« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

スパナチュ英語教室

スーパーナチュラルを見るとき、DVDに字幕がついているものは字幕も出しながら見ている。字幕も英語だけど、聞いてるだけより一緒に読んでるとずっとわかりやすい。知らない単語というのは耳に聞こえてこないものなので、知らないといくらがんばって耳をすませてもなかなか正しいスペリングを聞き取れないものなんである。その点、字幕を一緒に出してるとすごーくわかりやすい。日本語の字幕だと読んだら頭の中が日本語になっちゃうので逆によけいこんがらかる。なので英語の字幕で見て、知らない単語があったらポーズで止めて辞書を引いている。でも最近はどうも物覚えが悪いので昨日辞書引いた単語が思い出せない、というのがしょっちゅうあるので、辞書を引いた単語をノートに書き始めた。うーんなつかしい。アメリカに住んでたときもカナダに住んでたときも私はテレビっ子でテレビのドラマを見ながら辞書を引いてノートに書いていたっけ。20年経ってまったく同じことをやってるんだから進歩がない(^^;)ロビちゃんなんかは「辞書引きながら見てるのー?そこまでして見なくてもいいんじゃん?」と言うんだけど、わからないまま進む方がストーリーが気になってよけいいやなんだよねー。

ただ、こっちで買ってるDVDだから字幕がついてないのもあって、字幕がないとやっぱりわからない。ので、字幕がある分だけちょこちょこ辞書を引く。そんな中で覚えた「スーパーナチュラル用語集」

まずすぐ覚えた単語。

Cremate:火葬

スパナチュでは幽霊を浄化させるのに、遺体を捜し出して塩で清めて焼くという手順(Procedure:これもよく出て来る)を踏んでいる。まったくもって日本ぽいので私たち日本人にはおなじみだけど、土葬が普通の欧米では毎回通用していて幽霊はあっさり退散する。日本のだともっと怨念が強そうで燃やしたくらいじゃあ退散しなさそうだけど。ま、大体日本は死んだら火葬が普通だしね。なので、ディーンとサムはしょっちゅう墓を掘り返すという重労働を強いられている。しかしてCremateと聞くとつい(火葬=科捜研の女)で沢口靖子の顔が浮かんでしまう。遺体つながりだから余計なのだきっと。くだらないダジャレでスンマセン。

grudge:恨み、遺恨、怨恨

いいね、これは使えそうな単語だよね。よくディーンとサムがふたりで遺族に聞き込みに行って「誰かに恨みを持たれていませんでしたか?」と使う。日常的にもとても使いそうだけど、今まで知らなかった。ひとつ利口になった。

しかして話がだんだん佳境に進むにつれていったいいつ使うんだよ、という言葉が連発で出てくる。しかももちろん聞いたことない単語だからいちいち辞書引いちゃう。

pagan:(キリスト、イスラム、ユダヤ教徒ではない)異教徒

へえ~やっぱりこの三大宗教はまとまってるんだねえ。

apocalyps:黙示録

や、だからいつ使うんだって。

resurrection:キリストの復活、(死者の)復活

おお~黄泉がえりだな~。もしくはゾンビ。

purgatory:(カトリック)煉獄、浄罪界

てか、なんて読むの???って最初思った。国語辞典も引かんといかん。たぶん英語圏に住んでたってチャーチクラブとかクリスチャンクルセイダーとかに参加してないと絶対使わないよなー!と思うんだけどね。

で、ディーンのたとえ引用。

howitzer:曲射砲

日常的にどういうシチュエーションで使うんだっつーの。

kibitzing:(トランプの持ち札を)肩越しにのぞく

カジノに行くか・・・もしくは麻雀で使えるかな???

douche bag:doucheは医療用語で注水。「アイツはdouche bagだ!!」というようにどうしようもないヤツ、って感じで連発してるスラング。だーかーら、いつ使うんだ(以下同文)。

と、非常にお勉強になっている・・・ような気がする(^-^;

また、天使のキャスはとてももったいぶった言い方をするので、これまた新鮮な言葉がいろいろ拾える。私はこういう理屈っぽいキャラは結構好きなんだな。たとえば「どうしてこんなabomination(嫌悪感を引き起こす)なヤツと行動を共にしなきゃいけないのか」とか言う。「コイツと一緒に行きたくない」とか「コイツ好きじゃない」という言い方をしないんだね。わざわざabominationみたいな、いわゆる「long word」長くてこ難しい言葉を使う。おもしろい(^^)

しかして、子供の頃にやったキリスト教の勉強がこんなところでテレビドラマを見るために役立つとは、人生なんでも損はないなーと思ったりする。逆にこういうミーハーでよこしまな気持ちの方がよっぽど勉強に身が入るのでこれからも一所懸命辞書を引こう( ̄▽ ̄)てか、一回目はストーリーを追っちゃってどんどん見るから二回目からちょこちょこ止めて辞書を引いたりするのでスパナチュだけで相当な時間を費やしてることになる。字幕が出ないDVDを買っちゃったシーズンは字幕付きのしかも画像のクオリティが高いDVDを買い直そうかとも考えているので、全シリーズ字幕チェックできたらいいなあ~~~というのがいまの密かな野望である。でもロビちゃんがあきれているのでロビちゃんがマーレに帰ってからにしようね(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

天使オールスター総出演(ネタバレ注意~)

やっとこさ「スーパーナチュラル」シーズン5を見終わってシーズン6に突入した。シーズン5は結構宗教的になってきてた。やはり欧米で悪魔退治とかの話だとどうしても聖書になっちゃうんだね。シーズン5はもうどんどん悪魔と天使が出てきて、これキリスト教知らない人が見たらわかりにくいとこいっぱいあるだろうなーなんて思いながら見てた。

娘は怖がりなので見たくないんだけど、話を知りたがる。で、私に一所懸命あらすじを聞く。私が「そこで天使が出てきてね、今回は天使ザカリヤでね」と話をしていたら、ロビちゃんがこっちを見た。「ザカリヤ?イスラムの名前だよ?」

「そうだよ、イスラム教とキリスト教とユダヤ教は最初の根っこは同じでそこから枝分かれしたからね、特にイスラム教とキリスト教は旧約聖書なんかはまったく同じじゃん。違いはイエス・キリスト、つまりジーザスは神からのメッセンジャーであって神の子供ではない、っていうのがイスラムの見地ってとこだよ。だからジーザスのへんまではキリスト教と一緒なんだよ」と説明した。もちろん、イスラムでもジーザスは神からのメッセンジャーとして、聖人のひとりとしてあがめられている。シーズン5に出てくる天使と悪魔は大体旧約聖書からなのでイスラムとも同じなんだよね。天使の名前も決まってくるから、「まだラファエルが出てきてないな」とか、「おお、こいつがガブリエルかーちょっとイメージと違うなあ」とか登場人物の先が読めてしまうのが難だ(^-^;)しかもやっぱり悪魔のルシファーが出てきて、もうこういう類の話でルシファーを出さないではストーリーは作れないのかなーとか余計なことを考えたりしてた。

そんなこんなで私が娘にストーリーを説明してたら、

「ぜったいそんなドラマ、ワタシは見たくないね」とロビちゃんがぽつり。

うーん確かにロビちゃんにとっては冒涜もいいところのドラマだよねー(^^;)毎回血は飛び散るしさー、アークエンジェルだって殺しちゃうしさー。

というわけでいつでもハラールな奥さまでした。

個人的には天使キャスティエルがいい味出してるんだな~これが!ディーンといいコンビでステキo(*^▽^*)oトレンチコート着てるところがちょっと「ベルリン天使の歌」のパクリなんだけど、でもいい感じのおじさんだよねえ。いまどきの子は「ベルリン天使の歌」とか言っても知らないんだろうなあ。このドラマを作ってる人たちが私と同じ世代ってことだよね。あと、題名で「Sam Interrapted」ってのが笑ったかなあ。好きな本とその映画の題名のもじりだから。他にも細かいせりふで笑えるところがいっぱいあるんだよね。そうそう、さっき見たばっかりの話で死んだ刑事がハッチ刑事だったし~。こういうところ、アメリカドラマを見てきた者としては楽しいんだよね。

でも内容はどんどんタイヘンなことになっちゃって毎回ぐわー!!ってなって見てるから疲れる・・・。ああ~シーズン6全部見ちゃったらどうしよう~~~。

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

もう1匹にゃ

猫を飼い始めると、どうも猫が寄ってくる。

これは、日本の実家で昔猫を飼っていたときもまさにそうだった。どこからともなく集まってくるんである。

そして、ここでもシュガたんを飼い始めたとたんに、ある日突然オス猫が現れた∑(゚∇゚|||)ほんとに、ある日突然「ニャー!」と外の道路でないてたんである。オス猫なので体はシュガたんよりもデカイ。でも若い感じ。そんなにおじさん猫ではないように見える。まだちょっとスリムだから。のら猫にしてはものすごーく人なつっこくてにゃーにゃーついてまわってはごはんをねだる。仕方ないのでシュガたんが残した食べ残しをあげるようになった。

その名もそとニャン。そのまんまや(^^;)

さて、そとニャンはいつもお腹をすかせていて、あまりの人なつこさにどうしてもうちに入りたくて、とうとう屋根を伝って窓から入ってきてしまうようになったΣ( ̄ロ ̄lll)屋根側の窓を閉めると、試行錯誤の結果、階下の庭に回りなんとベランダから家に入ろうとするようになった!そしてシュガたんとなにやらふんふんと仲良くやっているので「こりゃー妊娠したらタイヘン!!」と慌ててシュガたんを動物病院に連れて行って避妊手術をした。すまんシュガたん。でもさすがにどんどん赤ちゃんが出て来てもらっちゃあ困る。

そとにゃんはどんなに外に出しても出してもまた家に入ってくる。第一、窓を閉めてたら暑くてかなわないので開けるしかない。開ければそとニャンは普通に入ってくる。

もう負けた(-_-)

まあ、シュガたんはもう妊娠しないし、二匹は仲良しなのでもうよしとしよう・・・。

ということで、夜とかは外に出すから「はんぶんそとニャン」になった。んで、よく食べるんだ、コイツが・・・(^^;)なんか扶養家族がどんどん増えてく気がする・・・。

Sotonyan

うちですっかりくつろぐそとニャン(^-^;)おい。顔が歌舞伎役者というかエジプシャンぽいのはアイラインのせいでしょーか。シュガたんと同じく左手だけ長そでの柄。変なとこおそろいなのよね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

芯まで腐ってきました

もはやスーパーナチュラルが好きなのかディーンが好きなのかわからなくなってきた・・・。

ぜひアマゾンで、ディーンもといジェンセン・アクレスが出ている映画「いけにえ」を買おう。

こうやって「私ホラーって見ないんだよね」と言いながらホラーを見ていく自分。「いけにえ」だよ、「いけにえ」。もうちっとひねろうよねえ。

そういえば同じ経緯で「富江」も見たんだったなあ・・・・・・( ̄▽ ̄) 遠い目。思いっきりB級ホラーで笑ったっけ。

ジェンセンは「Days of our Lives」に出て注目されたというプロフィールを見てビックリした。この「Days・・・」は私がアメリカに留学していた頃(20年前!!)すでに放送されていたお昼のメロドラマで、絶大な人気を誇っていた。もう、アメリカ女性は全員見ているんじゃないかってくらい、みーんな見ていた。ほんとにみんな。私は大学の寮がオープンするまでのちょっとの間ホームステイをしていたんだけど、その家でももちろん毎日見ていた。もう、この時間にはテレビの前に座らなきゃ、っていう感じだった。題名のとおり「Lives」なので、登場人物それぞれの人生を追っていく群像劇でもうどうにでも続けられるという超ロングドラマだった。そしてモルディブのリゾートで仕事をしているときも、まだやっていたらしい。リゾートからオーストラリアに遊びに行ったときに機内で見た映画の中で、「ねえ、昨日のDays of our Livesの内容教えて」というせりふがあったのだ。まだやってんの?!とめちゃめちゃ驚いたのを覚えている。ジェンセンはもちろん後半で出ていたので、きっとその頃出ていたのだ!!彼の若い頃の画像をいくつか見たけど、もーすっごくかわいい!!美しい!!キレイ!!あーんな彼があの、なんでもありの次から次へとハプニングてんこ盛り昼メロドラマ「Days of our Lives」に出ていたなんて!!!しかもそれで注目されてなんか賞を取ったのだそうだ。

ごわ~~~見たい~!!!o(*^▽^*)o

でもね、DVDもなにもあるわけないんだよね。だって軽くみつもっても絶対15年くらいやってたドラマなんだもん。しかも毎日だよ。毎日の昼。週一回とかじゃないからね。とんでもない量だ。ジェンセンが出ていた年はわかるからそれで探せるけど絶対ソースは見つからない気がする・・・。見てた人いいなあ~どんな役だったのかなあ~。ほんとになんでもありだったからなあ~あのドラマ・・・・・・。でもきっと20代前半くらいだったろうからできる役は限られてくるかな・・・・・・。でも個人的には若いときもキレイだけど今の方がいいな♪やっぱりディーンがいいのだ(^^)

ジェンセンは「ダークエンジェル」にも出ていたので、「スーパーナチュラル」が終わったら次は「ダークエンジェル」なのか???自分???と思うとちょっと怖い・・・・・・\(;゚∇゚)/だからアメリカドラマは見ないようにしてきたのにー!!!ちっくしょー!!!と思っていたら、このDVDを貸してくれた友達に「自分もはまっったから、人にも菌をばらまいて中毒者を増やしてるんだよ~ふふふ」と言われた・・・・・・(^^;)してやられた・・・・・・。でもねー最近しばらくこういうときめきが少なかった気がするからねー、これはこれで実は楽しいんだよねーあー・・・・・・。実はいろいろ彼の画像を見ていたらほぼヌードの写真があって鼻血モノだったのでダウンロードしたかったんだけど、絶対ロビちゃんマジで心配するなと思ってやめたんだよね・・・。カレンダーも売っているらしい情報を入手。でもカレンダーも貼れないしなー・・・ロビちゃんが来たらはずすとか・・・・・・。おいおい(^-^;)余計あやしい。しかしテレビの人なんだからあんまり心配しないでほしいんだけど、モルディブでは映画に出てる人もフツーにマーレを歩いてお茶してるから(ま、狭いとこデスから)、ロビちゃんは本当に心配しちゃうんだよね。でもそんなこと言ってたら、韓流ドラマにはまってる友達に「なに言ってんのー、だんなが帰ってきたら即DVD止めて隠してるよ。基本だよ」と言われた。あははーそんなもんなんだねーヽ(´▽`)/

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

勝手に題名遊び

久しぶりにアメリカドラマを見ていてふと、昔は色んな邦題があったなあと思った。
そこで、年代別「スーパーナチュラル」を勝手に考えてみた。

もし1960年代だったら・・・
「フシギ大作戦」

1970年代
「ハンター野郎 サム & ディーン」

1980年代
「カンザスライダー ・デーモンハントZ」

1990年代
「ウィンチェスター家の事件簿 父ちゃんの名にかけて!」

2000年代
「アメリカ全土で悪霊退散を叫ぶ 〜もしも家業が悪魔祓いだったなら〜」

2010年代
「絶対悪魔 3D」

番外編
「スパナチュ ミュージカル 2」

「ハンティング・アイドル! アイ・マイ・ディーン♥ in Sam's キッチン♬」

個人的には番外編が見たいかも(^^;;

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

やっぱり中毒

昨日、買い物に行った。一応ショッピングモールという名のちょっとさびれた感じのお店集合体みたいなところ。ここの中にはDVD屋さんがたーくさんある。ちょっと覗いてみよう。ちょっとね。

ちょっとと思いつつ、なるべくテレビドラマシリーズのDVDを置いてあるお店に行ってみる(^^;)結構テレビドラマのDVDを売ってるのは知ってたんだけどね。ほら、なるべく見ないようにしてたからさ。

さて、棚をじっと見てみる。じっ。

あっ・・・あった・・・。

「スーパーナチュラル」・・・。シーズン6と箱に書いてある。レジのお姉さんにその箱を見せて聞いてみた。

「これ、他のシーズンも売ってるの?それとも新しいのだけ?」

「もちろん、1から6まで売ってるわよ。あなたが全部買うならシーズン1から6までで特別に3000ルピーにしてあげる」

お、おおおおおおおおおおおおおおおお~。

やばかとね~・・・・・・・・・。

私はモルディブやスリランカでDVDを買うときは必ずお店で再生してもらって中身を確認してから買う。たまに再生できないやつとかがあるからね。そこで、シーズン2をちょっと見せてもらった。画像はまあまあ・・・あまりクリアじゃないけどそこまで悪くもないかな、という感じ。たぶんテレビを録画してCMを抜いてまとめたやつだ。だからもちろん字幕もないけどとりあえず続きを見ることはできるよね~・・・。だって、シーズン1の終わり方ったら続きがものすごく気になるし~・・・。♪この~木なんの木気になる木~♪って歌ってる場合じゃないよ。ロビちゃんが今月コロンボに来るときに、マーレの友達から続きを全部持ってきてくれるから、とりあえずそれまでに見られればね・・・そうそう、それまでね・・・。

そしてシーズン2と3を買ってしまった・・・。シーズンふたつでも、お姉さんはディスカウントをしてくれてふたつで1000ルピーにしてくれた・・・。ありがとうお姉さん。

昨日の夜は子供たちを寝かせてから夜ゆっくり気になる続きを見た。ぎゃー!言いながら(^^;)んでやっぱりお兄ちゃんカッコイイ!!ステキ!お兄ちゃんラーブ!!!さあ、生活が終わります・・・。どっぷり・・・・・・。

| | コメント (11) | トラックバック (0)
|

アメリカドラマ封印崩壊

最近とんとブログを書いてなかった。

その理由と言えば!!

先月マーレに行ったときに友達にDVDを借りて、それを見ていたからなのだ!!

最初は日本のドラマ「絶対彼氏」を適当に見て肩慣らしをしたとこで、とうとう「Supernatural」をスタートした!!これはアメリカのドラマで、私は長ーい間、アメリカドラマをわざと見ないようにしていたのだ。なんでかって、はまっちゃうからね。で、アメリカドラマのおもしろいものはどんどん続けるから長いからね。半端なく長い。そんなの見始めちゃったら日々の生活はどうなるの?!と思ってぐっと我慢して見ないようにしてきたのだ。

でもやっぱり手元にあると見たくて、DVDをプレイヤーに入れてしまった。

そしてもちろん、はまったー!!!

ヤバイーーー!!!

もう大人だからさ、誰も怒る人いないし、一気見!!午前中子供たちが学校行ってる間はもちろん、夜もずーっと「Supernatural」!!これは悪魔や幽霊退治をする兄弟の話なので、子供たちはものすごく怖がって私が見ると「ママ、やめて!!」と怒るのでなかなか見れない。でも日本のホラーみたいに怖くないので私は平気。そりゃそうか。しかもこの脚本家か監督は絶対日本映画のファンで、ところどころに日本の映画のパクリが見られる。どう見ても貞子ってのも出てきたし、呪怨みたいなのも出てきたし、お清め&結界に塩を使ってるし、ナウシカみたいに虫が出てくる話もあれば、ひとつなんて最後のセリフがまさにカリオストロだった!!もう見ててオーイ!!って感じ。本当に日本の映画やマンガや文化は世界的になったんだなあ~としみじみ感じる中、もうちょっとがんばれーと応援の声も自分の中から出たりする。でもこういう幽霊退治みたいな話は日本のマンガでもゴマンとあるもんね。ホラーとか魔物退治は日本の得意ジャンルなんだなあとこういうところで真似されてるのを見てもしみじみ感じる。第一安部清明の陰陽師からして歴史があるよね。こういうことにかんしても。

そんなわけでいろいろツッコミを入れながら見ていたんだけど、だんだんはまってきた。兄弟で車でアメリカ中を移動しながら悪魔退治をしていくんだけど、このお兄ちゃんがいいヽ(´▽`)/ステキ♪弟はちょっと私好みじゃないんだけど、怖い怖いって言いながらちらちら見ている娘は弟の方がかっこいいらしい。人の好みっていろいろだねえ~ほんとに。このお兄ちゃんは結構バーン!とやられちゃったりしてそのへんも私は好きだ(^^)人間味があって顔もセクシーキュート!とすっかりはまって毎回わくわく見ていた。

そしてちょうどさっきシーズン1の最終話を見終わったんだけど、「えー?!どうなっちゃうの?!」というところでテロップが流れてきたのでさらにたまげた!!!これで終わり?!?!シーズン2まで引っ張るの?!?!えーーー!!!今借りてるDVDはシーズン1だけだからこれしかないのにこんな終わり方?!?!気になって眠れないじゃないかあーーー!!!ひどいーーー!!!とさんざんテレビに向かって文句を言ったばっかりだ。これがもしアメリカでリアルタイムで見ててシーズン2再開まで待てと言われたらもっと叫ぶね、わたしゃ。今はDVDを手に入れさえすれば少なくともこの続きはすぐ見られるけどさ。でもここにいるとそうすぐにも手に入らない!もう今ツタヤに走りたい!!(><)

ネットでチェックしたら「スーパーナチュラル」は今すでにシーズン7まであった・・・。7!!なな!!現在シーズン7をアメリカで放映中らしく、終わっていない。あああ・・・道のりは遠い・・・・・・。だからアメリカドラマ封印してたのにー!でもおもしろいからもういいや。意を決してきちんとはまろう。先週もスーパーナチュラルを見るためにピザハットにピザを頼んでしまった。もうごはん作ってる場合じゃなかった!子供たちは「ピザ~!」と喜んでるし、まあいいじゃないかと。シーズン7かあ・・・・・・生活終わるね。またね。でももう貸してくれた友達からロビちゃんに続きを渡して、ロビちゃんが今月コロンボに来るときに持ってきてもらうように頼んだ。あ~~~~~ロビちゃん早く続き持って来て~~~!!死む~~~!

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

写真がない理由

今回のモルディブ行きの写真をブログに載せたいのだけど、実はどう載せたらいいかわからなくて悩んでいる。

というのも、実はデジカメのチャージャーを忘れていっちゃったんだよね。マーレに到着したときにはもうほぼ充電がない状態・・・。

なので、ほとんどi-phoneで撮ったのだ。

i-phoneからFacebookは載せ方がわかったのでそちらにアップしてるんだけど、ブログに載せるのがわかんない。ブログにはいつもPCに一度入れてそこからサイズを直して載せている。これはWindowsなのでi-phoneから取り込めない。

ということで、Facebookに順番に載せてます。よかったらそちらで見てみてね。

次からは旅にチャージャーを忘れていかないようにしよう・・・(--;)

でも携帯のチャージャーにi-padのチャージャーに一応念のため持って行くぜんそく用のネブライザーのチャージャーに・・・となんだかいっぱいあったんだよう(><)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »