものがないというシステムでかなりの精神的飢餓状態になっており、帰ってきたらものすごく食べ続けて夜中に吐いてしまったくらいなんです。なので、今回は吐くまで食べないようにちょっと気をつけよう、と最初から思っていたのですが、早速食べ物!まあ、無理もないよね。

病院でとても良い子で文句ひとつ言わなかった息子だったので、入院前はめちゃくちゃ「やだやだ期」でひどかったのだけど、ロビちゃんが「もうやだやだ言わなくなるかもよ」と言っていたのですが・・・これが大間違い。一週間の入院の良い子にしてた分を取り返すかのように、以前よりも増しての「やだやだー!」で大爆発!なんでも娘のものが欲しくてギャー!、とにかく自分の思うようにしたくてギャー!いやあ、すごい。今までこんな息子は見たことがありません。きっとこれが入院のストレスそのものなんだなあと驚きました。いやだと言っても(家に帰りたいとか、点滴をしたくないとか、ママとパパに帰らないでほしいとか)すべてを却下され続けた6日間。それが本日たまりにたまってドッカーン!もう気持ちは痛いほどわかるんだけど、さすがに私も疲れました・・・。私も病院と家を行ったり来たりの6日間でかなり疲れがたまっているなあと思っていたんですが、とどめに、夜「ねないー!」と騒ぎ出し、娘はベッドでぐうぐう寝ているのに息子はもう一度居間に降りて来ざるを得ないほど大泣きしました。そして2時間くらいテレビを見ながら遊んだら今度はパパー!と泣き始め(ロビちゃんは今日は昼からフットサルに出かけててまだ帰ってきてなかった)、12時過ぎまで泣いて泣いてずっと抱っこしてやっと寝ましたよ・・・・・・。ま、そんだけ泣けるくらい元気になったってことですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

今日もドタバタ

今日は朝から娘と皮膚科に行きました。

娘は肌がガサガサで、鮫肌って言うけど本当にサメみたいにすごいザラザラで、いつも皮膚科で保湿クリームと、それじゃ効かないひどくなったとき用の軟膏をもらっているんです。でも今週の入院騒ぎで、このクリームがなくなってしまってもう二日。これ以上何も塗らないでは娘の肌は限界だ!と午前中急いで皮膚科へ行きました。

先生に「いつもの!」とお願いしてから、「実は私も背中がかゆくて・・・」と診てもらいました。すると先生が「じゃあ娘さんと同じ軟膏とクリームね」「えっ、これ同じなんですか?」私は違うじんましんか何かだと思っていたんですよね~。でも「背中かゆいの~」と言ってた私の背中を見てロビちゃんも「これまったく同じだよ」と確かに言ってたっけ・・・。アレルギー肌を娘に、ぜんそくは子供達両方に、なんで似てほしくない部分がきちんと遺伝してるんでしょう~・・・。かなしい~・・・。

さて、皮膚科を出たあと娘が寄りたいと言っていた格安衣料品店へ行き、子供達二人に一枚ずつ服を買い、「のどがかわいた」と言う娘を連れてマックへ行ってお昼ごはんを食べました。それから100円ショップへ向かって引越しに必要なものや持って行きたいものを買って家に帰ったらもう二時を回ってました。今日は車じゃなくて全部歩いたので、久しぶりの娘との良い散歩になったけど、やっぱり時間がかかっちゃいました。

面会は三時からなので急いで支度をしていざ出かけようとしたら・・・今日は娘が泣いて「行かないでー!」と必死にしがみつくではないですか。ちょっとビックリ。我慢が爆発したんだよねえ・・・。毎日だもんねえ。そう思ってゆっくり娘と散歩&買い物したつもりだったんだけど、やっぱりダメでした。「ぼくにはこの時間しか会えないからママ行かないと。せんたくものも取ってこなきゃだしね」と説得してもまったくダメ。面会時間が終わったらすぐに帰ってくるからと言ってもダメ。今日はロビちゃんとおうちにいてねと約束してたのですが、結局は泣く娘をロビちゃんが抱っこして私が出かけるハメになりました。なるべくなら話をして納得してもらって出かけたかったのですが、いつもは話すとわりとわかってくれる娘なのに、今日はダメでしたねえ・・・。それだけもうたまってるんですね。家族が入院してるのって、大人でもこたえるもんね。

そんなこんなでドタバタと出かけた面会で、病室に行けば息子も大泣き、私も着替えを持ってくるのを忘れてた!なんのために行ってるのやら。やっぱりこの前友達も言ってたけど、”気がプチ動転”してます・・・。しかも、息子が4階南病棟の”4S”とでっかく書いてあるズボンをはいている・・・。あれ?ズボンなかったっけ?と思い看護士さんがまとめてくださってた洗濯物を見るとズボンが洗濯の方に入っています。あとから聞いたらどうやらお昼ごはんがうどんで、たくさんこぼしたとのこと。でも自分でやりたくて、看護士さんが手伝おうとすると怒るのだそうです。4Sのズボン借りちゃってスミマセン・・・。しかも置いてある着替えも少ないのに持って来てないなんてすごい貧乏ぽいし。反省しました。

でも、今日は先生に「このまま何もなかったら明日退院していいですよ」と言われました!やったー!ああーほんとに良かった!明日で退院できれば6日間ですが、いやあ、長かったです。ほんとに心配したし、悲しかったし・・・。無事退院できるといいなあ。

最近私やロビちゃんが病室をあとにするとき、泣いてなかった息子ですが、今日はもう限界の大泣き!久しぶりにものすごかったです。今日は特にロビちゃんが娘を連れて最後の10分くらいで来て、子供は小児科の病室に入れないので別室からガラス越しに見えるのですが、そこで娘の顔を見たらもう泣き始めてしまいました。そりゃ、一緒に帰りたいよね。しかもお姉ちゃんと一緒にパパとママが帰っちゃうんだから、一人取り残されてその心中はどれだけ悲しいことか・・・。私ももちろん涙、涙ですが・・・気がついたら、この一週間、面会に来てて泣いてる親って私だけなんですよね・・・。同じ病室は満室で全部のベッドに子供が入院してるのですが、他の親で泣いてる人は一人もいないんです。もしかして私って・・・ヘン?なのかな???

ま、明日退院できるならなんでもいいやーです。10時から迎えに行けるので、10時ぴったりに行こう!とわくわくしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

気持ちは平等のつもりなの

今日は面会へ行く前に、娘がちょっとぐずぐず・・・。そうだよねえ。毎日午後四時間、ママとパパがいなくなっちゃうんだもんねえ。娘も相当我慢がたまっています。しかも文句を言えば「病院にいるぼくはもっとつらいんだから・・・」と言われてしまうので、娘はとうとう爆発!「あたしだってさみしいんだからー!」ごもっともです。ほんとにゴメン。すっごい我慢してくれてるよね。「ママ、今日はパパを置いてって!」これにはちょっと笑っちゃいましたが・・・確かに毎日ママとパパ二人とも行っちゃうんだからそりゃさみしいよね。でも、息子はこの四時間しか会えないと思うとやっぱり行きたくて・・・もう体が二つ欲しいとはこのことですね~・・・。誰が悪いわけでもないのに、みんなが我慢しなきゃならない・・・「病気」ってつらいものですね・・・。

そんなわけで仲の良い近所のお友達のYちゃんにSOS。Yちゃんの弟くん(うちの息子と同じ年)もぜんそくで同じ病院に入院してたこともあるので、同じ境遇を語り合うYちゃんのママは快く明日遊びに来てくれると言ってくれました。Yちゃんが来てくれれば娘も楽しいはず。いやあ~・・・ほんとに助かります。明日はYちゃんが遊びに来てくれるから、と話をして、今日はゼリーを一緒に作って冷蔵庫に入れ、それが固まるまで待てなかったときのおやつも買い、DVDもWiiも準備して、どれでも遊んでいいからと話して納得してもらいロビちゃんと病院へ行きました。

息子は今日はだいぶ楽そうで、峠は越したのがわかりました。昨日までしていた酸素マスクも今日はしていなくて、表情もにこにこしたり、しゃべる口数も多くてホッとしました。おやつに出たウェハースもガツガツ食べてたし(笑)。それでも不安でいっぱいで私にベッドに一緒に寝てと言うので、ずっと一緒にベッドに寝てました。私が寝ているとまだ帰らない、安心、と思うみたいです。

ロビちゃんは娘が心配なので一足先に家に帰り、私が面会時間最後まで一緒にいました。私が帰るねと言うと、息子は今日も全部の本とおもちゃを布団の中に抱え込み、「なかない。ママ、バイバイ」と手を振りました。そして何度も「なかない。なかない」これでまた私が泣いちゃう。いつまでもぐずぐず泣いて離れられない私をとうとう「ママ、いって」と押し出しました!いやあ・・・子供の方がどんどん強くなっちゃうんですね・・・。ママはもう年だからそんなにすぐに強くなれないよ~と思いながら帰ってきました。

担当の先生が息子のことを心配そうに「なんかね・・・すごいいい子なんですよ・・・」と今日言ってました。泣いても涙がポロポロ出るだけで叫んだりしない、点滴をやり直しても暴れたりしない、ベッドもよじ登らない、ちゃんと説明するとうんうんうなずいておとなしくしてると看護師さんと一緒に言っていました。なんか・・・ものすごい我慢してるんでしょうねえ・・・。子供なんだから、かえって暴れられる方が楽なのかもしれないのになあと思います。先生が心配そうに言うのがすっごく理解できます。大体無理が生じてくるのは、わがまま言わないで我慢できちゃう「良い子」なんですよねぇ。退院してきたらいっぱい甘えさせてあげよう!と思うんだけど・・・でもそうするとまた娘の方が爆発しちゃうかなあ~・・・。今さらながら、子供が二人以上のママは一体どうやっているんだろう???とか悩んでます。でも答えってないのかなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

入院三日目

入院している息子の面会に行っている間、娘は家で私の母と待っててくれているので、今日は娘とデートに出かけることにしました。

午前中に、近所のサティに入っている映画館に「プリキュア5」を観に行ったんです。実は娘は今日が映画館デビュー。暗くなるから怖いかな、と娘はドキドキ。

映画は12時10分からだったので、始まる前に映画館の前のマックで早いお昼を食べました。マックのレジカウンターに置いてある募金箱を見て、いつもマックにあるのは知っていたんだけど、今日は思わずお金を入れてしまいました。マクドナルド財団が行っている入院している子供の親のための宿泊施設への募金です。まさに自分の子供が入院している今、ひとごとじゃないですよ~・・・。それに、すばらしいアイディアだと思うんですよね。遠くでも名医を頼って治療に行く子供たちはたくさんいると思うし、その親や家族の負担は大変ですよね。この宿泊施設が役立つといいなと素直に思います。

さて、映画館の中に入ると、娘はスクリーンを見て「わーでっかいテレビ!」と大喜び。今日は平日の昼間なのでガラガラでとても良い位置に座ることができました。長い予告編のあとにやっと始まり、娘は最初からちょっと飽きモード。でも内容が盛り上がってくると真剣に観ていました。それにしても、昨今のアニメは絵がきれいですねえ!しかも映画となるととても力が入っていて、私は絵ばっかり見てましたよ。よく動きますね!いやいや、作る方は大変だ。

映画が終わって買い物をしたあと、家に帰り、すぐに今度は病院へ。ロビちゃんと二人で面会時間スタートぴったりに病室に行きました。息子はもちろん、私たちを見て大泣き。今日もまだとっても苦しそうで、ちっとも良くなっているようにみえません・・・。今日は本を三冊買って持って行ったので、それを読んだりしてすごしました。

でも、いる間に何回も「ママ、かえらない?かえらない?」と必死に繰り返して聞く息子になんとも返事ができず・・・。だって、嘘をついてぬか喜びさせるのもかわいそうで、でも今から「7時になったら帰らなきゃ」と言って泣かせるのもいやだし・・・。なので、「まだ帰らないよ」と言っていたのですが、それを聞くと息子は黙って考えているんです。きっとわかってるんですよね。

そしてとうとう面会時間終了の7時がきて、「ママ、帰らなきゃならないけど、また明日絶対来るからね」と言ったら、なんと息子は目をまん丸にして、ベッドに横になり自分のお腹の上に本を全部乗せてくれと言うんです。そして、その上からかけ布団をかけてと言います。本はしっかり抱えていて、その上から布団にくるまって、まるで取られないように隠しているみたいです。そして必死に泣くのをこらえて「うん、まってる」と言ったんです。きっと明日私が来るまでに、私が持って行った本を抱えて待ってようと思ったんでしょうね。もう、これで私は涙がだーーーっと出てしまいました。息子は今日は泣くのをこらえているのに、私が泣いちゃってしょうがないなと自分で思ったんですが、もう悲しくてかわいそうで止まりませんでしたよ。私はふと思い出して持ってきたやわらかいタオルを息子の顔の横にくっつけて「このタオルも置いていくね」と言ったら、タオルがちょっと顔からずれただけで「ママ、タオル!タオル!」と必死に訴え(手は本を抱えているので出せない)、タオルに顔をうずめて「まってる、まってる」と言ってくれました。見たら、ロビちゃんも泣いてました。

もうー子供の入院、ほんっとにイヤですね。早く元気になってー。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

また入院・・・

昨日から息子がまた入院してしまいました。もちろん、ぜんそくです。

おとといから鼻水がたれてはいましたが、本人はいたって元気。でも昨日の朝、咳が出始めました。すっかり慎重になっている私たちは午前中に休日医療へ(日曜日だったので)。そこでぜんそくのことも先生に話し、よく音を聞いてもらいましたが、いまのところはぜんそくらしい音もしないし、のどもそんなに赤くないから熱が出ることもないでしょう、ということで、薬をもらって一安心。家に戻って薬を飲ませたら、すぐに寝てしまいました。

いつも寝ると二時間くらい昼寝をするので(もう昼寝しない日もたまにあるけど)、あんまり気にしてなかったのだけど、なんだかすごくよく寝ます。昨日は家族で食事に出かける日でしたが、ちょっと心配だったので、私と息子だけ残ることにして、ロビちゃんは娘と私の母を連れて食事に出かけました。

息子がぐずぐずしたので抱っこすると、またそのまま寝ているけど、なんだか苦しそうなんです。だんだん心配になってきて、六時に起こして「まるちゃん見ながら一緒にごはん食べようか」とクッションを多めに置いて座らせると黙って座ってるけどはあはあして、水もちょっとしか飲めない。このへんで私は怖くなってきました。鼻水をどんどん飲んでしまうのでそれを吐くのですが、何も食べていないので胃液が出てきて、とてもつらそうです。すると自分から「せんせえ、いく」と言いました。この言葉で私はもう飛び上がり、急いで保険証を持って家の電気もつけたまま飛び出しました。

以前入院した市立病院へ行き、早速吸入、そして点滴。でも、サチュレーションを測ったら、血中酸素濃度が91しかない!前回は94で入院だったので、この時点でああ、もう入院だ・・・と思いました。点滴が終わってもまだ苦しそうなので、もう一回吸入。このパターンはそっくり前回と同じなので息子も心配顔。吸入が終わった時点で何も改善されていないので先生が「入院しましょう」と言うと、もう”入院”という言葉がわかっている息子はパニック!「やだーやだー」と泣き叫び、「おうちにかえろう!おうちにかえろう!」と大泣きを始めました。「ここで元気になってから帰ろうね」と私が言うと、「ぼく、げんき!ぼく、げんき!ぜんぜんげんき!かえろう!」とさらに大泣き。もう私も一緒に涙があふれちゃいました。

入院の手続きをする用紙を事務員さんが持ってきてくれて、私に「あのー・・・、お父さんはいらっしゃいますか?」そう、日曜日だったのでみんな夫婦や家族で患者を連れて来ているのに、病院に合計4時間くらいいて私は一人だけだったので、ちょっとシングルマザーかも?と思われたようなんです。「あーいますいます!」と笑顔で言うと、彼女はとてもホッとしたすまなそうな顔をしていました。変な気を使わせてしまったみたいです。

結局そのまま入院、まあ家にいても苦しいだけで何もできないから、安心だけど、泣き叫ぶ息子を置いて来るのがとても悲しくてつらいですね・・・。そのまま何もなく置いてきてしまったので、今朝入院の荷物を届けに行き、それから娘もちょっと咳が出ているので近所の小児科へ。娘はまだぜんそくの音は出ていないので、風邪ですが、息子の入院も話し、ぜんそく予防の薬もばっちり処方してもらいました。

午後の面会時間になって息子の病室に行くと、私の顔を見てまたもや大泣きでしがみつきわなわなふるえています。なんと、酸素は昨日よりも低いままで、酸素マスクをつけていないと90を割ってしまいます。ちょっと泣いたりすると85!こ、怖い・・・。でもマスクをいやがって自分で取っちゃうんですよね・・・。今回はほんとにひどい。でも、なんでこんなにひどいぜんそくが出ちゃったのか、イマイチこれだ、というのがわかりません。前回入院したときは、確かにかなり疲れていたからそれかなと思うんですが。

担当の先生は前と同じ先生なのでとても話しやすく、先生も「今回は大きな発作が出てしまいましたね」とおっしゃっていたので、聞いてみました。先生「何か感染症の子が近くにいたとか、動物にさわったとかは?」私「うーん・・・動物もさわってないし・・・。でも大きなプレイランドに行きました。室内だから菌やホコリがたまってるのかも・・・」先生「そこがホコってたのかなあ・・・。あとは、家で大掃除をしたとか・・・?」私「ハッ・・・・・・!!!先生、に、にづくり、始めましたぁ・・・・・・」

そうなのです!引越しの荷造りを始めたんですよ・・・!しかも、私が一人暮らしをしていた頃のお皿がたくさんあってそれを出してきて持って行くものと捨てるものを分けたり、スーツケースを奥から出してきたらカビがはえていたり・・・。息子は黄色いスーツケースが気に入って、広げた状態で中に入って寝転んで遊んでいたんです!おとなしくご機嫌に遊んでいたし、カビもきれいに雑巾で拭いたあとだったから特に気にしてなかったんです・・・。でも、衣類をたくさん分けたときは気にして違う部屋でやったりしていたんですが・・・いやでもすごいホコリとカビですよね・・・。それにもう寒いから窓も開けないでやってたし・・・。もうこれしか考えられない、と納得しました。

そしてすごい反省・・・。もっと気をつけてればあんなに苦しくさせないですんだんじゃないか・・・。でも二人が寝てからしかやらないというのも無理な話だし・・・。それに、退院してきてもこのままじゃあまた具合が悪くなるのは確実!もうこの入院の間に全部荷造りを終わらせるくらいじゃなきゃダメだ!とロビちゃんと話しました。

でも、息子の入院で娘もかなり我慢しているのも事実です。面会時間いっぱい、今日は私とロビちゃんで病院に行っていたので、その間私の母と家で待っててもらい、帰ってきたら「ママ、おそいよ!」とすごく文句を言われてしまいました。四時間だもん、長いよねえ。でも、一日でたったの四時間しか会えないと思うと、やっぱり時間いっぱいいてあげたいし・・・。だからこそなるべく他の時間は娘といてあげたいし、でも娘がいるとこで荷造りして娘までぜんそくが出たら元も子もない・・・。あっちを立てればこっちが立たずです。それにしても、今回は状態が悪化するまでがかなり急速だったので、もう娘にもびくびくです。風邪の咳をしているのを見ると、怖くてドキドキします。もー、ほんとにかなしい。

あー無事に引越しできるんだろうかー・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

たいてい引越しはドタバタ

最近少しずつだけど、やっと荷物を作り始めました。

というのも、船便で送るのだけど、大体一ヶ月くらいかかるそうなので今頃から送っておけばちょうどよいかなと。自分達では勝手に三ヶ月くらいかかるものかと想像していたので、意外に早く着くのにはビックリ!

近所のドイトでダンボール箱を買ってきて組み立てたら、荷物より先に息子が喜んで中に入り、箱ごと倒れてふすまにおでこぶつけて泣いてるし、中につめるおもちゃを押入れから出したら二人で遊び始めてちっとも進まない。しかも、子供たちの本もいろいろ持って行こうと思って見ていないうちにつめたら、息子が「でんしゃー!おおきいー!ないー!」(訳:大きい電車の本がない)と大泣き。結局ガムテープをはがしてもう一度箱を開けて取り出すことに・・・。こんなんで荷造りできるのか?!ていうか、子供たちの物からつめてるロビちゃんの順序がちょっとムリ?かな?

そんなわけで家の中がちょっとごちゃごちゃしています。せめてここにはちょっと写真でもきれいに並べてみましょう~。

市の産業展にて:どちらかというと連れて行かれる感じ?

071104_1407 071104_1434 全員同じおやつ(たれてるヒモは風船2コ)

071106_1512 コアラリュックで昼寝

071109_1145 ドレス大好き♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

すっきりしたー!

今日はとても楽しく過ごせた一日でした。

まず、午前中は子供たちのリトミック。カルチャースクールに通っています。そこに行って、次に午後は娘のスイミング。でも、今日はもうひとつビッグイベントが。それは私の飲み会!

娘をスイミングに連れて行ってから、あとはロビちゃんにまかせて私は一路下北沢へ!今日会う友達は仕事のときに一緒だった友達でもう長年の付き合いです。初めて出会ったのは、オーディションでした。私はオーディションで一緒になっただけの人とはあんまり話をしたことはなかったのですが、どういうわけか、彼女には自分から話かけました。それが縁で同じ事務所に入ることに。それからは一緒に研修を受けたり、たくさん同じ現場に入りました。そしてなんでも話し合い、モーターのときは一緒にウィークリーマンションを借りて共同生活をしたり(ちょうど今モーターの時期ですね)、それはそれはたくさん同じ時間を過ごしました。

今日は娘をスイミングに送ってから久しぶりにそのR子ちゃんと会ってカラオケへ!カラオケなんて最後に行ったのがいつだか思い出せないんですよ!そして二人で4時間カラオケで歌いまくり、そのあとイタリアンレストランへ。25品目が少しずつ全部食べられるというコースで時間無制限飲み放題を頼んで飲んだ食べた。といっても二人で一番飲んでいた頃には遠く及ばないけれど、とっても楽しく飲んで食べましたよ!もうお腹いっぱいで食べ切れなかったし。

もう、久しぶりでほんとうーに楽しかったあー!仕事をしていた頃は、彼女とほんとに良く飲んでよく語り合ったっけ。今日は久しぶりにあの頃の気分を味わえてなつかしかったです。酔っ払った頭で帰りの電車に揺られながらとっても絵を描きたくなりました。最近絵を描きたいんですよね~。でも集中できる固まった時間がないのでなかなかできませんが、また絵を描きたいなあと思えるのがうれしいです。

楽しく過ごせる友達の存在に感謝!ですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

暗号解読!

息子が急にいろいろ話すようになりました。

今までは単語をつなげているだけだったのが、その単語も「さむい?」とか「せまい~!」とか、「これ、きれい」とか、形容詞がたくさん出てくるようになりました。

そしてこの数週間は「ママ、これ、いい?」「いたいよ~」「やだも~ん!」と、すっかり会話らしくなってきました!しかもてにをはが出てきて、「パパは?」とか、「ママと~ぼくと~」なんて言うようになったんです。娘は気がついたときには、一歳半くらいからべらべら文章でしゃべっていたので、はじめ単語だけの息子は新鮮でした。男の子は言葉が遅いって言うけど、本当にゆっくり染み出るように言葉が増えていくのを見て、「しゃべれるようになる」という段階を徐々に見ることができています。これがとってもおもしろいんです。

今日の夜は私の顔を見て突然、「ママ、しってる?」私は驚いて、でも驚きを顔に出さず、「なに?」と聞くと、「ママ、えいが、しってる?」ま~まるで文章じゃありませんか!しゃべらずに意思疎通をしていた時期が長いので彼が話すということがものすごく新鮮でおもしろいんですよねえ。そして、昨日ひとつナゾが判明。彼はずいぶん昔から「じゃーばーじゅ!」と言っていました。私はてっきり音のつながりだと思い、なんとも考えていなかったのですが、昨晩私が「大丈夫?」と言ったら息子が「うん、じゃーばーじゅ!」。ええー!?判明してビックリ!そう彼はずっと「だいじょうぶ」と言うのを「じゃーばーじゅ」と言っていたのですねえ!今まで数ヶ月、「じゃーばーじゅ」を聞いていましたが、そのたびに息子なりに「だいじょうぶ!」と言っていたんだー!と思い、娘と大ウケしました。私があんまり笑って「そっかあ、だいじょうぶって言ってたのかあ。ママ全然気がついてなかったよ」と言っていたので、息子もすっかり楽しくなりじゃーばーじゅを連発。いやあ~しかしすっきりしたよ。

娘だってまだまだ覚え間違いや言い間違いが多いので、これからも息子にも笑わせてもらえることでしょう~。も、期待大!

そういえば、大阪の駅でおみやげを買っていたとき、となりに金髪の若いとび職のお兄さんがいて、彼の紫のムササビズボンを見て娘がひとこと。

「ママ、この人、にんじゃ?」

うーん、確かに見えるよねえ!忍者っぽいよ!お兄さんは聞こえないふりをして去って行かれました。すんません(笑)

そういえば昔留学していた頃、同じ大学に通ってた日本人の男の子が「オレのじいちゃん、ニンジャだぜ!」と大ボラ吹いてて、またテキトーなこと言って~と思っていたら、その場のアメリカ人がみんな「WAAAAO!」ってめっちゃ信じちゃってたなあ~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

大阪に行ってきたで~

 11月1日、2日と大阪に旅行に行ってきました。

 なんで大阪?というのも、ロビちゃんがずーーーーーっと「せっかく日本にいるんだからその間に新幹線に乗りたい」と言っていたんですね。でこのたび引越しがせまり、今乗らなかったら一生乗らないかもしれない・・・ということで、じゃあ新幹線に乗ろうよ、という話になったんです。でも問題は、乗ってどこへ行くか?なんですね。どこにも用事がない。新幹線・・・一番手軽なのは名古屋?とか?でも名古屋って何があるかなあ。私は出張で何度も行ったことがありますが、これといって・・・名古屋城は見たけど・・・って感じです。小田原だったらうちから急行で行った方が早いですしねえ。

 で、やっぱり大阪かなと。ロビちゃんは数年前、モルディブ人の友達とバス旅行で奈良・京都の旅には行ったことがあるんです。それなら、大阪に行ってユニバーサル・スタジオに行こう!ということで、話がまとまりました。

 さて、ロビちゃん、私、私の母、そして子供達の5人で新幹線へ。新横浜から乗ったんですが、実は私昔、新横浜からバスで5分くらいのところに一人暮らしをしていたことがあるんですね。で、それ以来久しぶりに行ったんですが・・・駅、すごい変わっちゃったんですね!驚きました。今まさに工事中で昔の面影ゼロ。ちょっとさみしかった・・・。でもさびれた方の篠原口は変わってなくて懐かしかったけどね。

 話がそれましたが、新幹線に乗ったら一番乗りたがっていたロビちゃんが「乗ってみるとわりと普通だね・・・」と一言。そう、ロビちゃんはどこに行ってもちっとも感動しない人だったのを忘れていました!結婚して間もない頃、イタリアに旅行したのですが、感動して大喜びしている私をよそに「ふーん。ヨーロッパってこんな感じなんだね」で終わり。その次の年にシドニーに行ったときも「なるほど」ってな態度。そうだったよ~・・・。ロビちゃんが感動したり興味があるのは、行き過ぎる風景の茶畑とか田んぼとか、畑とかなんです。実際今回も「見て見て!あんなにお茶がいっぱい!お茶の畑広いね!」と静岡で茶畑に感動し、「あの田んぼはもうお米を取ったあとなのかなあ。それともこれからまだ植えるのかなあ」とか、「この畑のあの葉っぱは何の野菜だろう。あ~すごい、あっちにはあんなにたくさんサトイモが」などととにかく農作物の実況でした。

 まあ無事に楽しく?大阪に着き、そのままユニバーサルスタジオに行きました。新大阪駅からわりとすぐで電車の便もよくてとても便利!すぐに到着しました。でも娘は突然「ママ、わたし行きたくないよ・・・」と。「なんで?」と聞くと、「スパイダーマンがこわい」んだって。そうか・・・うちの子供たちは結構おっかながりの臆病です。他の同じ年の子が平気なことでもわりと怖がります。息子もゲキレンジャーとかはいつも怖がります。「じゃあスパイダーマンのところに入らなければ大丈夫だよ」となんとかなだめて入場したらちょうどキティちゃんがお客さんと握手をしているではないですか。娘はそれを見て喜んで走り寄って行きました。キティちゃん、ナイス!

 すっかりご機嫌になった子供達を連れて中へ入って行くと今度はシュレックとなんとか姫が。娘は姫がきれいと喜んでいましたが、今度は息子が「こわい~」となってしまいました。う~ん、シュレックがリアルにいると確かにちょっとコワいかもね。緑だし。

 そして少し歩くとちょうどパペットたちのショーが通路で始まり、それを手を叩きながら眺め、まずすぐ左側にあった「ETアドベンチャー」に乗ることにしました。ところが、これがまた失敗。「ET」はかわいらしい方だと思ったのですが、暗い森の中を進み、たくさんの警官に追われながら自転車で空を飛んでETの星まで行くのですが、もう最初の森の暗いところからダメ。「ママ~!こわい~!」と泣きそうな顔に。そして宇宙服を着ている科学者達や追いかけてくるパトカー、もう娘は「ぎゃ~~~~!」ETの星に着いたらいろんな異星人が出てきてめちゃくちゃこわばってしまいました。最後にETがアドベンチャーに参加した全員の名前を呼んでくれるのですが、自分の名前を呼ばれたときには目が点。

 そして出てきて一言、「すっごくこわかったから今日はもう乗らない」えっ?!もう乗らないの?!でも確かに、TDLに比べるとちょっと大きい子供向けかもしれませんねえ。息子はメリーゴーラウンド意外はひとつも乗れなかったし、娘もどれも怖がってしまいました。仕方ないので、私と母だけで「バックドラフト」に入りましたが、おもしろかったですよ!でもこれはうちの娘なんか入ったら確実に泣いちゃいますね。同じくらいの小さい子で入っている子もいるからその子によるんでしょうけどね。うちはダメですね。「バックドラフト」の最後は私でも「ぎゃっ!」と叫んでしまいました。それくらいスリル満点。おもしろかったよ!

 私は実はユニバーサルスタジオはアメリカに留学していた頃にカリフォルニアのに行ったことがあります。大阪のは初めてですが、きっとアトラクションの中身とかはTDLと一緒で同じだろうと思われます。が、私が行った頃はものすごい前なので、もうアトラクション自体が違うんですよねえ。私が見て覚えているのは「マイアミ・バイスショー」でした。古っ!でも毎回ヘリが炎上して水上バイクのチェイスがあり、迫力満点の大人気ショーでした。なつかしい~。大阪のも私はエンジョイしましたよ!近所の人たちが年間パスポートで来ているのがうらやましかったです。やっぱり映画好きだからですかね。ロビちゃんは映画にまったく興味がないのでとてもつまらなそうでした!もー!

 そしてユニバーサルスタジオを5時半頃に出てから(もう真っ暗で寒かった)、大阪駅にある大阪ヒルトンに泊まりました。というのも、ロビちゃんはもう退職しましたがまだ有給が残っていて会社に籍が残っているんですね。それでヒルトンには従業員価格で宿泊できるので、大阪ヒルトンに予約を取ってもらったんです。私がロビちゃんと働いていたモルディブヒルトンはリゾートホテルなので、こういう大きなホテルに来ると「ふわぁ~シティホテルだわ~」と上を見上げてしまいます。こんなすごい所だったら私は務まらんなあなんて思いながら、ゆっくりくつろがせていただきました。5人だったので母の分と私たちの分の2部屋がコネクティングルームでつながっており、子供たちは喜んであっちに行ったりこっちに来たり。こんな豪華なホテルで2部屋なんて従業員価格じゃなければとても泊まれませんね。

 小さい子供がいての旅行なので、次の日はどこにも行かずに駅の近くでたこ焼きを食べおみやげを買いながら昼間の新幹線で戻ってきました。のんびりした良い旅行でした。自分だけだとめいっぱいあちこち行こうとして旅行っていつも忙しくなっちゃうんですよね。でも子供ができてから移動がすっかりのんびりになりました。こんな風に時間をかけて一箇所だけを見るってのもある意味ぜいたくですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »