« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

どうしてごはん作るのが大変なのか。

ロビちゃんがコロンボに来てからというもの、毎日夜ごはんを作ってくれるヽ(´▽`)/私は毎日毎日料理をするのがほとほといやになっているのですっごくうれしい~!ていうか、もう自分の作るものの味に飽きたというかね。もちろん違う人が作った料理は自分が作らない料理なわけで、味が新しいよね。

昔から料理に特に興味があったわけじゃないけど、特に嫌いだったわけでもない。私は「やらなきゃいけない」という状況が嫌になる最大の理由だと思ってた。なんでもMUSTになってしまうとつらいよねえ。やはり。

でも、まわりにはわりと「お料理大好き」という人がいる。「毎日やらなきゃいけない」という状況でも「大好き」なのだ。そういえば私だって絵を描いていた頃は「描かなきゃならない」という状況で泣きながら描いてても「でもやっぱり好きなんだよな」と結局は自分で納得して描いてたっけ。つまり、「毎日やらなきゃいけない」ものでも、本当に好きなこともあるんだよね。

ってことは私は本当に料理が嫌いってことなのかな?

コロンボの日本人のママたちはすばらしいお弁当や食事はもちろん、手作りパン、手作りケーキ、クッキー、ジャム、ドレッシング、焼肉のたれ、しいてはぬか漬け、手作り味噌∑(゚∇゚|||)、手作りヨーグルトに豆腐にと枚挙にいとまがない!

しかも料理だけではなく「毎日(床の)モップがけはかかせない。じゃないと許せない」とか、お掃除もキチーンとこなしているんである。私なんてモップがけはここに引っ越してきてから一度も自分でしたことない(いつもロビちゃんが来てやってくれている(゚ー゚;)、掃除は掃除機を買ったのでそれでうきうきして三日にいっぺんやるくらい・・・。これでも自分ではかなりやってるつもりだったのだ(^-^;)マーレのときから三年間、掃除機はなくてほうきで掃除をしていて、ほうきのときは一週間に一回くらいのペースで掃除をしていたのだ。でも掃除機を買ったらとっても楽になったのでほうきのときよりはマメに掃除してるんである。

ここは簡単なお料理便利材料なんてものもないので、餃子を作りたいと思ったら小麦粉をこねて餃子の皮から作らなきゃならない。日本みたいにレンジでチンして食べられるグラタンとか揚げればいいだけのコロッケとかもないから、食べたいものはとにかく手間をかけて自分で最初から作るしかないのだ。だから焼肉のたれも果物と野菜とにんにくとしょうゆとごま油と・・・と、みんな自分で試行錯誤して混ぜ合わせてたれを作ってから肉を焼いたりしてるんである。

すごすぎる(-_-;)私にはとてもできない。

なんでだろうね?とロビちゃんにそれとなく話していたら、ロビちゃんが言った。

「ヒロコは料理が嫌いなんじゃないよ。そこまでやる気になれないだけだよ。ヒロコの気持ちがハウスワイフじゃないから。そうやっていっぱいやってる人たちは気持ちがハウスワイフなんだよ。でもヒロコはずっと仕事してた人だから今でも仕事してる人の気持ちで、ハウスワイフの気持ちにはずっとなってないんだよ。だからべつにいいんじゃないの。自分のペースで自分の好きなことやってれば、べつにすごい料理作らなくても。だってやりたいときにはたまにケーキ作ったりしてるでしょ。あれは楽しいでしょ」

驚いたΣ( ̄ロ ̄lll)

そうか・・・頭の中が主婦じゃないのか・・・。め、目からウロコが・・・。

じゃあこの料理嫌いはずっと治らないってことだね!そんなら無理にやらなきゃと思うこともないや♪と、思いました。あはは(^-^;)

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

ヘンなおばちゃん。

今日、学校に子供たちを迎えに行っての帰り道、一家四人でてくてく家まで歩いていたらおばちゃんに声をかけられた。おばちゃんは青い目の白人さんでどう見ても50代もしくは60代。ネイティブではない英語で「携帯電話持ってる?」と聞いてきた。「なんですか?」と聞くと小さな手帳を開いて見せて「この電話番号に電話をかけたいの。あなたたち携帯電話持ってる?」と言うのだ。

まあどう見ても無害そうなおばちゃん(おばあちゃん?)だし、携帯持って走って逃げたとしてもロビちゃんがいるから簡単に追いつくだろうし、ロビちゃんみたいな男の人がいて最初から逃げるつもりで声もかけないだろう、と携帯を取り出して協力してあげることにした。もしかして緊急事態なのかな~?とも思って。

おばちゃんの手帳を見ながら番号を押し、コールボタンを押してからおばちゃんに携帯を貸した。おばちゃんはしばらく呼び出し音を聞いてから「あ、ハロー?」となにやら話し始めた。

まったく知らない路上で会った他人の電話でかけているわりにはあんまり緊急って感じの切迫感はなく、おばちゃんは私たちに背を向けて向こうへ歩きながら話し、またくるりと向き直ってこちらに向かってきながら話し、また向こうへ・・・とうろうろ歩道を5メートル間隔で右往左往しながらしゃべっている。耳が遠いのか聞いていない方の耳に指を突っ込んで車道の車の騒音を聞かないようにしながら私の携帯にぴったり口をくっつけて大声で一所懸命何か話している。

私「うーん・・・へんな人かな・・・???どう思う・・・?白人だから平気かなって思ったんだけど」

ロビちゃん「うん・・・確かに外国人だから大丈夫かなって思ったけど・・・へんな人かも」

私「そうかな?!」

ロビちゃん「だって足が汚いよ」

私「えっ!?」

なるほど、確かに足を見てみると、サンダルをはいている裸足のかかとやうろうろ歩いているときにちらりと見える足の裏が真っ黒( ̄Д ̄;;

これがほんとの足元見やがってー!だけど、確かにそういうところに生活が見える気がする。だって外はサンダルや靴をはいて歩いているんだからあんなに足の裏が真っ黒ってことは家の床が汚れてるってことだよね。ということはあんまり良い居住環境じゃないってことだ。着ている服はべつにひどくないんだけど、外国で買ってきて着ているというよりは、どう見てもスリランカで買った服だ。持っているものもその手帳だけで、バッグを持っていない。

やっぱりヘンな人かも・・・と思っていると、たっぷり三分以上はしゃべってからどうやら相手に電話を切られたらしかった。まだおばちゃんがしゃべってる途中に「あら」って顔をして電話を見て切ったのだ。金の無心でもしてたのかな・・・。私がロシア人かな・・・?と思っていたらロビちゃんも「ロシア人ぽいよね」と言う。なんとなくだけど、顔つきがロシアっぽいのだ。もちろんどこの人かわかんないけど。

ちょっと妙なおばちゃんなので私が返して、という意味で手を差し出したらおばちゃんは素直に私の手に携帯を返しながら、また手帳を広げて見せてくれた。「あと、ここにも電話したいの」えー!まだかい!あきれてここは断ることにした。「もういやです。子供たちも早く家に帰りたいし(学校帰りだからね)あなた結構長電話だから」ときっぱり言った。するとおばちゃん「お金払うから。お金」と食い下がってきた。たしかにこの国ではお金をあげれば大抵のことはみんな納得するのが事実なのだ。たとえばうるさくつきまとってくる線香売りのおっちゃんが道路にいてずーーーっとついてきたりするので、外国人はうるさいからお金をあげて品物はいらないからもらわずに追い払ったりする。このおっちゃんも品物の値段も言わずにたとえどんな金額でもお金をもらったらサッと引き上げるんである。しかもついてくるときのセリフが「1デイ、2デイ、ノーミルク、マダム」なのだ。商品の説明でも売り文句でもなんでもない(^-^;)解説すると、「(小さい子供がいるのに)何日もミルクを買えてないんですマダム」ということになる。うちに来るゴミを集めるおじさんは「5ボーイズ、500ルピー!マダム!」とよく叫んでいる。つまり「5人息子がいるから500ルピーくれ」ということなのだ。なので私もそれを聞くと毎回「生活に困ってるんなら5人も子供作らないでガマンせえ」と日本語で言っている(^-^;)

話がそれちゃったけど、そんなわけでお金をあげると言うとふたつ返事なことが多い国なのでおばちゃんも「お金払うから」と必死に私に言ってきたが、いや、私電話代くらいのお金に困ってるわけじゃないし、私の携帯からかけたら相手にも私の番号教えちゃうことになるし、わけわかんない人の電話の間路上で四人で待ってるのもばかばかしいから「もうイヤ」と言って相手にするのをやめた。

今日このおばちゃんに会って思ったのは、私はヘンな人や出来事によく会うって人から言われるけど、これって歩いているからなんだな、ということだ。他の外国人みたいに車を持ってて運転手つきで車に乗ってどこにでも行っていたらこういう人には会わないのだね。そして駐車場があって外国人ばかりが行く場所だけじゃなくてローカルの人たちばかりがいるカフェでお茶したりバスに乗ったりしてるからきっとこういうのが多いのだ。特に歩いているとほんとにいろんな人がいる。私と子供たちは毎日歩いて学校に通っているのでその通学路の途中の家、お店、のおじちゃんおばちゃんたちはみんな顔を覚えてあいさつしてくる。あいさつといってもにこにこ笑ってうなずいたりするだけだけど、ひとりのおばちゃんなんかは自分の家の玄関口にいつも座っている人で、ある日私を手招きするので何かと思ったらお金ちょうだいと催促されたのだ(゚ー゚;)私は満面の笑みで私においでおいでするおばちゃんを見て「おっ近所付き合いか?」と思ったのだけど、自分のむくんでる右手を私に見せて左手を差し出してひらひらして「ルピー」と言われたときにはがっくりきた。でも、バナナやちょっとした野菜を売ってる小っちゃいお店では、いつも猫が数匹いてうちの子供たちが立ち止まって「にゃ~!」とかやってるので、一番小さい子猫をもってけ!とジェスチャーでくれようとしたおばちゃんもいる。いや、めちゃくちゃかわいいからほしいのは山々だけど飼えないって(^-^;)おばちゃんはあんなに猫好きなのに喜んで持って行かないので解せない、という顔をしていた。よっ!とあいさつしてくるそのへんが縄張りのトゥクトゥクのおじちゃんもお兄ちゃんもいる。このトゥクトゥクのお兄ちゃんは家がすぐ近くで、そこのおばちゃんが「これ、わたしのこども。(トゥクトゥク必要なときは)わたしのこども、乗って!こども、お金、私、ごはん」と名言をたどたどの英語で私に語ってくれた。「こども、お金、私、ごはん」すばらしい!確かにそうだ( ̄▽ ̄)

そんなわけでまあまあいろんな人を見ているような気になっていたけど、今日の携帯貸しておばちゃんは初めて見た。ほんとに色んな人がいるよねえ(^-^;)

| | コメント (11) | トラックバック (0)
|

がんばれ日本!なロビちゃん。

どうもロビちゃんがコロンボに来ているとブログの更新が少なくなっちゃいますね・・・(^-^;)はい、今ロビちゃんが来ております。

そしてロビちゃんも昨日の夜は熱狂しておりました。何にって。

サッカーですよ。

ロビちゃんはサムライブルーを応援してくれているのです。

しかして!

なんとコロンボのテレビ(というかうちの契約してるケーブルテレビ)では日本~韓国戦がやっていなかった!昨日の夜ロビちゃんがあちこちスポーツチャンネルを確認してはため息をつき、それでも時計を見ては「もう始まったはずだ」とまたチャレンジし・・・。とうとうどこでもやっていないのでネットでなんとか見られないかと必死に画策。

でも見られたのは動画はなくて点数の現在状況を教えてくれるやつだけでした(^-^;)それでもロビちゃん、動かない画面をじっと見つめ、点数のところが0から1に変わると「おおおーーー!1点はいったーーー!!!」と大喜び( ̄▽ ̄)音声は聞こえてたのかな?よくわかんないんだけど。なにやら一所懸命PCの前に座ってました。

私はサッカーは申しわけないけど興味がないので・・・(;´▽`A``先に寝ちゃいました。

そして今朝。

眠そうでなかなか起きられなかったロビちゃん。何時までかかったんでしょうね~・・・。でも起きてひとこと、「勝ったよ!勝ったんだよ~!韓国に~。ファイナルだ~!」と叫び始めました。なるほど、勝ったんだ。それからいかにして勝ったかを私に説明してくれて(ふむふむ、と私も一応聞く(^-^;)、「それにしてもせんぱんがいじわるだった」と言い始めました。

せんぱん???

私「せんぱんってなに?」

ロビちゃん「せんぱんだよ、ジャッジだよ、しあいの」

私「あーーー審判!」

ロビちゃん「そうそう、しんぱん!」

なんでサッカーに戦犯が・・・って思ったよ。東京裁判じゃないんだから。

それにしてもどうしてサッカーの審判はそんなにも日本にいじわるなんでしょうかね?嫌われてるの???だって審判はそのとき試合をしてる両チームの国の人じゃないんだよね?審判が不公平というのは私には意味がわからないんですけどね。

でも勝ってよかったですねー!ファイナル進出なんてすごいじゃないですか~。ファイナルならスリランカのテレビも放映してくれるかな?相手がオーストラリアだし。なんだか日本~韓国戦の前のオーストラリアとどこだかの試合は見られたらしいんですよ。そのへんの選んでる基準もよくわからないんですけどね(^-^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

お誕生日パーティーにお呼ばれ。

今日は息子のクラスメイトのお誕生日パーティーに呼ばれて行ってきた。コロンボでもマーレでもそうだけど、お誕生日パーティーはかなり盛大だ。なんせ、クラス全員の子を招待するのだ。もちろん親戚の子や学校以外の友達も呼ぶので全部合わせると相当な人数になるんだよね。でもみんなすごく手間ヒマかけて盛大なパーティーを開く。他に娯楽が少ないからこういうパーティーが子供たちの楽しみのひとつでもあるんだよね。

さて今日のパーティーはコロンボからちょっとだけ離れたところにあるケンタッキー・フライドチキンが開催場所。コロンボ市内にももちろんマックやケンタはあるけど、コロンボから5分車で走っただけでも、郊外の方が店内も広くてパーティールームがあったりするのだ。今日のケンタは場所は知ってるけど中に入ったことがなかったのでどんなか様子はわからなかった。二時半からピアノがあったのでまずピアノ教室に行き、それから途中でプレゼントを買ってケンタへ向かった。時間は四時半からで、ケンタに着いたらちょうど四時半。ぴったりだ。

中に入ってみると風船がたくさん階段にくっつけてあるのでパーティーは二階らしい。まず二階に行ってみると、奥の席が長くくっつけられてパーティーの準備ができあがっていた。そして客席の向こう側の出口を出ると外にも席があり、なんと外には子供たちが遊べる公園と遊具が置いてあるプレイエリアがどーんとあった。でかいΣ( ̄ロ ̄lll)プレイエリアはマックとかにもあるけど、こんなに広くないんだよね。遊具も大きくてかなり遊べそう。娘と息子は見るなり「あそんできていい?」と走って行ってしまった(^-^;)よく見りゃパーティーに来た子たちがもうすでに何人も遊んでいるではないか。そして外の席にはお母さんらしき女性が数人座っている。

コロンボは車社会なので車がないと移動できない。で、学校ももちろんほとんどの子たちが車で通っていて、学校のエントランス前の車寄せで車を一旦停止させて子供を降ろしていく、という人たちがほとんどなので、車で通っている子たちの親にはなかなか会えないのだ。学校のすぐ近くに建っている大きなマンションにもたくさん学校に通っている子たちの家族が住んでいるので、そのマンションの親は子供と一緒に歩いてくるので私も毎朝会う。つまり、毎日会う親は同じ顔ぶれで、会えない人にはまったく会えないのだ。

というわけで、今日はたくさんの初めて会うお母さんたちと自己紹介し合った。「初めまして~○○の母です」「あら、あなたが!うちの子よく○○くんのこと話してるのよ!」という具合に子供の名前と自分の名前でみんなで「ああ!」ってな感じに判明していく(^-^;)特に私は自分がまったくの日本人なのに子供たちはまったくの日本人のルックスではないのでお母さんたちに「あなたがRくんのママなの!そうなの!」と何度も言われた。「だんなさんは?」と聞かれて「モルディブ人だから子供たちが日本人ぽくないんだよね」と言うと、一人のお母さんが「えっ?!モルディブ人?やだー彼女モルディブ人よ!」と隣に座っていたお母さんの肩をばしっと叩いた。「え?!モルディブ人なの?!同じクラスにモルディブ人の子がいたの?!」と私もビックリしたら「ちがうちがう、うちは隣のクラスなの」と、隣のクラスの子も混ざっていた(^-^;)そのへんのお母さんたちはどうやら幼稚園が一緒だったらしい。なるほど。

そんなこんなでいろんなお母さんたちとものすごいしゃべった。女性って集まるとどうしてこうもずっとしゃべっていられるんだろうね( ̄▽ ̄)もうめっちゃ楽しかった。それに驚いたのは、私がいた間は誰もスリランカ人同士でシンハラ語でしゃべらなかったこと!!!普通日本人同士だったら日本語でついしゃべっちゃうのに、みんな英語でしゃべってくれて誰もシンハラでおしゃべりをする人がいなかった。すごい驚いた。もちろん外国人がいないときは話していたかもしれないけど、少なくとも私がいた間は一度もシンハラ語を聞かなかった。モルディブではこういうことはなかったんだよね。英語を話せる人でも恥ずかしがってなかなか英語を話してくれなくて、インターナショナルスクールの父母会でもみーんなディベヒ語で全部しゃべって私にはわけわかんないことがほとんどだった。でも今日はみんなずっと英語で話してくれたので私もわけわかんないときがまったくなくてすごく楽しかった。

うちの子供たちが通わせてる学校はその名前を言うと「わー高いでしょー」と必ず言われる学校なのだけど、私たちはマーレで高いのに慣れちゃっているので実際マーレとどっこいの学費はあまり気になっていなかった。でも今日来ていたお母さんたちはやはりお金持ち~って感じのセレブ感を出している人たちが多かった。もうお金をかけていることが一目見てわかる若くてきれいなお母さんもいて、髪の毛はまっすぐストレート(縮毛矯正してるはず!)できれいにカット&カラーされてて、服もなんかモデルさんみたい。そして指にはそら豆くらいの宝石の指輪∑(゚∇゚|||)ほんとに石が巨大だったのでビックリした。うちの息子からよく名前を聞く子のお母さんも今日初めて会ったんだけど、話からしてしょっちゅうパリに行ってるらしかった。うーんスゴイ。みんなどんな職業なのだろう・・・。

本当にお金持ちの家の子が多いんだなあ~なんてぼんやり思っていたら!なんと!今まで出会った中でも1・2を争うセレブなお母さんに会った。もうぱっと見たときからして、なんだか上品でまとっている空気が違う。着ているのはシンプルなVネックのTシャツなんだけど、素材が上質で見た目もとても肌さわりが良さそうで、仕立てがいい。つまりシンプルなのにかたちがいいんだよね。絶対高そうだ。そしてそのシンプルなTシャツに凝ったデザインの大きめのネックレスとおそろいのピアスをしていてそれがとってもエレガント。話をしているとスリランカ人なのはまちがいないらしいけど目の色が薄くて茶色く、顔立ちもまったくちがう。絶対親か祖父母にヨーロピアンがいるのは確実と見える。そして話してみるととてもきれいな英語で話し方も礼儀正しくてそつがない。スゴイな???と思って話していたら、なんと、スリランカにいたら知らない人はいないという有名ホテルを家族で経営しているということがわかった。「ファミリービジネスなのよ、だからやらないわけにはいかないの。でも私も家族がやっていることにかかわっていたいから一所懸命やってるのよ」と言っていたが私はたまげてしまった。

こういう人こそがリアルマダムだ(゚ー゚)

リアルマダムを見たヽ(´▽`)/

「あなたは何をやってらっしゃるの?」と聞かれて「うちも実はホテル経営してるんです。マーレですけど」と言うのが今日はなんだかとても気が引けた(^-^;)「あら、偶然。モルディブのどこの島?マーレから近いの?」そう、コロンボではモルディブ全体のことをマーレと言ったりもするのだ。「いえいえ、マーレ島の中なんです。うちはあなたのホテルみたいに大きくないしましてやリゾートじゃないから。もっと小さいほんとに家族経営のホテルです」そう、彼女は私がリゾートホテルを経営してると思ったのだ。とんでもないっす~もう規模がちがうっす~(;´▽`A``リアルマダムのお子さんは今日のお誕生日の子と幼稚園が一緒だったそうで、学校はちがうそうだ。私は今日はユニクロで買ったキャミソールにはき古したカーゴパンツをはいていて、どたばたしてたからピアスも忘れ指輪も結婚指輪のみ。髪の毛はぐわっとうしろに結わいただけで極めつけにすっぴんだった(^-^;)本当に自分って庶民だなあ~と実感した日だったよ。ま、おしゃれすればセレブになれるってわけでもないしね。私にはガラじゃないから一生無理だねえ。

でもこうやって色んな人と話せて今日は私もとてもおもしろかった。子供のパーティーが終わるのをぼんやり待つだけで時間をもてあますかなあと思っていたのだ。うちの娘みたいに上のきょうだいも下のきょうだいも一緒に来ている子たちもたくさんいたので、娘もずいぶん楽しかったらしい。ふたりとも走り回って汗びっしょり、ケンタのお兄さんたちにゲームをやってもらったりみんなで長テーブルでポテトとチキンサンドを食べたり、ずいぶん堪能していた。みんなが食べている間にちょっと数えてみたんだけど、ざっと40人以上の子供たちが来ていた∑(゚∇゚|||)!準備するママ&パパが大変だったよねえ。お店の人たちと一緒に走り回って全員に食べ物と飲み物があるかどうか確認したり、帰り際には招待した子とそのきょうだいにまで全員におみやげを渡し(一体何人分用意したんだろう?)、大変な努力が垣間見えたパーティーだった。でも子供たちだけじゃなくて私も楽しく過ごせたパーティーだった。うちの息子が「ぼくのパーティーもやってね」と言うので「ぼくのお誕生日のときは夏休みでみんな自分の国に帰っちゃったりバケーションに行ってたりしてると思うんだな」と言ったら、息子が泣きそうになってしまった(^-^;)うーむむむ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

久しぶりのプール。

今日は久しぶりに朝から晴れて暑くなってきた。最近の涼しさは本当に異常気象だったらしく、コロンボではなんと60年ぶりくらいに15度を記録したそうで、山間部のヌワラエリヤではなんと、8度まで下がったらしい\(;゚∇゚)/あのめちゃくちゃ涼しかった日は15度だったのか!平均気温が29~30度の国でそれはおかしいよねえ~。

まあ、とにかく今日は朝から晴れて暑くなったので子供たちがプールに行きたい!とさわぎ始めた。まあ確かに、通っているスイミングスクールもこの涼しさでぜんぜん行ってなかったのだ。もちろんここには室内プールなんてものはないので、プールと言えばみんな外で、気温が下がって日が照らなければプールはめちゃくちゃ寒いのである。子供たちが通っている学校にもプールがついているんだけど、もちろん60年ぶりの涼しさなので「もし気温・水温が低かったらプールの授業は他の何かに振り替えよう」なんてアイディアからして持ってないので、どんなに涼しくてもプールの授業を決行していて、親からずいぶんブーイングが出ていた(^-^;)うちは「こりゃムリでしょ」という日はプールはお休みさせていた。だって風邪引いたらまた身動き取れなくなっちゃうしね。

そんなわけで私も今日は「プールもいいかもな」と思って出かけることにした。ヒルトンで働いていたこともあって、うちはいつもコロンボヒルトンのプールに遊びに行く。私も自分の唯一の運動が水泳なので、この涼しい数ヶ月はちっとも泳いでなくてめちゃくちゃ運動不足なのだ。

三人でいえーい!とスリーウィラーでヒルトンに到着、日陰のデッキチェアを陣取り着替えて日焼け止めをたっぷり塗った。息子の腕輪や娘の浮き輪をふくらませている間にがまんできない子供たちはちょこちょこ水に入る。そして「つめたーい!!!」と遊んでいる。どれどれ、と私も準備を全部終えてちょっと水に触ったら・・・。

つ、冷たいよ~~~マジで∑(゚∇゚|||)

ヒルトンのプールはいつもさんさんと日が照っていてとってもぬるいのだ。だから寒がりな私も結構長い間泳いでいられるんだけど・・・。

今日はほんとに冷たい・・・。

子供たちは「ぎゃー!」と言いながらも、ざばんと水に飛び込んで「もうへいき!」と泳ぎだした。・・・・・・さすが若いってちがう。私はいくら水に入ってバシバシ泳いでも「へいき!」にはならないだろう・・・。芯まで冷えそうだ(゚ー゚;)やっぱり一日二日晴れたって急に水温だって上がらないよね。ははは。

私は早々にギブアップしてプールサイドで本を読んで過ごした。子供たちは出たり入ったりしていて、途中でプールサイドにあるイタリアンレストランからピザを頼んでデッキチェアで食べた。水は冷たいけど考えることはみな同じらしくて、今日のプールはかなり混んでいた。しかも学校の校長先生も奥さんと来ていた!泳いでいる間にもぞくぞくと家族連れが到着し、学校のお友達も三家族くらい来ていた。コロンボに住んでる外国人大集合って感じだ。でも日本人には会わないんだよね。なんでかっていうと、日本人は豪華マンションに住んでる人が多くて、そのほとんどのマンションにプールがついているのでわざわざ来る必要がないんだよね。だからホテルのプールに来る人たちは一軒家かうちみたいにフラットに住んでる外国人たちなのだ。

寒くなって「もう着替える~」と服に着替えてからも、友達が来ると「あっ、もう一回一緒に遊んでくる!」とまた濡れた水着に着替えてプールに飛び込んでいくんだから本当に子供ってすごい。そんなこんなで今日はずいぶん長くプールで遊んだ。

明日は学校なのでさすがに夕方にヒルトンを出発、でもミネラルウォーターがなくなりそうだったので買いものをしてから帰ることにした。乗ったスリーウィラーのドライバーにスーパーの名前を言って乗っていたら、走っている最中に突然ハンドルがぐにゃぐにゃとコントロール不能になった(゚ー゚;)スリーウィラーはドアがないので私は娘が落ちるんじゃないかとひやっとしたが、そこまでひどくならずになんとかドライバーさんが車を停めた。いやービックリした。どうしたの?!と聞いたらドライバーさんがひとこと。

「・・・・・・タイヤがパンクしたよ」

え?!ほんと?!Σ( ̄ロ ̄lll)

路肩に停めたので全員で降りて見てみると、なるほど、一輪の前輪のタイヤがぺっちゃんこになってべろ~んと横に流れていた。あらららら~・・・・・・。

「修理するから二分くらい待っててもらってもいいかな?」とドライバーさん。私たちはべつに急いでなかったので、「いいよいいよ」と待つことにした。

おりしも止まった場所は湖のわきの道路。その湖には白鳥の足こぎボートがいくつも水面に浮かんでいて、日曜日に遊びに来た人が乗って一所懸命ペダルをこいでいる。左側の湖の岸辺には二メートル間隔くらいでカップルが座っていたり立っていたりして、肩を寄せ合いぴったりくっついてなにやら話している・・・のか、話なんかしてないのか遠くてよくわかんないんだけど、とにかくカップルの憩いの場になっていた。こちら岸から見ていると等間隔にてんてんと座っているのがすごくおもしろい。そして私たちがいる岸辺には木が何本も生えていて、なんだかわからない木の実がたわわに実っている。緑色で表面がつるっとしていてまん丸で、それはそれはたくさんぶらさがっている。子供たちは「ママ!あのフルーツなに?とって!」と大喜びしているので、ジャンプして一個ブチッともぎ取った。ちぎれたところから白いミルクみたいなのがとろ~んと出てきてビックリした(^-^;)日曜日なので道路はとてもすいていて通りかかる車がぜんぜんいない。ドライバーさんは四苦八苦してパンクしたタイヤをはずそうとしていて工具が足りず、ちょっと応援を頼みにどこかへ歩いて行ってしまった。子供たちは私がもぎ取った実と落ちている実を拾ってさんざん遊び、それを今度は湖に向かって投げ始めた。ちっとも遠くには投げられなくて、投げられた実はぜんぶ岸辺近くの水面にプカプカ浮かんで、なんだかクラムボンを思い出した(^^)

そうこうしてるうちに、どこからかもう一台のスリーウィラーがやってきてそれを運転してきたおじさんとドライバーさんとで協力してタイヤを交換し始めた。そして15分くらい経ってようやくタイヤ交換ができたヽ(´▽`)/

湖岸を走っていた子供たちを招集してスリーウィラーに乗り込むと、ドライバーさんが私たちに「ソーリー」と謝ったではないか。ビックリした!モルディブ人もそうだけど、スリランカ人もあんまり謝らないのだ。

「ほんとにすみません。あなたの時間を無駄にしてしまいました」とそのドライバーさんは言って、「あの人、本当に良い人です。あの人が足りなかった工具持ってきてくれて手伝ってくれました。じゃなかったらできませんでした」とおじさんを見た。おじさんはかっこよく「よかったな、じゃあな!」ってな感じで走り去って行った!うーん、ほんとに良い人だヽ(´▽`)/

「もうお金はいらないですよ。こんなに待たせちゃったから」とそのドライバーさんが言ったのでさらに私はビックリたまげた。とにかくお金をもっとくれもっとくれと欲しがり根性が旺盛なこの国で「時間を無駄にしてしまった」という言葉も「お金はいらないですよ」という言葉も初めて聞いたんじゃないだろうか!「工具でひっかけちゃったし、まったく」とドライバーさんは笑って指を見せてくれたら、ほんとに指の関節のところにちょっと血が出ていた。

「バンドエイドあるよ」と私はバッグからバンドエイドを出してドライバーさんにあげた。子供が小さいとバンドエイドってバッグに大抵入ってるんだよね。バンドエイド貼っただけで気がすんで泣き止んだりするから助かるんだよね。ドライバーさんは「えっくれるの?余分に持ってるの?」と驚いていたので「子供用にいつも何枚か入れてるから」と三枚見せてあげたら納得して一枚を指に貼って「子供用に持ってるってグッドアイディアだね」と言っていた。いや、単に泣き止むから便利なだけなんだけどね(^-^;)

スーパーに無事着いたとき、もちろん最初に交渉した料金を支払った。事故であって彼のせいじゃないし、なんといっても彼の対応が誠意がこもってたよね。助けてくれたおじさんも含めて、今日は良い人に会った日だったなあとほんわりしたよ(o^-^o)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

気をつけようトースター

先月、朝起きたらトースターにいきなりアリがたかっていたことがあった。

この家に引越してきてすぐに買ったトースターなので、もう4~5ヶ月くらいパンくずだらけだったのに、なんでまた突然今日たかるんだ???と不思議に思うくらい唐突にトースターがアリだらけになってた。まあ、以前にもアリが大発生したときにそれまで平気だったお砂糖とか(もちろん、ちゃんと砂糖入れに入れてある)お米とかにたかるようになったので、今度はトースターかい・・・と思いながら流しでトースターを逆さにしてバンバン叩いてみた。ものすごいガタガタ振ってみた。

でもアリって結構落ちてこない。

でも中を見るとかなりの数なので「落ちないつもりなら大虐殺だ」とスイッチを入れて過熱した(^-^;)私もやるときはやるのだ。

そしてトースターがバン!とパンをはね出すまでの時間あっためてからまた流しの上で逆さにしてバシバシ叩いてみた。

小さい黒い粒がわ~~~~~!!!っと降って落ちた(;´▽`A``

みたか。

そのままトースターを傾けたり揺らしたりしながらアリを落としていたら、中の加熱器の隙間からちらりと小さい小骨のようなものが出てきた。

小骨???

しげしげと見ても小魚の背骨みたいに見えるその骨・・・パンにちりめんじゃこを塗ってトーストしたことなんてないぞ???(゚ー゚;

さいばしでつまみ出してみると、ほんとに焼いたみりん干しみたい・・・。もっとトースターをガタガタ揺らしていると、さらに小さい丸い骨がポロンと転がり落ちた。

そのかたちでわかった(゚ー゚;

どうやらヤモリくんの炭火丸焼きを作っちゃったらしい・・・\(;゚∇゚)/

その丸い小さい骨はヤモリくんの頭蓋骨なのだ!頭なのだ!

きっとアリがたくさんトースターの中にいたのでそのアリを食べにヤモリくんが一緒に入っていたんじゃないだろうか・・・。

それにしても・・・あんなにガタガタ逆さにして揺すってるときに逃げようよ~!焼いてるときどうもたんぱく質の焼ける匂いがするなあと思っていて、アリもたんぱく質かな、とか思っていたのだ。

わーん!ヤモリくんごめんよ~~~!

しかしパンが二枚焼ける時間だけであんなに真っ黒コゲになっちゃうんだね・・・。

で、今日恒例の夜のおやつにベーグルを焼いてクリームチーズを塗って食べよう♪と思ってベーグルを焼こうとトースターを引き寄せ・・・いやな予感がして一応中をのぞいてみた。最近トースター使ってなかったんだよね。

案の定、中の底の方に一匹のヤモリくんが・・・( ̄Д ̄;;

ベーグルはオーブンで焼きました(-_-;)

もういいよ、このトースターはヤモリくんにあげるよ。好きにお住まい(^-^;)

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

毎日涼しいのよ。

コロンボが涼しい~~~。

一体どうしたんだコロンボ!!!

ていうくらいに涼しい~。

まあ、去年の11月に比べたらそうでもない方なんだけど、昨日今日と雨が降っていてそのおかげでとても涼しい。特に私たちは暑いマーレから来たから余計に涼しく感じるのかもしれないけどねえ。

マーレはとにかく暑い( ̄◆ ̄;)5km四方しかない島に10万人以上住んでるんだからその人間の放つ熱だけでも十分暑い気がするし、その島の中に所狭しとビルを立ち並べてひしめき合っていてとにかく暑い。もう土地がないからビルを建てるしかなくて、しかもビルを建ててしばらくしてまたお金ができたらその上に増築するという、何年もかけてビルがゆっくりとでも確実に上ににょきにょきと伸びている首都なんである。うち、ハウスクローバーをやっているビルも、ビルのオーナーが最初に建てたのは四階建てで、それから十年くらいしてお金がまたたまってから今の十階建てに増築したのだ。増築というと聞こえがいいけど、工事現場を見ていると付け足し♪って感じがする・・・(^-^;)まあ地震のない国だからこれでやっていけるんだろうけどね。日本みたいに地震がきたら一発でアウツ!!!だろうね。

そしてマーレにはもうひとつ、緑がない。もちろんこれも場所がないから木もジャンジャン切っちゃう。道路わきに街路樹みたいに残ってる木ももちろんあるけど、とにかく緑が少ない。そして今でも減っている。去年なんか日本に里帰りしてた後に一度マーレに戻ったら、公園の中の木が何本もバッサリ切られていてビックリした!公園の中こそ木を残しておかなくちゃダメじゃん!!もちろん日差しを遮る枝もなくなって暑いのなんの。アホですか?ってマジメに思った。どうも、何も考えないで切っちゃってるように思えるときがある。そして緑がないとものすごく暑いんだよねー。マーレは道路は石のブロックを埋め込んであって、建物はビルばかり、まさにコンクリートジャングル( ̄Д ̄;;暑さがハンパじゃない!!!

なのでスリランカに引越して来たらその涼しさにビックリした。もうずいぶん前からモルディブからちょこちょこと来ていたスリランカ。緑がたくさんあるのは知っていたけど、本当に大きな木があちこちにあってすばらしいヽ(´▽`)/緑を見てると気持ちって落ち着くんだね。あのマーレの、お向かいのビルと隣のビルと向こうのビルしか見えない景色だとほんとに息が詰まるんだよね。でもコロンボは首都といえども緑が豊富にあって、中には道路わきの街路樹なのにすごい大木とかがあってそれがとってもいい。うちからすぐの道路も木を切らないように残してあって道路の真ん中に木が立っている。車もバイクもみんな木をよけて通るのだ。

暑くなる要素ばかりのマーレから来て、コロンボがとても涼しい。しかも今年(去年)は例年になく涼しいのだそうだ。やっぱり世界はどこでも異常気象なんだね。とにかく去年11月の雨続きは異常だったし、今日も昨日もほんとに涼しい。私は寒くて長ソデTシャツにジーンズを着て歩いていた。マーレではジーンズはエアコンが劇寒の建物に長時間いるときしかはかなかったので一年にジーンズをはく日なんて数えるくらいだった。下手したら日本に帰るときに一年ぶりにはく、とかだったんだよね。ところがコロンボに来てからはジーンズの登場回数多し!!ちょっと雨が降ったりすると涼しくてすぐジーンズの出番になってしまうのだ。特にスリランカは山岳部があるのでそれもあって涼しいんじゃないかと思う。標高があれば涼しいのは当然で、標高がほとんどないと言っていいほど平らなモルディブに比べ、スリランカの山地帯はとーっても涼しいのだそうだ。ヌワラエリヤとか紅茶の産地で有名だよね。私はその山から降りてくる空気も涼しさに一役買っているんだと思う。だって朝と夜がすごいひんやりしてて気持ちいいんだよね!なんか日本の秋っぽくて私はとっても好きなのだ。そして子供たちと一緒に朝7時半頃学校まで歩いて行くので、これがもうめちゃくちゃ涼しくて快適なんである。

まあ、いろいろ考えても単に異常気象でこんなにも涼しいんだろうけど、実は私はこれくらい涼しい気候が一番好きかもなあと自分でも思う。それくらいさわやかだ。

しかして、こう毎日涼しいと困るのは、ジーンズの代えがないということ(^-^;)私はジーンズを一本しか持ってないのだ。買おうにも、外国ではジーンズのサイズがぜんぜん合わなくてどうにも買えない。これはブラジャーにも言えることで、私のサイズ&かたちは外国で探してもほんっとーに見つからない(単に胸がなくてサイズがない)。やっぱりジーンズとブラジャーは日本産だなあとしみじみ思う今日この頃、なんである。今まではジーンズなんてタンスの奥底で寝てるだけだったから、コロンボがこんなに涼しいなんて思ってなくてもちろん私は去年日本に帰ったときに新しいジーンズなんて買ってこなかった・・・。そして今七つの海を大後悔。うーん、せめて洗い代えのもう一本がほしいね・・・。

服が少ないのは実は昔からで、昔付き合っていた男の子に「こんなに服を買わない女の子初めて見た」と言われたことがあるほどだ(^-^;)また、「自前スーツで来るように」との仕事が入ったときに、スーツを一着も持ってなくて途方に暮れていたら、そのとき付き合っていた男の子に「スーツで来いって言われたらどのスーツで行こうかなって迷う子が普通なのにスーツも持ってない女の子は初めてだ」と言われたこともあった(;´▽`A``なのでジーンズが一本しかないってのももしかしたら・・・私くらいのものなんだろうかね・・・。ちなみにサンダルも今はいてる一足しかないのでこれがちぎれたりしたら日本から履いて来たスニーカーでサンダルを買いに行かないと履くものがなくなっちゃうんだよね・・・。けっこうたくさんの在住日本人の方たちの家に遊びに行かせてもらってるけど、みんな靴箱にずらーーーってサンダル置いてあるんだよね・・・。一足しかないと毎日そればかり履いて壊れるのも早いからやっぱりもう一足くらい買っておいた方がいいかなぁ・・・と自問自答しております。ジーンズはあと一年くらい一本でがんばる・・・。って、これやぶけたら困るなあ~ふははははは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

そりゃないよ(T_T)

昨日の夜中、すっごく眠かったんだけどけっこう長文を書いていた。

なかなかよく書けたな~なんて思いながらポチっと保存ボタンを押した。

すると「問題が発生しました。現在のウインドウを終了します。やりなおしてください」のお知らせが( ̄Д ̄;;

ダメ~!現在のウインドウ終了ダメ~!!!

パッとまっさらなページに戻った・・・・・・(-_-;)

消えないようにマメにセーブしようと思って保存ボタン押したのにーーー!!!

バカァァァァァァァーーー(;;;´Д`)

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

娘また熱。

あ~~~やっと週末になった・・・。

クリスマスバケーション&ニューイヤー休みにさんざんダラダラした生活を送っていたので、突然朝早く起きるとけっこうつらい・・・(^^;)こちらは学校初日でも始業式なんてのはなくて、いきなり通常授業なので初日から早起きして持って行くお弁当を作らなきゃならない。娘はごはん党で息子はパン党なのだけど、息子もなるべく米食にしたい・・・と思っているのでなるべくおにぎりを作るようにしているんだよね。まあサンドイッチの方が簡単なんだけど、サンドイッチだと朝もパン、学校のお弁当もパン、で学校が終わると子供たちは学校の隣にあるカフェでホットドッグとかチキンバーガーを食べて行きたがるのでこれもパン・・・とパンばっかりになっちゃうんである。なので、なるべくおにぎりを作るんだけど、暑くてものが悪くなりやすいコロンボなので前の日のごはんは使わずに朝、ごはんを炊く。タイマーがあるのかどうか確認もしていないので(^-^;)、朝まず5時にめざましをセットして一度起きてお米を研いで炊飯器のスイッチを入れる。それから今度は6時に起きておにぎりとおかずをちょっと作る。おかずって言ってもソーセージとか卵焼きとかだけどね。そんなんなので学校が始まると非常に朝型になる。で、夜は眠くてとても起きていられない。でも子供たちが学校に行ってる間に自分の時間があるからそこで十分好きなことができるんだけどね。

で、初日にはおにぎりを作って学校へ送り出し、「あ~~~久しぶりの自分だけの時間だわ~」なんてのんびりしていたら、帰ってきた娘が「今日はどこも行きたくない。すごく疲れた」と言う。通っているスイミングスクールも始まってるだろうからスイミングに行くつもりだったんだけど、どうしたのかな?と思って聞いてみると、「今日は体育の授業があって、それがすごく疲れて大変だった」のだそうだ。ふーん、いつも体育大好きって言ってるのにな?と不思議に思い顔をよく見てみるとなんか目がぼんやりしている。おでこを触るとあったかい。

熱あんじゃん(-_-;)

そう、学校一日行ったらもう熱が出た(^^;)おーい。

娘は12月の学校が終わる頃も熱が出て最後の3日間くらい行ってないので、なんだかそれが治りきっていない感じ?だって症状がまったく同じなんだよね。38度前後の熱が出て、吐き気もあってなかなか食べられない。まったく同じ。年末も2回大きな病院に連れて行ったんだけど、薬効いてんのかいな。

娘は今回も気持ち悪くて食べられない。熱は解熱剤を飲ませるほどではない、という微妙なところを行ったり来たり。うーむ。まあ次の日は様子を見てもちろん学校は休ませることにして、息子だけを学校へ連れて行った。こういうとき大人一人しかいないと本当に困る。仕方ないので、娘に「ちょっと待っててね。誰かピンポンしても出なくていいからね」と言い聞かせて息子とダッシュで学校へ。いつもは歩いて通っているんだけどこういうときだけはスリーウィラーで学校まで飛ばし、息子を教室まで連れて行ってから娘の教室に行き先生に休むことを連絡。そして待たせてあるスリーウィラーに乗ってまた家までトンボ帰り。まあ正味15分くらいなので娘もぼんやりテレビを見ながら待っている。でもやっぱり、なるべく子供を一人で家に残していきたくないのよね。

息子を迎えに行くときも同じ要領ですっ飛んで行って帰ってくる。これまた15分くらい。いやあ~でもこれ、留守番してるのが上の子だからできるけど、もし息子が病気で娘が元気だったら息子はまださすがに一人で家に残しておけないから娘をどうやって学校に連れて行こうかなあ~・・・と真剣に悩むね(-_-;)

そして何よりも、朝は早く起きて一人を学校へ、そしてもう一人は家で病気、となるともちろん自分の時間はゼロ。そして学校の往復がマックスなので外に出かけられず、プチ引きこもり状態になってしまうのだ。今回はまあまあ肉も魚も野菜もあるから大丈夫だろ、と思っていたんだけど、ミネラルウォーターがあんまり買い置きがなくてマズイかな~って感じ。ラッキーなことにお米は先週10kgがんばってため買いしたのでお米だけは大丈夫!でも水がなくなるのはちと不便・・・。水道水を一回沸騰させてから冷やして飲むなんてかなり面倒だよね。そしてこういう熱のあるときに娘が「ジュースがのみたい~」って言うんだけど、うちは普段ジュースというものがない家なんだよね~・・・。確かに熱が出てるときのジュースはうまい( ̄▽ ̄)脱水症状になっても困るので飲めるものを飲ませてあげたいんだけどね~・・・。熱で味がおかしく感じるので水や麦茶がなかなか飲めないのだ。

娘は自分がジュースを飲みたいから「ママ、買い物に行ってきていいよ」と言うので、うちと学校の間にある外国人がたくさん住んでいるマンションの一階に入っている小さいお店に買い物に行くことにした。そこのお店はマンションの住民用のコンビニみたいなものなんだけど、住民に外国人が多いから外国人が好きそうなものが結構売っているのだ。娘の命を受け、息子を連れてこれまたスリーウィラーに飛び乗った。マンション名を告げたらあまりに近所だからドライバーが「え?ほんとにそこ?そこに行きたいの??わざわざ?」と怪訝な顔(^-^;)「いいから、行こう行こう」と出発してマンションの敷地内に入り、お店の前で待機しててもらった。お店にはミネラルウォーターの大きなボトルが売っていたので(小さいスーパーとかだとないところが多い)助かった!とばかりに水もふたつボトルを買い、ジュースも二種類買い、牛乳も二本買い、リンゴとオレンジとおいしそうだったのでカリフラワーと1Lのアイスクリームも買った。もちろん一人では持ちきれずに手伝ってくれた店員さんと一緒に車のところに戻ったらドライバーのおじさんも納得。こんなに液体買ったらとても歩いて帰れないもんね。

なんとか水も買えたので今回は3日間、学校を往復する以外は引きこもりだった。しかも朝は息子を学校に送り出すために早起きし、夜は娘が「昼間寝すぎて寝られない~」とか言って寝られず、しかも昨日の夜は息子がおねしょして夜中にベッドの応急処置をせねばならず、家にいるだけのわりにはなんだか多忙だ・・・(^-^;)

あ~~~明日はやっと週末・・・朝ゆっくり寝られるよ~~~。娘の熱は下がって今日もトンカツをもりもり食べていたのでずいぶん元気になった。食べられない日が続くと胃が受け付けなくても脳みそが食べたくてしょうがないんだよね~。今日はハンバーグが食べたいとかトンカツが食べたいとかガッツリ系ばかり言っていたのでカロリーが足りてないんでしょう~。娘はただでさえやせ気味なのにこうやって食べられなくなるとさらにカリッとやせちゃうんだよね・・・。なので私も今日はがんばってトンカツ作りました(豚肉の買い置きはあったけどひき肉はなかった)。まあ、食べられるようになってよかった。でもさっきつばを飲み込むとのどが痛いと言うので懐中電灯で見てみたらものすごい扁桃腺が腫れてた・・・。明日また病院に連れて行きましょう~。扁桃腺って切るってみんな言うけどどうやって切れるのかね~。切ったらこういう熱って減るのかしらん・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

のんびりお正月

お正月もあっという間に3日過ぎてしまいました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

我が家はロビちゃんが私の誕生日からクリスマス近辺までコロンボにいて、年末にマーレに戻ったので、母子でいつもと変わらないダラダラ正月です(^-^;)

でもなにかないとつまらないし、またYoutubeで新しいものを見始めようかな・・・でも子供と一緒に見られるもの、と考えて「ハチミツとクローバー」のアニメを何気なく検索。そのまま1話からずっと見ちゃってます(^-^;)あいたたたた。

意外にも子供たちがすごくおもしろがって、特に娘は森田さんが気に入り、「ママはやくつぎ!つぎ!」と続きを見たがり、息子はというとはぐちゃんをじーーーっと見て「ママ、このこかみのけながいね」「ママ、このこかわいいね」「ママ、ぼくはぐちゃんすきになっちゃった」と・・・。えーーー?今からアニメ萌えですかーーー\(;゚∇゚)/いやまあべつに悪いとは言わないけどさ~・・・ていうかこういう子が好みなのね~へえ~・・・・・・。

てな感じで見ています。

まあ、わりとコメディタッチが多いしかわいらしいので子供も楽しいみたい。挿入歌でスピッツの歌が結構かかるのでそれも「あ!スピッツだ!」と知ってる歌を見つけるおもしろさなんかもあるらしい。わりと原作に近いので私はなんか動くマンガを読んでるような気分。すると娘が急に漢字を勉強したいと言い出した。

私「なんで突然?」

娘「だってハチミツとクローバーよみたいんだけどさ、漢字がよめないんだもん」

なるほど~~~( ̄Д ̄)

毎月日本から送ってもらっている「ちゃお」は全部の漢字にルビがふってあるから読めるのだ。「ハチクロ」は娘によると「みんなが知らない漢字しかひらがなが書いてない」のだそうだ。っていうか、いつの間に試してみたんだろうね~・・・私のハチクロ・・・。

うちの子供たちは私が見るものや聞くもの読むものを一緒にしたがるので、子供向けのものと大人のものの割合が半々くらいだと思う。音楽は子供向けのCDはないのですべて私のスピッツのCD。もしくは私が気に入って持ってる他のアーティストの音楽。歌詞があると歌っちゃうから宿題やるときはジョージ・ウィンストン、とか決めてあるのもあるけど、それ以外は私がCDかけながら大声で歌っているので子供たちも一緒に歌っている。この家ではわりと音楽を聴いてるんだよね。テレビがつまらないから。でも子供の歌って考えてみたらない・・・仮面ライダーダブルのCDはあるけど、あれも子供の歌じゃないもんねえ。

DVDも私の持ってるドラマのDVDを一緒に見たがる。ちょっと暴力シーンとかあるところは私も見せないけど、少しくらいセクシーシーンだったらべつにかまわず見ちゃう。この前も「花より男子ファイナル」を見てたら娘がいきなり「ママ~、こんぜんりょこうってなあに?」と聞くので(映画中にそういうせりふがあった)、「結婚する前に一緒に旅行に行くことだよ」と教えたら「なーんだ」と言っていた。いや、確かにそれだけ聞くとなーんだなんだけど、あんまり外で使わないでね・・・とは思った。

しかして、実はこういうのってみんなあんまりしてないのかも、と子供が7歳と5歳になった今頃、気が付いた。というのも、数ヶ月前に娘がお友達に本をあげたときに気が付いたんである。そのお友達は日本人のAちゃんで、本が大好きで誰の家に遊びに来てもまっさきに本棚を探して静か~~に本を読んでる子なのだ。私は自分も子供の頃友達の家に遊びに行ってその子の家にある本やマンガを読ませてもらうのがすごく楽しみだった。なので、Aちゃんを見たときにすっごくなつかしいなあと思ったのだ。一度みんなでYちゃんの家に集まったときにうちの息子がコロコロコミックを持って行ったんだけど、そのコロコロでさえAちゃんは床に座ってじーーーっと読んでいたので、娘に提案してみた。

「ねえ、そのちゃおもう読んじゃったやつAちゃんにあげたら?Aちゃん本読むの大好きだからきっと喜ぶんじゃない?」

娘も「そっかー!そうだね!じゃあこれ1冊あげる!」とAちゃんの家にお呼ばれしたときにちゃおを持って行ったのだ。

そのとき集まったママたちは「わーなつかしいね!」「こういうの読んでたね!」と盛り上がりはたと、「え?Lちゃんが読んでるの?これ?!」と驚いていた。「こういうのってって4年生くらいから読んでなかったっけ・・・」

でも全部ルビがふってあるので娘にも読めるし、毎月とても楽しみにしているので理解もしてるんだよね。いくつもお話がある中で、娘はひとつだけあるミステリーサスペンスの「ナゾ解き姫」が一番好きなんだそうで、「犯人がわかるとあーーー!ってすっきりするんだよ~!」といつも私にナゾ解きの解説をしてくれる(^-^;)そんなんだから私も全然気にしてなかったのだ。するとぱらぱらとちゃおの中身を見ていたAちゃんのママが驚いて叫んだ!

「きゃ~!これ初恋とか片思いとかってまだAちゃん早いわよ~!!こんなの読んじゃダメ~~~」

す、すみません・・・乱暴なもの差しあげたようで・・・・・・( ̄◆ ̄;)

私もこのちゃおは届いたら毎月読んでるんだけど、娘に「委員長って東条くんと付き合ってるの?」とか聞くと、「うん、カレシだよ」とか教えてくれるので・・・なんとも思ってませんでした・・・(^-^;)どうやらうちは乱暴らしいです・・・・・・。ハチクロもなんとか読もうとしてたみたいだし、娘はたぶん私のものはいろいろトライしてるんだよね~きっとね~。私は自分でも年長組のときにブラックジャックを読んでいた記憶があるので「これくらい読めるな」と思ってしまうんだけど「読める」(可能)のものと「読ませたい」(希望)のものはちがうんだね。わたしゃー実力的に可能ならなんでもいいやと思ってたのよね。まあ、うちはこれからもそうだろうけど・・・可能ならいいよってあげちゃうな。でも他のお宅はちがうということがわかったので、これからはママに聞いてからにします。Aちゃんママ、ゴメンね~(^-^;)

娘はそんな感じだけど、息子は普通な気がする。や、もちろん私が普通って思ってることってずいぶん違うって人に言われるけどさ。でも息子は5歳なのでやはりまだ娘には追いつかないところがたくさんあるんだよね。ミステリーが好きっていう流れで娘はコナンも好きなんだけど、一緒に見てても息子はまだストーリーを追えてない。まあ、コナンは幼稚園児にはむずかしいよね。1話分見終わって娘が「あーすっきりした!」って言った真横で息子が「で、はんにんだれだったの?」って聞いたときはおもしろかった( ̄▽ ̄)「犯人あのオッサンだったじゃん」と私が教えると、「ぼく、コナンっていみがよくわからなくてつまんないんだよー」とふてくされていた。娘はコナンの真似がブームで「教えてあげましょう!あなたが犯人です!!」と人を指差すのでやっぱりこれも外ではやめてほしい・・・ね(^-^;)犯人そうそういないから。

ま、つまり何が今日の内容かと言うと、親子でハチクロ見てお正月してますってことだね・・・。あああ~私、子供はオタクに育てないようにしようって思ってたんだけど私が自分でやりたいことをやってるとどうもその方面に行ってしまう気がする・・・・・・。日本に住んでなければオタクになりようがないだろうとタカをくくってたんだけど・・・そんなことないみたいね( ̄▽ ̄;)

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

明けましておめでとうございます2011

今日は大晦日。日本ではもう新年が明けているけど、こちらではあと一時間。

でも実はどうということはない、普段とまったく変わらない一日・・・(^^;)

アメリカやカナダ、モルディブにいた頃もそうだったけど、やっぱり日本のあの年末年始の雰囲気って独特なものがあるんだよねえ。海外ではあんまりないんだよね。

でも今までから考えるとこのスリランカはわりと大晦日雰囲気に包まれている方だと思う。今も外からはずーーーっと太鼓のドコドコした音が聞こえてきて人がなにやら騒いでいるし、爆竹みたいな花火の音はするし、市内の広場では屋外ミュージカルショーもやっていた。スリランカ人の友人は「毎年家族で夜中の11時半からお寺に行くの」と言っていた。日本と同じだね!初詣に行くってことだよね( ̄▽ ̄)やっぱり宗教が同じだと分かち合う文化が多いような気がするよね。スリランカは仏教国なので感覚が似てるなあと思うことは多々あります。それにやっぱりアメリカやカナダに比べるとアジアは共通点がたくさんあって楽だなあ~としみじみ実感することいっぱいあるしね。

まあうちは子供が小さいのもあるから夜お出かけはしないし、ロビちゃんもモルディブに戻ってしまったのでどちらかというとヒマ~な一日。私ががんばっておせちを作るわけもないし(^-^;)、明日のお正月気分も大してないだろうけどそれでも新年は新年だもんね。

今年はスリランカに引越したり、日本に3ヶ月も帰ったりといろいろあった年でした。来年はどんな年になるんでしょうかね~・・・。まったく予測がつきません。私の人生いつもこうだね。

とにかく、みなさまにはいろいろとお世話になりました。

2011年もよろしくお願い致します。

2011年が皆様にとって良い年になりますように。

ちなみに干支なに?平成は何年???(^-^;)この前聞いたのにもう忘れちゃった・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »