« なんだかな~ | トップページ | 娘の誕生日 »

雨の日

今日は朝からず~っと雨だった。
マーレでは雨が降ってもザ~っと降ってちょっとしたら止むってことが多いんだけど、今日は朝起きたときから寝るまでず~~~っと降っていた。びっくりした。
全体的にしとしと降っていて、たまにザ~っと強くなったりしてなんだか日本の梅雨みたい。

私は個人的にはモルディブの雨は涼しくなるので好きなんだけど、子供がいるとまた話が変わってくる。
雨に降られてしまうともう外に出られないのだ。

自分ひとりなら傘さして全然問題はないんだけど、子供が二人いると身動き取れない。
子供一人でもなんとかなるかな、とも思う。日本にいた頃はベビーカーに雨よけのビニールカバーをかぶせて動いていたっけ。ちょっと大きくなったらレインコートを着せて歩いた。子供が二人になってからは雨が降ったらもっぱら車で移動して屋根のある駐車場の場所(近所のジャスコとか)に行って遊んだりしていた。まあ、雨が降っても行ける場所があるってのはいいことだった。

しかしマーレではタクシーなので雨が降ってもタクシーの乗り降りが大変。その上タクシーを捕まえるまで歩道で通り行くタクシーに手を挙げ続けるかと思うとそれもまたちょっとなあと思う。じゃあ歩くかというと、水はけが悪いのであちこちが水溜りになっているし、道路が狭いので車もバイクもスレスレでただでさえ子供の手をつないで歩くのは大変なのに、雨となるとさらに難易度倍!しかも建物の上の方からボタボタ水が垂れてきたりするので雨だけじゃなくてそういう水でもびしょびしょになってしまう。どうにもこうにも困る。

でも、さすがに丸一日ホテルの一室の中にいて今日は子供たち二人ともさすがに飽きてしまった。
部屋のベッドの上でピョンピョンはねたりするのもいつもは私に怒られるのに(ほこりが出るから)今日はちょっと大目にみていたら楽しそうにしていたけど、とうとう「ママ~今日すごくつまんないよ~!傘買ってどっか行こうよ~」となってしまった。まあ、確かに自分でも一日部屋(家)の中にいるのは好きじゃないので濡れるの覚悟で出かけてみた。

ホテルのすぐ目の前の小さいお店に入って子供用の傘を二本買って、裏のスーパーまで散歩に行った。
二人は新しい傘に大喜び。私は節約節約、と思って傘は買わなかったのでもちろん濡れた。傘は日本から持ってきた折り畳み傘がダンボールの箱に入ったままなのだ。もう一本買うなんてもったいない。それなら今日は濡れて歩こうホトトギス。

特別なものを買うでもなく、食パンと牛乳とカリフラワーを買った。うちの子供たちは牛乳を飲むのが大好きであっという間に1本飲んでしまう。毎日小さいお店で牛乳を買っているのでなんだか「レオン」を思い出した。そういえばレオンも毎日牛乳買って飲んでたなあ。カリフラワーはお茶を飲むために買った湯沸しポットでお湯を沸騰させてゆでてみた。ちょっと固めだけどちゃんとゆでられたので今日の夜ごはんにおいしくいただいた。マーレで外食ばかりだとすごく野菜不足になってしまうのよね。

そして今日は一日テレビばかり見ていた。

夜映画チャンネルの「スタームービー」でケビン・コスナーのコーストガードの映画をやっていたのでなんとなくそれを見ていた。途中から見たので題名がわからなかったんだけど、なんか・・・ものすごく「海猿」でビックリした。宣伝は見たことがあったので映画の存在は知っていたけど、見たのは初めてだった。でも、「海猿」が当たったからねえ・・・なんて思っていたけど、内容があんまりそっくりなんで本当に驚いた。ハリウッド、そんなことでいいのか???と思ったくらい。まあ、「マトリックス」だって思いっきり「ビューティフル・ドリーマー」と「甲殻機動隊」だったし、今更ハリウッドのアイディア不足には驚かないつもりだったんだけど・・・。日本でロビちゃんも私と一緒に「海猿」を見ていたので、「これって海猿の前?後?おんなじだねえ」と見入り、クライマックスで船の中のドアが閉まって閉じ込められるのを見て二人で爆笑!「あ~絶対このドア閉まっちゃうよ!あ~~!」「ガッシャーン!」「やっぱり!」。「海猿」でもドア閉まってたもんねえ。そして、最後はちょっと「バックドラフト」も入ってたね。衰えゆくハリウッド・・・。

ここのホテルのロビーに置いてあった雑誌にも「Manga conquers Ameica」(アメリカを支配したマンガ)という特集を組んでいるのがあって、とてもおもしろく読ませていただいた。日本のマンガ、アニメが今どれだけ世界で旋風を巻き起こしているか、アメコミという分野があったのにもかかわらずすっかり日本のマンガに乗っ取られたアメリカの現状や日本のマンガの歴史や文化としての浸透の仕方などがそれは詳しく書いてあってとてもすばらしい。本の売り上げから見た経済的な貢献や、裏焼きをやめて日本風に左開きの本のまま売り出してから飛躍的に売り上げが伸びたことなどがとってもおもしろかった。どれだけ世界的にすごいかというと、この物のないマーレですら!なんと小さな本屋さんで英語版の「のだめ」を売っているのを見つけたくらいなのだ!多分マーレの人たちには「*巻」という考え方があまり身近じゃないだろうと思われるのだけど、適当に2巻とか4巻とか全然そろってはいないんだけど、それでもマーレにあるということがスゴイ!私がリゾートで働いていた頃なんてブックストアという名前のお店でも大抵は文房具屋さんで、英語のかなりミリオンセラーもののペーパーバックが数冊あるだけだったのだ!それがたった5~6年で日本のマンガを売っているなんて・・・。その勢いが見える気がするよね。

話はずいぶん飛んじゃったけど、なんだか「海猿」がとってもなつかしく思い出されて久しぶりに見たいなあ~と思ったのでした。
「海猿」の一番最初の映画で料理屋さんの水槽に入って根競べ勝負をしてパンツの中にエビが入ってしまうシーンが娘は大好きで、何度もツタヤで「ママ、海猿見たい!」と言って借りたのに、今日私が「海猿みたいだねえ」と言ったら娘は「うみざるってなに?」と覚えていなかったので、それもまたたまげてしまった。あんなに好きだったのに~?そう、子供は新しいことをどんどん覚えるかわりに、日常から消えたものはさっさと消去してしまうのだ!これは日本を離れてみて実感したことなんだけど、たとえばあんなに好きだった「おっぱっぴー」も日本から離れたらあっという間に忘れてしまって驚いた。毎日テレビで繰り返し見せられたりしないとデリートされてしまうんだねえ・・・。これで私がこっちに来てからロビちゃんと英語でしゃべったりしたら・・・日本語もあっという間に忘れちゃうのかも・・・と思うとこわ~!やっぱり私が日本語キープしないとね!

|
|

« なんだかな~ | トップページ | 娘の誕生日 »

ホテルオープン準備期間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145216/21460086

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日:

« なんだかな~ | トップページ | 娘の誕生日 »