« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

読み始めるとクセになるよね

ここしばらく本を読んでいなかった。

でもモルディブのリゾートホテルに行ったときに、ふと思い立ってスタッフにライブラリーってないかな?と聞いてみた。すると、ちょっとだけどお客さんが置いていった本が並んでいる棚に案内してくれた。

私が働いていたときも、世界中から来るお客さまが置いていった世界中の本を集めてライブラリーを作っていて、かなりの蔵書数になっていた。日本人のお客さまが多かったので日本語の本も多数あり、私は片っ端から読んでいた。

うちのホテル、ハウスクローバーでもお客さまが置いていった本を並べる本棚をロビちゃんが作り、すべて保管してある。他のお客さまにいつでもどうぞ、と解放してあるクローバー文庫だ。そこの本も何冊か読んだ。

さて、リゾートホテルのライブラリーは少ししか本がなくて、その中の日本語の本はこれまたほんのちょっとだった。うーん・・・なにかおもしろそうなのあるかなあ・・・と見て「風が強く吹いている」をみつけた。

前から読みたかったけど、文庫で800円以上もするので実は先延ばしにしていた。映画は中村優一が出ているという不順な動機でツタヤで借りて見たんだけどね(^^)ということで、「風が強く吹いている」をいただいてきた。今まで買わずによだれをたらしていたかいがあった。こんなところで出会えるとは(^^)私はこういう、誰かが持ってきた本をもらって読んだあとにまたどこかに置いてきて違う人が持っていく・・・というのが好きである。本だけが人から人へと旅していくのがすごいと思う。ちょっとルパンに出てきたトランプのジョーカーを思い出す。実際この本だって日本からモルディブのリゾートまでやってきて、今度は私と一緒にスリランカまで来たのだ。文庫本にしてはかなりの距離だ。ここからさらにどこまで行けるかぜひ見てみたい。

さて、読み始めたらおもしろくてあーっという間に夢中になって読んでしまった。よかったヽ(´▽`)/三浦しをんさんの本は何冊か読んだこともあるし持ってもいるけど、その中でもとてもよかった。読み始めたら読みクセがついてさらに何か読みたくなったので、子供たちと一緒にコロンボ日本人会の図書室に行った。ここにはすごーくたくさんの日本の本がある。すばらしい♪非常に助かる。

ちょっと前に子供たちと何かの話をしていて貞子の話題になり、「リング」が出始めの頃に読んだので「ママその本昔読んだよ」と言うと、どんな話か教えてと子供たちが頼むので説明したことがあった。でも子供たちに「主人公の人は死んじゃったの?」と聞かれてどうしてもラストがどうなったか思い出せず、次に図書室に行って「リング」があったら読み直すよ、と約束をしていたのを思い出した。もちろん、あれだけ話題になった本なので図書室には2冊「リング」があり、ちゃんと借りてきた。でも一気に「風が~」を読んだすぐあとで「リング」に行くのはちと大変そうだったので合間に「生協の白石さん」を読んで脳みそをほぐした(^^;)このへんが最近若くなくなったなーと思うゆえんである。昔ならきっと一気に「リング」を読んだあとに三島すらいけそうな気がする。合間に箸休めなんて入れなかったよねええ。

そんなわけでただいま「リング」再読中。内容わかってるのに結構怖いよね。でもおもしろいよ。「リング」を読み終えたら次は、やはり一緒に借りてきた「絶対音感」。昔から読む本に脈絡ないのよ(^-^;)

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

気をつけよう

リゾートでのんびりしていたとき、ロビちゃんが部屋のミニバーに置いてあるナッツをポリポリ食べていた。

しばらくしてから置いておいた袋を見て「あれ、さっき開けてちょっと置いといただけなのに、もうアリンコが来てる」と中をしげしげとチェックし始めた。

常夏の場所ではアリンコはすばやくどこにでも来るので「気をつけないとね~置いておくなら冷蔵庫に入れないと」と私も言った。

するとロビちゃんが言った。「どうりでアリンコの味がすると思った」

ひ、ひえええええええ~~~!!!(lll゚Д゚)

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

モルから帰ってきました!

スリランカのお正月休みに入ってから、モルディブに遊びに行っていましたが、昨日の夜コロンボに戻って参りました。

いやいやいや・・・・・・。

今日は朝から大掃除!!途中、モルディブ滞在を延長してしまい、当初10日間の予定が全部で丸2週間に。そして帰ってきたらやはりあちこちほこりっぽい。ハウスダストアレルギーの私と子供たちは早速目がかゆくなり、鼻がじゅるじゅるし、のどがガラガラする・・・(--;)

ということで、今日はまず掃除機をかけ、それから家中すべてモップがけをし、目に付くホコリの乗っている棚はぞうきんで拭き、洗濯機は3回まわした・・・。

いきなり現実!!……(ノ _ _)ノ

モルディブではうちのホテルの一室に泊まっていたのでなーんにもしないでよかった・・・。掃除は従業員がやってくれるし、ごはんも作らなくていい。私はこの、「料理をしなくていい」というのに一番のホリデイを見出した!!ヽ(´▽`)/だっていつもは一日三回、毎日毎日作らなきゃいけないんだよ?!それが、突然やらなくてもよくなったんだよ!!あああ~すばらしい~♪料理をしなくてもいいしお皿も洗わなくていい。使ったフライパンやナベも洗わなくていいし、何を作ろうか悩みながら買い物に行かなくてもいいんだよ!

・・・・・・すばらしかった・・・・・・( ̄▽ ̄)

でももちろんそんなのずっと続きませんからね。今日コロンボに帰ってきたとたんにすっかり日常に戻りました。今日はすっからかんの冷蔵庫のために買出しに行き、ちゃんと昼も夜もごはんを作りましたよ。私は洗濯はあまり苦にならないんだけどねえ。だから洗濯機はどんどんまわしちゃうんだけどねえ。マーレのホテルでも、洗濯機があるので洗濯はマメに毎日やってました。あんまりためちゃうと干す場所ないしね。

そんなわけで、行く前はちょっと心配だったモル行きも(や、だってほら、親戚付き合いとか色々あるから)、行ってみたらとーってもエンジョイしました。ひとつだけ、デジカメの充電器を持って行くのを忘れちゃって、写真が全部携帯撮影になってしまったので、携帯からここに載せるやり方がちと・・・わからない(^^;)でもおいおい研究しつつ写真もアップしながら休み中のできごとを書いて行きたいと思っております。

まずは帰ってきたご報告でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

マーレに行こう!!

学校がスリランカのお正月休みに入ったのでやっとやってきましたモルディブ。実に1年8ヶ月振りくらい。飛行機はほんとにあっという間で乗ったと思ったら降りる感じ?そして到着したマーレ国際空港。正式名称は長いから聞かないでね(^^;;
入国のところには「モルディブ人」の列と「外国人」の列と「ワークパーミットホルダー(就業許可証保持者)」の列がある。もちろんモルディブ人用の列が一番サクサク進むのでちゃっかりそこに並んだ。子供たちはモルディブのパスポート持ってるからね。私は持ってないけど一緒に通してもらっちゃおうという考え。列に並んでるおじさんは私のことをしげしげと眺めてえー?!って顔してたけど、そのへんはにっこりかわす(^_^;)すぐに私たちの番が来て3人分のパスポートを渡すと、管理官のお兄ちゃんがじーっとパスポートを見て「◯◯(ロビちゃんの名前)の奥さん?」と。
えーーーーーていうか私はあなたを知らないんですけどダレ???( ̄▽ ̄;)
入国一発目できましたよ。みんながみんなを知ってる国モルディブ。まあ、小さい島だからねえ〜。
お兄ちゃんが「ビザないの?」と聞くので、ビザっていらないんじゃなかったっけ...モルディブのIDなら持ってるけど、とIDを見せた。でも私のIDは結婚したときに発行してもらったやつで、昔のただのパウチっこのカードなんである。日本だったら今どきカラオケボックスだってもうちょといいカードを出してくれるよね、ってなカードなんである。写真だってもちろん10年前の写真である。彼はカードを見てビックリして言った。「新しいカードないの?」「うん、このID以来一度も更新したことない。」このIDだって期限のところには「無期限」と書いてある立派なカードなのだ。でも数年前に役所が全面コンピューターを取り入れて新しいIDが発行されるようになったのだ。それももちろん知っていたけど、まあ、いっか〜ってうっちゃっておいてたのだ。彼は首をかしげつつ、やはりまあ、いっか〜という感じで入国スタンプを押してくれた。おお〜知り合いでよかったね(^-^)/
そんなわけで今、新しID絶賛更新中!!たまにはこうやって帰って来ないと書類関係がたまっちゃうね。ちなみに到着して次の日の午前中にはすぐさま銀行にも行ったよ。こちらも色々以下同文(^^;;
でもたまに帰ってくるといいね。従業員はみんな太ってるし。なんかみんな大きく育ったなあ〜って思ったよ。うちで辛いことなく働いてくれてるようでよかったよかった(^_^)
そして私もずいぶんのんびりさせてもらってます!!良いホリデイだわ〜♬

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

不思議な粉

子供たちは毎日学校にお弁当を持って行っている。でも実はお弁当じゃなくてスナックという名目で、おやつなんである。その証拠に10時くらいの休憩時間に食べちゃうんである。学校が終わるのが1時過ぎという微妙な時間なので、それまで何も食べないでいるとお腹がすくからスナックなのかな、とも思うけど、それならちゃんとお昼ごはんにすりゃいいじゃん、とも思う不思議な習慣である。イギリス式なのかこの辺式なのかわからないけど、モルディブの学校でもそうだった。そのおやつを10時くらいに食べるので学校が終わったときはもちろん子供たちはお腹がすいてて、お昼ごはんも作らなきゃならないので朝ごはんから考えると4食分である。結構めんどくさい。

そんなおやつなので他の子達はクッキーとかを持ってくるらしい。一応学校では「ヘルシーフードを食べる習慣をつけましょう」というスローガンを掲げてはいるんだけど、平気でチョコレートバーとかの子もいるらしい。や、クッキーですむんなら簡単だし、どうせ家に帰ってきてお昼ごはんをべつに食べるんだからいいかもと思うんだけど、うちの子供たちは「ちゃんとしたものを食べたい」と言うので「ほんじゃ」とごはんを詰める日が多い。大体ごはんにふりかけか混ぜるおにぎりの素でおにぎりにして、おかずをちょっと入れる。でも日本みたいに冷凍のグラタンとかはないので、簡単にたまごやきとか前日の夕飯の残りのお肉とかね。

外国に住んでいると、おにぎりを食べているところを見た学校の子に「それなに?」と言われていやだからサンドイッチにしてと子供が言う、という話をよく聞く。うちもいつかそうなるかな~と思っているけど、ここはアジアだしインターナショナルスクールで実に色んな子がいるので、あまり人の食事をからかうというようなことはないらしい。アメリカなんかみんな判を押したように茶色い紙袋の中にジップロックに入れたサンドイッチとリンゴ、とかだもんね。おにぎりはその中ではさぞかし目立つだろうね、とは思うけど、ここでは液体がもれないしっかりしたタッパーにカレーを入れてきて手で食べてる子だっている。韓国海苔巻きを食べてる韓国の子もいる。ベトナム春巻きを食べてるベトナムの子もいる。パスタを食べてるヨーロピアンもいる。なので、うちの子供たちも「ごはんがいい」と言うし、まあ私もへんなお菓子を食べるよりはねえ、とごはんをペタペタ詰めて持たせる。

するとある日娘がふりかけを余分に学校に持って行ってもいいかと言い始めた。あんまり多いとしょっぱいよ、と言うとどうやら違うらしい。最近は日本食の知名度がグンと上がっていまや誰でもスシ、サシミくらいは知っているようになった。私がアメリカに住んでいた頃は「日本なんて野蛮な国」とマジで言われたことがあったくらいだったけど、最近は日本のイメージがずいぶん変わった。「質がいい」「ヘルシー」「ていねい」「かわいい」と、みんなが日本の物に一目置くようになった。そして、お金持ちの家の子が多いこの学校の子たちはみんな日本食レストランで食べたり日本に行ったことがあったりして日本に興味があるんである。そんな中、娘がふりかけを持ってきて学校でごはんにふりかけて食べているのがとても不思議なのらしい。日本ではおなじみの個包装されたふりかけで、ポケモンとかプリキュアとかこちらのぬり絵に比べたらとても質のいい絵が小さな袋にキラキラ描いてあり、その袋だけでもかわいいのに袋を開けて中身をサラサラとごはんにふりかけるとある日は黄色、ある日はピンク、ある日は緑の不思議なものがごはんに降り注ぐんである。それをおいしそうにお箸で食べる娘を見て一緒に座って食べている子たちは「それナニ?!?!?!?」と群がってくるんだそうだ(^^;)たらこふりかけでピンクだったときは「からいやつ?チリパウダーなの?」と聞かれたそうだけど(ここではチリは日常だからね)、他のやさいふりかけの緑やのりたまの鮮やかな黄色はわけがわからんのだそうだ。

確かにふりかけってそのものズバリが英語圏の国にないから、英語の名前がない。色んな単語をつなぎ合わせて説明するしかない。もちろん、ないものはいくら説明したってわからないよね。そこでみんなが「ちょっと、ひとくち食べさせて」となるのだそうだ。そこで娘がひとくちあげたところ、「えーーー!?!?おいしーーーい!!!」となり、みんなが順番にちょっとずつ食べたそうで、しかも「なにこれ???このライスすごくおいしい!なにかちがうライスなの?!」とごはんにも驚いたそうなのだ。確かに、ここのライスはパサパサでそれ自体には大した味はなく、でも匂いはあってカレーとかおかずをぐしゃぐしゃに混ぜ込まないとおいしく食べられない。以前にもスリランカ人に「よく白いライス食べられるわねえ、まずいのに」と言われたことがあるけど、そりゃこっちのライスじゃとても白いままでは食べられないものなのだ。ここの学校でも「どうやってスシライスを作るのか?」と色んなお母さんに聞かれる。お寿司は何かを乗っけたり巻けばいいから簡単と思ってやってみても、何度やってもライスがおいしくできない、としょっちゅう相談を受ける。まあねー、日本の酢飯の感覚を知らない外国人には口で説明しただけじゃ作るのは難しいだろうなあとは思う。自分だって実際にやって見せてもらわないとできないと思うんだよね。

まあそんなわけで、娘が休憩時間にお弁当箱を開けるとみんなが寄ってくることになり、その小さなふりかけの袋をちょうだいと言う子たちがいっぱいいるのだそうだ。娘は「きちょうな日本のふりかけだから、仲良しの子だけにあげるの」と言って、ある日二袋学校に余分に持って行った。でも次の日、ふりかけをあげているところを見た「クラスの女王様的な子」が(娘が本当にそう言った)「なんで私にもくれないの」って言ってきたからしょうがないから持って行く、と言ってもう一袋持って行った。すると、「今度はその女王様的な子が日本で買ってきてって言うんだよーずうずうしい!」と怒りながら帰ってきた。まあまあまあ(^^;)「しかもおにぎり一個ちょうだいとか言うんだよ!」とかなりご立腹。確かに二個しか持ってってないおにぎり一個あげちゃったらねえ、たまごやき一切れちょうだいってのとはちょっと違うよね。

学校のイベントでも、お寿司を食べたい子供たちからうちの子供たちに「お母さんにお寿司作って持ってきてもらって!」と頼まれるらしい。そしてお寿司とおにぎりの区別がつかないみんなは海苔の巻いてあるおにぎりもお寿司の弟分か何かだと思ってるんだろうね。というわけで、今日のお弁当もちょっと余分にごはんを詰めた母でした。みんなで仲良く食べ(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »