« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

息子が熱出した~

ホームワーククラブのおかげで、これから平日は毎日自分の時間がたっぷりだ・・・と思った矢先。

今朝息子が熱を出した。

あらららら~( ̄Д ̄;;

お弁当を作っているときに起きてきて、「ママ、ぼくねつっぽいからねつはかって~」と言っていたんだけど、「ちょっと待って、これ作っちゃうから」ととりあえず作ってからおでこを触ったらあら、ほんとにあったかい。あわてて体温計を持ってきて計ったらなんと39度。

え~結構高いなあ~。

とにかく娘の準備をして今日は歩きじゃなくてスリーウィラーに電話して来てもらい、息子を家に置いてダッシュで娘を学校へ。そしてダッシュで家に戻ること約10分。息子もまあ日本では1年生になったので10分くらいなら家に置いていけるようになった。前はやっぱり置いてはいけなくて、誰かひとり具合が悪くなると元気な方も私が学校へ送って行けなくて休んでたんだよね。

さて、自分の朝ごはんを食べてから今度は息子を連れて病院へ。新年度が始まって学校が忙しくなったから、その疲れが出たのかなあとぼんやり考える。とにかく、デング熱じゃなければいいんだけど、デングは熱が出始めてから3日くらい経たないと検査できないのでまだわからない。それでも早めに病院には行っておいた方がいいよね。

病院に着くと、息子が「Aくんもこのまえねつがあったし、Bちゃんもねつがあったよ。みんなプールでうつるんだよ」と言う。そっか、熱の風邪が流行ってるのかな。それなら逆に安心なんだけど。

今日診察してくれた先生は女性で、息子がぜんそく持ちだと伝えると、熱が高いからこのあと肺炎にならないように気をつけないと、と言う。うんうん、肺炎ね、とうなずいていると「マイコプラズマも可能性が出てくるから、ならないようにしっかりみて」と言う。マイコプラズマ肺炎ね、知ってる、と言うと先生が「あなた知ってるの?すごいわねえ」とビックリ。だって、自分が子供の頃なったことあるんだもん。それに英語でそのままマイコプラズマだったからわかりやすい。肺炎って英語も調べてあるからわかる。このへんのはマーレに住んでいたときに自分が知識がないとどうにもならなかったから色々勉強したんだよねー。おかげで医者の言うことがずいぶんわかるようになってきた。前は何言われてるのかちっともわかんなかったけどね。

ぜんそく持ちだと大体風邪を引いたあとぜんそくに移行することが多いので、そのへんは私も考慮して日本のいつもの小児科医からオノン(ぜんそく予防薬)をたっぷりもらってきたんだよね。でも今回のこのスリランカの先生もぜんそくを予防するくすり、っていうのを処方してくれた。名前は長くてしかも先生の手書きがぐにゃぐにゃで解読が大変なんだけど、オノンなのかなあ・・・よくわからない。くすりの名前が日本では薬剤会社が勝手に商品名をつけちゃうから英語とぜんぜん違うんだよね。日本の先生にも今回「どうやって向こうで同じくすりを見つけるの?」って聞かれたから、「くすりの名前を英和訳できるサイトがあるんですよ。そこで名前や成分を訳して同じくすりかどうか判断できるんです」と言ったら「そんなサイトがあるんだ?!へえー!」とビックリしていた。日本で開業してるだけだったら日本名だけでいいのかな?なんか学会とかで発表とかなら英語にしなきゃならなくて医者は日常的に薬品の学名みたいなのを知ってるのかと思ってた。あ、でも学会で発表するような人は開業してない研究者なのかな?とか色々考えた。ネットではなんでもできるってことだね。

病院では日本人の友人と息子さんにばったり会った。彼女の息子さんもやっぱり熱。日本人学校でも熱出した子がいるとのこと。やっぱり風邪が流行ってるのかな。でもそれを聞くと逆にデング熱じゃないかもって思えてなんだか安心(^^)

息子の熱が早く下がってくれればいいんだけど、ちょっと高熱でつらそう。そして今日の午後のピアノへ娘をどうやって連れて行くか、だ・・・(-_-;)娘を連れてダッシュで行ってダッシュで戻ってくればまた10分程度ですむから息子を寝かせて行くかな・・・。こういうとき大人ひとりで子供がふたりいると身動き取れなくて困っちゃうね。猫のカリカリも実はもうないんだけど買い物にも行けないし・・・。シュガたん、ホーピー用のドッグカリカリならまだあるんだけどそれ食べないかなあ~。あとでためしにあげてみよう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ホームワーククラブへ行こう!!

宿題。子供はみんなきらいな宿題。

私だってきらいだ(-_-;)

大人になって学生じゃなくなった瞬間から、もうお勉強しなくていいんだ~ヽ(´▽`)/と思っていたのに。

最近ずーっと子供たちと宿題をやっているのだ。

なんで私がこんなに???ていうか宿題って子供の頃こんなに親にみてもらったっけ???と、色々考えてみる。娘はまだいいんだよね、授業でわかんなくても私がちょっと説明すると飲み込みが早い、で「あっじゃあこれがこういうことだからこっちはこうなるんだね」とその次までわかる。

しかーし。

息子である。息子はちーっともわかっていない。いっくら説明してもなかなか理解しない。始めは英語だからなのかなと思っていたんだけど、よーくみているとどうやらそうでもないんだね。たとえば日本のテレビを見ているときに、「え、ママ、いまのどうなったの?」と聞くことが多々ある。説明しても「ふーん・・・。で、どういういみ?」と聞き返す。言葉が難しいのかなと思いきや、セリフなんてない見たままでわかる場面でも「いまのどうなったの?」と聞いたりするので「だっていま一緒に見てたよね?!」ということになる。

根本的な理解力の違いなんだね。

しばらくは「だいじょうぶかいな~」と心配だったんだけど、統計を集めてみるとどうやら男の子はこういうタイプが多いらしいことがわかってきた。他のママに聞いてみても、「上のお姉ちゃんはしっかりしてて理解も早くて自分で何でもやるけど下の息子はぜーんぜんダメ」という話が多いんである。しかも「えっどういういみ?」とまったく同じように聞き返すという話もうちだけではなかったので、どうやら男の子の特徴かもしれないとわかってきた。

でも、困るんだよねー(-_-;)宿題の意味もわかってないと。

息子は7歳だけどこっちの学校で3年生になり、ぐっと宿題も増えた。毎日出るときもある。そしていくら教えてもちっとも進まない。特にEnglishの宿題がダメで、「えいご、わかんないもーん。キライ」とやる気ゼロ。算数はくもんに通ってるおかげで学校のはあっという間にできてしまうのでいいらしいけど、逆にくもんの宿題がたくさんあってそれにてこずっている。まあくもんのは実際の学年よりずっと先に進んでいるので、身になっているかな、と思う。でも英語は私にとってもも第二外国語だし、これが正解かと言われると私も自信を持てない部分がたくさんある(まあ算数もそうだけど)。そして何よりも私は人に何かを教えるのがとーくーに苦手なので一緒に宿題をやるってのが苦痛でしょうがない!何度説明してもえ~?とか言うし、もうこれは宿題という姿をした私の忍耐を計るテストなんじゃないかと思うくらいである。毎回頭の中で「落ち着け~落ち着け~」と呪文のように繰り返しながら怒らないように教えるのがめっちゃストレス!!!

しかも娘のくもんもどんどん進んで分数とかになってきて私も頭が痛くなってきた。こんなの何十年もやってなくて急に聞かれてもえっ?!てなっちゃう。本当に算数はダメなんだよね~私。

英語も、ネイティブの家庭教師でもつけたほうがいいのかなあ。家では日本語、学校では英語、って分けたいんだけど家でも英語で話した方がいいのかなあ~。と色々悩んでいた先週。

あるお母さんからホームワーククラブに行けば?と言われた。

なにそれ???初耳!!と思い聞いてみると、学校が終わった放課後、クラブ活動をやっている時間帯にホームワーククラブと言って先生が宿題を一緒にやってくれるクラブがあるらしい。学童みたいだね。まあクラブ活動が終わる3時までだから日本の学童に比べたら短いけどでもいいじゃん!!

ということで学校のオフィスにくわしいことを聞きに行ってみた。ホームワーククラブは学校がある毎日、放課後教室でやっていること。参加する生徒はお弁当を食べたらホームワーククラブの先生と一緒に教室に行ってそこでみんなで宿題をすること。他のクラブ活動とは違って申し込みとかはなく、いつでも参加したいときに行けばいいこと。

すばらしいo(*^▽^*)o

これだよ、これ!!!先生にみてもらって、宿題は学校で済ませてくればいーんじゃん!!もううちでギャーギャー私もストレスためながら辞書引き引きやらなくてもいいんだよ!しかもクラブ活動は最多週3日までなんだけど、クラブ活動がない日はこのホームワーククラブに行けば、つまりは平日毎日子供たちは午後3時まで学校にいるということになる。4年生と3年生だったら日本の学校だって3時くらいまでいるもんね。午前中の休憩時間に食べる用のスナック(軽食)とお昼のお弁当のふたつを作って持たせれば、朝ふたりを学校に送り出した8時から3時までずっと自分の時間ということなのだ・・・・・・。

子供を産んでからかつてこんなに自分の時間があったことがあっただろうかヽ(´▽`)/

しかも平日毎日だ!!!

がんばって作るよ、お弁当もスナックも!学校ありがとう(*゚▽゚)ノ

というわけで、この新年度9月からは(正確には今週からだけど)、自分の身の振り方をいろいろ考えてます(* ̄ー ̄*)今日はふたりともクラブ活動の日だから宿題は~・・・家でやることになるけどね。まあ、なんとかしよう!とりあえず3時まで自由だ!!しかし今回の件で息子の成長過程にお悩みのママがわりと普通にいることがわかった。娘の成長過程が心配なママってそんなにいないのよね・・・。おもしろいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

クラブ活動開始

コロンボに戻ってきて泥棒騒ぎはあったものの、学校も始まって日々が通常営業になった( ̄▽ ̄)

この9月からはうちの娘は4年生、息子は3年生となった。日本の学校では3年生と1年生。ちょっと妙な感じだけど私はすっかり慣れた。

この学校は3年生からクラブ活動が始まるので、やっと娘と息子の両方がクラブ活動をすることになった。クラブ活動は日本と同じで放課後やるので、学校が終わるのが1時半、そのあと2時から3時までがクラブ活動ということになる。日本と違うのは1学期ごとに入るクラブを選ぶことで、毎学期違うのを選んでもいいし同じのを選んでもいいことになっている。日本ではクラブは入ったら1年間続けるものだし、大体の子は学校にいる間中同じクラブを通すけど、この学校ではコロコロやりたいクラブを変えることができるのだ。いつも学期末に次の学期に入りたいクラブの希望を第3希望まで書いて提出し、人数に空きがあれば全部入れることになる。人気のあるクラブでいっぱいだと入れないことももちろんある。

今回初めてのクラブ活動参加になる息子はなんと第3希望まで全部入ることができた。ので、週3日、午後3時まで学校にいることになる。そしてラッキーなことに、同じ曜日で娘もふたつクラブに入れたのでなんと、週2日は私は朝7時半に学校に子供たちを送り届けてから午後の3時まで自由ということなのだ。

すごーいヽ(´▽`)/

もうなにしようかな~♪と喜んでいたら、娘が「ガールズガイド(カブスカウトの女の子版)をやめたい」と言ってきた。どうも思っていたのとはちがっておもしろくないらしい。うーんそっか・・・。

というわけで、娘がひとつ辞めると結局3時まで自由な日は週に1回だけということになった。

なーんだ・・・。

まあでも週に1回でもそんなに時間がある日があるのはすごいことだよね!今までは午前中ふたりとも学校に行くようになってすごーい!!って思ってたんだし、こうやって自分の時間を持てる日がどんどん増えていくんだもんね。まあ、子供たちが成長したってことだ。

そして今日はそのふたりともクラブ活動の日。でも先日の泥棒騒ぎで今日鉄格子をはめてくれているので、あんまり好き勝手なことができない・・・。べつになにしてるわけでもないんだけどさ(^-^;)やっぱり人がいるとね、落ち着かないよね。でも鉄格子を付けてもらわないと安心できないので仕方がない。それにしても来てから2時間でまだ窓1個すらできあがってないけど、ほんとに今日でできあがるのかな・・・。窓いくつあると思ってんのかな・・・うち。明日も来て作業、あさっても・・・とかなったら・・・うーん。大体来てから作業にとりかかるまでに1時間くらいなんか話し合ってたんだよねえ。もう先週来たときにサイズも計っていってあったはずなのに何を相談することがあるんだろう?と思って見てたんだけど。ま、なにごとも遅いのはモルディブでもスリランカでも慣れてきたからもうしょうがないと思って暖かく見守ろう~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ただいまコロンボ

長い2ヶ月の夏休みも終わり、とうとうコロンボに戻って参りました。

いやあ~楽しかったね、日本。いつものことだけど、こんなに長く休み中ずっと日本に帰ってるのってうちくらいなもんなんだよね。あはは。遊びすぎ(^^;)

しかして!!!今回は驚いた。

帰ってきて家についたら・・・ん?なんか変。

なぜか階段の前に掃除機が出しっぱなし。バーベキューセットのコンロが玄関ドアの横にある。いつもは空きスペースのはじっこに置いてあるのに。

そして玄関ドアの上に欄干みたいに木の格子をはり付けた網戸があってそこの格子が何本かはがされている。

なんだろう???ねずみがかじった・・・?それにしてははずした棒が床に並べて置いてある。ねずみだったら散乱してそうだよね。

家の中に入り、「あー飛行機疲れたねーやれやれ」なんて言いながらリビングを見ると、きちんと片付けて本やPCや小物の上にほこりが積もらないようにかけてあった布類がぐしゃぐしゃになっている。

Σ( ̄ロ ̄lll)

ベッドルームに行ってみる。

鏡台の棚に置いてあったアクセサリーケースがない。私のと娘のとふたつ色違いで同じケースが置いてあったんだけど、ふたつともない。

だれか入ったんだ!!(゚ロ゚屮)屮

そう、泥棒に入られて盗まれたんである!!!

夏休みの間、最初の1ヵ月半は誰もいなかった。

でも8月の後半に2~3日ロビちゃんが来て、家の中を掃除して家賃を大家さんに払い、学校にも9月の新学期からの学費を払ってから、ロビちゃんは日本に来たんである。

そのロビちゃんが来て2~3日いて日本に行った2週間の間にやられたのだ。

キャーーーーーヾ(.;.;゚Д゚)ノ

慌てて家中大捜索!!!

でも不幸中の幸いでラップトップは無事。そのまま置いてある。テレビもある(これはちょっとボロ)。DVDプレイヤーもi-pod再生機もある。電子機器は盗っていかなかったらしい。貴重品が入ってる引き出しは鍵をかけてあったんだけどもちろんそこも開けられていて、中にロビちゃんが来たときに入れた現金がなくなっていた。でもそれはそんな大金じゃなくて米ドルの100ドル紙幣が1枚とあとルピー。そして引き出しに一緒に入れてあった娘のi-phoneもそのままそこに入っていて無事だった。どうやら盗られたのはアクセサリーとロビちゃんの小型ハードディスクだけらしかった。ハードディスクは実はホテルの経理なんかが入力してあったんだけど、もちろん見られたってどうなるものでもなく、ロビちゃんはまあいいよ、と言う。

でもなんでパソコンやi-phoneを盗っていかなかったのかな?と思って他の人に聞いてみると、最近は買ったときの登録番号で全部追跡できるので、高い電話や機器ほど盗っていかないそうなのだ。なるほど。

アクセサリーは、私はあまり金やダイヤや色石をするタイプではなくてほとんどシルバージュエリーなので高価なものも特にない。でも長年かけて集めて結構たくさん入っていたし、気に入っていたものや友達と一緒に買ったりと思い出のあるものがたくさん盗られてしまった。娘のアクセサリーは私のよりももちろん安いものが多かったけど(子供用のプラスティックのピアスとか)、でもロビちゃんがオーストラリアみやげに買ってきたコアラのネックレスがそこに入っていて(コアラのおなかにオパールが入っていた高価なやつ)、ひとしきり泣いた。ロビちゃんが私にもオーストラリアで買ってきてくれたオパールのネックレスも一緒だったから盗られてしまった。

あ~あ・・・・・・( ̄Д ̄;;

この国は泥棒に入られることはとても多い。だからどこの家にも塀の上には鉄のとんがった柵が並び、窓枠にも鉄格子がはまっている。でもこの家には鉄格子はないのだ。そして私たちが引っ越してくる前に韓国人の家族が住んでいたらしいんだけど、そのときも一度泥棒に入られたことがある、とお向かいの奥さんが教えてくれたことがある。

目をつけられているのだ。たぶん。

疲れてたけどあちこちチェックして特に他に盗られたものはなさそうなので、きっと運がいい方なんだろうと思う。でもやっぱりいない間に知らない人が入ってきて物色していったと思うととても気味悪いよね。

翌日大家さんに話すと大家さんも知っていて、私たちが帰ってきていないのに道路側に面した窓がひとつ空いていてわかったと話してくれた。どうやらルパンみたいに鉤つきのロープを窓枠にひっかけて屋根に登り、外から窓をこじ開けたらしい。泥棒用に特訓をしている人たちもいるのだそうだ。おいおい。

大家さんは窓に鉄格子をつけてカギを全部取り替えると言ってくれた。最初はセキュリティのちゃんとしてるマンションに引っ越そうかとロビちゃんと話していたんだけど、すぐ次の日から大家さんが動いてくれたのでちょっと様子をみてみることにした。スリランカだと水がもれたりして人を呼んでも数日経っても来てくれなかったりするから、ダラダラしてるようだったら引っ越さなきゃかも、と言っていたんだよね。でも次の日に大家さんが人を連れてきて窓のサイズを全部計っていき、水がもれてると言うと水道屋さんがその日の午後に来て直してくれた。おお~早い。とりあえず鉄格子がつくまでは、窓のカギをロビちゃんが買ってきて全部自分で取り替えてくれた。玄関ドアのドアノブとカギもロビちゃんがすぐ交換してくれた。ロビちゃんはなんでも自分でやってくれるからね。

というわけで、この調子で鉄格子がすぐにでもついてくれれば高級マンションに引っ越さなくてもいいかな~という感じになってきた。大体、そう思って見てみればかなりボロいアパートでも大体窓に鉄格子がはまってるんだよね。どうして今までつけてなかったんだろう?って気がしてきた。ここは家賃が安いわりにはきれいで広いし、家だから猫も飼えている。マンションに引っ越すなら猫を買うのは難しくなるだろうから子供たちはそれはいやだと言っている。私もせっかくシュガーと仲良く暮らしているし、ここは広くて静かで快適なのにマンションに比べると半額以下の家賃だから動くのは惜しい。

まあちょっと鉄格子が全部はまるのを待ってみよう。

でも次のバケーションで長期留守にするのが心配だなあ。そのときは貴重品を誰かに預けて行こうかなあ・・・。

と、ちょっと新しい悩みが勃発の新学期スタートになりました。どうなることやら。

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

夏休みラストスパート

ブログほんっとに書いてなくてスミマセン(^_^;)
せっかくカテゴリーまで「日本里帰り2012」って作ったのにねえ。

それはそうと、9月に入ったら突然涼しくなったね!!
風が爽やか!!汗ちっともかかないし、肌もサラサラ!!
みんなは「でも日中は暑いよ〜」って言うけど、私はぜーんぜん暑く感じない( ̄▽ ̄)
「向こうは暑いかもしれないけど、日本は湿気が多いでしょ」って言われるけど、コロンボの方が湿気あるよ。うち、みんな肌乾燥してきたもん。でもそう言うとまわりはものすごーく驚く。

みんなスリランカやモルディブがどれだけ暑くてどれだけ湿気があるか知らないのだ。
日本は爽やかだよ(^_^)

そして9月に入ったとたんのこの秋の空気!!
イイ!!ステキ!!
こういう季節感が本当に向こうでは乏しいからすごく気持ちいい♫
でももうすぐで夏休みも終わり、コロンボに6日戻ります。
せっかくの秋の香りも名残惜しく、また灼熱の常夏に戻るよ〜。

ちっ、がんばるぜ〜(>_<)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »