« 入れ替わり | トップページ | エレベーターもあるけれど電気がなきゃねえ »

メリーちゃん

さて、新しい子猫がやってきて、またうちはにぎやかになった。しかも今度はチビクロよりちょっと大きいので走り回って飛び跳ねて遊んでいる。見ているだけでなんだか楽しくなるので、とっても助かる。

この猫をロビちゃんが拾ってきたとき、息子が私に「ママ、あたらしい猫きてよかったね。もう泣かなくていいよ」と言ってくれた。二歳児に気を使わせてスンマセン。ママ、もうちょっとしっかりするねえ。

チビクロは全身真っ黒だったけど、でも日本の猫の墨のような黒ではなくて、濃いグレイって感じだった。今度の猫も、黒と白のブチだけど、黒い部分はチビクロと同じ濃いグレイだ。頭から目にかけてのれんを開いたような黒いブチと、前足にも丸いブチがあって、なんだかとってもかわいい。尻尾はとっても長くてまっすぐで、これまた黒い。チビクロはオスだったけど、この子はメスだ。

人にくっつくのが大好きで甘えん坊でよく泣くので、きっと家猫だったんだと思う。でも、それにしては拾ってきたときはうす汚くて、泥がついてガビガビだったし(その前の3日くらい、夜に雨が降っていた)、すごい腹ペコだったので、飼われていたにしても迷子になったか、あんまりかわいがられていなかったか・・・。私がシャワーで洗うと白い部分がふわふわの真っ白になって、顔も足もとってもきれいになった。耳の中も綿棒で掃除したら真っ黒な泥がいっぱい出てきたので、ベビーオイルで全部取ったら気持ちよかったのか寝てしまった。

この子は大きいのでトイレを作ってやらなければならない。そこで、私が日本で飼っていた猫には猫用の砂でトイレを作っていたことをロビちゃんに話すと、ロビちゃんは裏のビーチで砂をいっぱいビニール袋に入れて持ってきてくれた。そしてとりあえずいらない箱をトイレにしたら、ちゃんとトイレの砂でおしっこをした。やっぱりもうしつけられているのだ。う~ん、誰かの猫なのかしら・・・。ロビちゃんが新しいピンクのバスタオルを買ってきてやり、私がトイレ用に本当は洗ったお皿を入れて水を切るプラスティックの入れ物を買ってきてやり、ごはんはモルディブ名物のツナ缶をあげた。ロビちゃんはそんな子猫を見て、「きっとこの子、自分がいきなりプリンセスになったと思ってるよ。猫にこんなに良いもの買ってきて~他の家じゃ絶対ないよ!うちに来てよかったよ!」と笑った。まあ、確かにぜいたくかもね。

そんな子猫は寝るときにはロビちゃんの頭にくっついて寝たがるので、猫を飼ったことのないロビちゃんは「猫が顔にくっついてるなんて寝られない!」と夜中何度も起きて文句を言っていた(笑)。でもその割には「こっちおいで~」とか言ってかわいがっている。

娘が猫に名前をつけたいと言い出したので、そりゃそうだと思い、何がいいの?と聞いてみた。すると娘、考えてからひとこと。「メリーちゃんがいい」。なるほど、いつもお買い物に行くスーパーへの通り道に猫を飼っているバイクの修理屋さんみたいなところがあって、そこの猫がマリーという名前なのだ(名前はそこのおじさんに聞いた)。娘はいたくそのマリーちゃんが気に入っているので、似たような名前にしたいのらしい。「いいんじゃない?メリーちゃんかわいいじゃない」と私が言うと、「ぼくいやだ!」と息子が反論してきた。「じゃあ、僕はどんな名前がいいの?」と聞くと、満面の笑みで「トーマス!」。「ええ~!それは男の子の名前でしょ~!メリーちゃんは女の子なんだから~!トーマスなんて絶対やだ~!」「ぼくはトーマスがいいのー!」もう、名前だけで大ケンカである。でも、まあさすがに女の子なのでメリーちゃんに落ち着いた。すると息子、ものすごい不服顔で私に言ってきた。「じゃあ、つぎのにゃんこはトーマスね!」ええ~!次の猫ですか~?笑えますが息子は真剣なので、笑っちゃダメよね。

メリーちゃんはもう遊びたいさかりで子供たちが歩くだけでその足にじゃれついて飛び跳ねながらついて行くので子供たちも大喜び。ほんとに、子供が三人いるみたいだ。昔なんでもかじられてしまったのを思い出して、日本から持ってきた電化製品のコード類は全部棚の上に乗せた。ここでは代わりはないからね。私たちのサンダルとかはかじっているけど、まあそれはよしとしよう。そういえば、昔私の持ち物には全部かじってキバで穴が空いていたっけなあ~となつかしく思う。トランプとかその穴で全部わかっちゃうんだよね~。

ロビちゃんが「なんだか、もうずっと一緒に生活してるみたいな変な気分になるね」と言っている通り、すっかりうちの家族になったメリー。毎日シャワーで洗っているのですっかりふわふわのきれいな猫になった。ノミも一匹もいない。モルディブは猫にノミってつかないのかしら・・・?私はノミが一番の問題なので、もう二度と猫と生活できることはないだろうとあきらめていたところもあった。でも、まさかマーレが猫と生活する理想の場所だったとは!あんなに外にいて汚れていた猫にノミがいないなんて信じられない!でも楽しく猫と生活できるのはうれしい!マーレでの新しい生活、まだ自分たちの住居にも引っ越していないけど、子供たちとも仲良く一緒にやっていけそうでよかった。

ちなみに、今の仮住まいで娘は毎日「ママ~つまんないよ~」としょっちゅう言っていた。まあ、日本から持ってきたおもちゃも本もすべてまだ箱に入ったままで、今はなんにもない生活なのだ。あるのはノートと色エンピツくらいで、絵を描いて遊ぶくらいしかない。本当に、。つまんない生活だと思う。でも、その娘がメリーちゃんが来てからつまんないと言わなくなった。とってもかわいがっているし、抱っこしてかまってやっている。なんだか、とっても情操教育にいいみたい。息子はどちらかというと猫と同じレベルで、メリー用に作ったおもちゃで一番長く遊んでいるのは実は息子である(笑)。本気でメリーとおもちゃを取り合ったりしているけど、さすがにサイズが小さいので本気で叩いたりしたらダメだ、というのもわかってきたみたいで、それもまた良いなあと思う。自分より弱いものをかわいがる気持ちは大切だよね。

|
|

« 入れ替わり | トップページ | エレベーターもあるけれど電気がなきゃねえ »

ホテルオープン準備期間」カテゴリの記事

コメント

チビクロちゃん、残念だったね。短い命を思うとかわいそうだけど、少しの間でもヒロコサン達一家にかわいがられて幸せだったと思います。そして神様の思し召しか、いなくなったその日にメリーちゃんが!
いいなあ、猫。犬も猫も擦り寄ってくるとかわいいんだよね。ちなみに今いるホテルは5~6匹の犬がいます。和むね~。

投稿: miki | 2008年6月29日 (日) 15時26分

娘もねえ、犬飼いたい~!ってさんざん言ってるんだけど、モルでは犬はいないからねえ(笑)。でも、猫が来てくれてよかったよ!本当に同じ日にやってくるなんて不思議だよね。ここにいると犬見ないからいいなあ!犬もかわいいよね~。

投稿: ヒロコ | 2008年7月 1日 (火) 15時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145216/21930562

この記事へのトラックバック一覧です: メリーちゃん:

« 入れ替わり | トップページ | エレベーターもあるけれど電気がなきゃねえ »