« 軍隊フェスティバル | トップページ | SAFF »

またまたまたお引越し

今日はまた引越しをした。

今回もロビちゃんの友達の紹介である。その友達のお父さんが事務所として使っているアパートで、一室空いているというのだ。お父さんが事務所にいることはほとんどなくて、いつも鍵が閉まっているから気にしなくていいし、もうひとつ部屋があるけどそこに住んでいる人もほとんどいなくて夜寝に帰ってくるだけだから気にしなくていいというのだ。見せてもらったら奥の一部屋と、共同部分のダイニングを自由に使っていいとのこと。もちろんそのダイニングのところにいれば隣室の人が帰ってくれば会うけれど、まず夜にならないと帰ってこないのだそうだ。一体何をやってる人だとそんななんだろう???と思いつつ、移ることにした。

ここのダイニングはキッチンがついているんだけど、ガスコンロがないので火が使えない。でも、どうせ今までどおりにホテルにいたら火が使えないのは同じことだ。しかも、洗面所の流しでお箸を洗ったりしながらルームサービスを部屋の中で食べていたのを考えれば、ガスコンロがなくてもキッチンがあるというのはちょっとうれしい。洗いものができる流しもあるし、調理台もあるし、なんといっても4人がけのダイニングテーブルと椅子があるのだ。ちゃんとみんなで座ってごはんが食べられる。あと、一泊分の料金を考えるとここの方が20ドルちょい安くなる。それなら、と動くことにした。

朝早めに起きて荷物をまとめてロビちゃんがスーツケースをちょこちょこ運んでくれた。場所はホテルから歩いて2分くらいの近所なのだ。荷物もスリランカからスーツケースで来ただけなので、そんなに散らかってるわけでもない(娘の誕生日があったので子供のおもちゃは増えたけど)。ロビちゃんとロビちゃんの弟が大きな荷物を運んだあと、自転車とバイクで全員で移動して引越し終了。私と子供たちは最後に動いただけだから全然大変でもなかったけど、スーツケースを運んでくれたロビちゃんとロビちゃんの弟はものすごく大変だったらしい。というのも、ここは4階で、もちろんエレベーターなんかないのである。しかも階段はせまくて細くて、その上階段の段のひとつひとつが浅くて低く、普通の感覚で上ると足があまって半分空足を踏んでしまうような感じになるのである。せまいところに無理に付けた階段というか、どうも妙な設計だ。

モルディブの階段はかなり適当で、上ってて大抵一番上か一番下の段の高さがそれまでと違うのである。多分、一段~十センチと決めて作っていって最後に「あれ、合わなくなっちゃったからちょっと高くしちゃえ」とか、「今までの高さより少なく余っちゃったからその余りだけで一段作っちゃえ」というのがありありと見える構造なのである。私はこのモルディブ独特階段で何度も最後の一段につまづいたりがくんとなったりしたことがある。とにかく、ちゃんと考えて設計してないでしょ~!と素人の私が見ても思う建物が多いのだ。

今日引っ越してきたビルは段の高さはみんな同じに作ってあるけど、どうにもちまちまして上りにくく、しかも段から段へつながる面が床に対して垂直ではなくて斜めに切り込んである。きっと、幅が狭いので足がちゃんと乗るように角度を付けてあるんだと思うけど、これがなんとも降りにくい。ここをあの重くてでかいスーツケースをかついで上るのは大変だっただろうなあと思う。ロビちゃん、弟くん、ありがとう。お疲れ様でした。いつも私は楽してごめんねえ。

さて、入居するのを決める前に一度見に来たことがあるんだけど、ここは思ったより汚くない。ていうか、マーレの汚いアパートって半端なく汚いからとても住めないけど、ここはきれいだったのでそれも入ることにした要因だ。それに、実際入ってみると、部屋からダイニングへと家の中で動線があるのがいい。やっぱりホテルの一室にいると動く場所がないもんね。そして、今日は日本から送った荷物の中から炊飯器を出してきて、ロビちゃんがごはんを炊いてくれた。日本のタイプのお米を売っている店があるのでそこでお米を買い、それからマーケットで魚を買ってきて、お米の上に魚を乗っけて炊いてみた。炊いているうちに魚のすっごい良い匂いが!あとお湯をわかすホットポットにブロッコリーを入れて沸騰させてブロッコリーもゆでた。コロンボで買って来た日本のマヨネーズがあるし、お醤油もあるので、その魚ごはんに醤油をかけ、ブロッコリーはマヨネーズでシンプルにごはんを食べた。これがまた!めっちゃくちゃおいしかった~!!!やっぱり日本のごはんだね!そして醤油に野菜!モルディブでは野菜が本当に不足していて、特にレストランで食べていると野菜を摂るのがとっても大変。それにこのシンプルな味付け。いつもフライドライス(こちら風のチャーハン)とか、フライドヌードル(塩ラーメンみたいな乾麺をゆで炒めしたやつ)とかばっかり食べていて飽き飽きしているのでものすっごくおいしかった。外で食べるといっつもとても辛くて、しょっぱくて油っこい。良いとこないじゃん!って、でも本当にそうなのよ。たとえば子供用に白いごはんとオムレツとかを頼んでも、白いごはんはパラパラのタイ米でしかも塩味がついているし、オムレツはフライパンがもう辛いのか、卵自体は辛くしてなくてもなんだかほんのりピリピリするのである。そしてもちろん油っこい。パンとかでも、甘いパンでもとなりに辛いのが並んで置いてあるとくっついた部分がもう辛~くなっているのだ!ごはんはとっても苦労しているので(どこのレストランに入っても何を頼んでもおいしかったイタリアとは大違い)、火が使えなくてもごはんが炊けるだけで大違いだね。

そして、今日しみじみと私が思ったこと。それは、家があって、普通に生活できるのってすばらしいことだなあってこと。もう、豪華な家も家具もいらないから、普通の住居で普通の生活ができたらいいねえ、ってつくづく思った。日本を出てから早6ヶ月。最初の一ヶ月はフルマーレのホテル、次の一ヶ月はマーレのアパート、次の三ヶ月はスリランカの家、そして半月ホテル暮らしをして今日からこのアパート。なんかもうほんとに落ち着きたくなった。しかし、子供たちはすっかり慣れてきたのか、娘は今日「ママ、ここはどれくらいいるの?」と聞いてきた。毎回動くたびに一応きちんと説明しているのだけど、一体どこまでわかっているのかな~とは思っていたが、まあ子供なりに納得してくれているのかもしれない。ごめんねえ。子供だって落ち着かないよねえ。

でもまあ、本当に大詰めという感じで、もうそんなに長くかかることもないだろうと一応は考えているのだけど、さてどれくらいでビルに移れるのやら。でも、次に動くときはホテルのビルに入居するときなので、後少し、と思うと気分もちょっと今までとは違うかな。

|
|

« 軍隊フェスティバル | トップページ | SAFF »

ホテルオープン準備期間」カテゴリの記事

コメント

引越し生活、大変だね~。しかも子連れだからよけいと思うけど、早く落ち着けるといいね!

私は3日前にブータンに着きました!
一応2年はブータンにいる予定です。
やっと南国を脱出したよ。ブータンは四季のある国なので冬が楽しみです。まあ、今も雨続きでちょっと寒いんだけどね。

日本には約1ヶ月いました。おいしいもの食べまくったよ~。ブータンでは和食屋さん、期待できないしね。ユキちゃんとは入れ違いで会えなかったの。残念。

投稿: miki | 2008年6月15日 (日) 22時00分

Mikiちゃん~!

おお~ブータン入りしたんだねえ!四季のある生活、いいよねえ。南国もいいけど、あんまりにも変化がなくて長くいると飽きるよねえ。私も四季があるのっていいと思うわ~。

日本のものってほんとになんでもおいしいよねえ!たくさん食べられてよかったよ!ブータンでは和食屋さんはもちろんだけど、和の食材屋さんもあまり期待できなさそうだねえ・・・。でも私ブータンについて何も知らないから、これを期に勉強しまっす!

ユキちゃんとは会えなかったんだね。残念。私も日本を出てしまったから同じ時期に日本に里帰りしないと会えないわ~。次はいつ会えるのかなあ~。

投稿: ヒロコ | 2008年6月23日 (月) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145216/21574703

この記事へのトラックバック一覧です: またまたまたお引越し:

« 軍隊フェスティバル | トップページ | SAFF »