« 自分の場合は | トップページ | スピッツ行脚なるか? »

なんかいつもこんなんだなあ

今日、プリント屋さんに頼んだものを受け取りに行ってきた。このプリント屋さんは小物から大きな看板までいろんなもののオーダーを受け付けているわりに大きな(大きく見える)会社だ。前にもうちのホテルの従業員ネームタグを作ったり、壁に貼る大きなバナーを頼んだりしたので、またここに注文することにしたんだよね。

今回はモルディブに住んで自分のブライダルサロンを経営している友達のSちゃんも一緒に、彼女のサロンのパンフレットをオーダーした。PCでデザインはすでに作ってペンドライブに入れて持ってきて、あとは両面プリントアウトしてもらうだけ。うちもホテルのルームサービスメニューをこのたび一新、今まで自分たちのPCでプリントアウトしたメニューだけだったので、きちんとオーダーしてきれいにプリントしてもらうことにした。
先週Sちゃんがモルディブからコロンボに遊びに来たので、そのときにうちのメニューより先にSちゃんのパンフレットをオーダーして、もうモルに帰ってしまったSちゃんの代わりに、今日私がそれを受け取りに行ったのだ。本来の納期より数日遅れたけど、まあそんなもんだし、と特にそれには何も感じず「はいこれよ」と渡されたかたまりを開けてみた。茶色い紙で包まれてたパンフレットは開けてみるとなんだかぐしゃぐしゃに重ねられている。角はちっともそろってなくて適当に積み上げて茶色い紙でくるんだだけ。なので、あちこち角が折れてヨレている。まったくしょうがないなあ〜と思いつつ一番上のを一枚取って三つ折りになっている中を開いたら・・・プリントが大幅にズレてるじゃん。え〜・・・ちょっとビックリしてお姉さんにそれを見せた。「ねえ、これプリントずれてるよ」するとお姉さん、ちらりと見ただけで「ああ、それはあなたのデザインのせいよ」と言うではないか。
えええええ〜Σ( ̄ロ ̄lll)
デザインはデータなんだからこんな風にずれないでしょう。これはどう見てもプリントのずれだよ。と思いつつもしょうがないので他のも数枚見てみる。するときれいにずれないでプリントされてるのもあるじゃん。
ほらあ〜。
ということで、お姉さんに「こっちはずれてないよ、これはどう見ても色がずれてるでしょ。インクが赤と青と黄色で、これはそれがちゃんと重なってなくてずれてこういう風になってるんでしょ。プリンターの中で紙がすべってるんだよ」と言うと、ちょっと眉間にしわを寄せて無言でどっかに行って、今度はお兄さんを連れてきた。お兄さんはプリントをしげしげと見て聞き取りにくい小さな声で「ずれてますね」と申し訳なさそう〜に言った。ふたりで数枚見てみると、他にもずれているのがいくつもある。しかも白い部分が黒く汚れてるのもあるんだよね。大体どう見てもデータのせいじゃないじゃん。そこでお姉さんにゆっくり説明することにした。
「あのね、お金を出してオーダーしてこんなずれたプリントのものや汚れてるの渡されたら普通いやでしょ。それにせっかくきれいにプリントできてるのもあるのに、こんな風に適当に重ねてぐしゃぐしゃで折れちゃってるし。しかもどう見てもプリントのずれなのにこっちのデータのせいだ、なんて言わないでほしいんだけど」するとお姉さん、むきになって「私、そんなこと言ってないわよ!」と反論した。
ビックリした( Д) ゚ ゚
さて。ここで自分が深呼吸。お姉さんの目をじっと見る。「じゃあ感情的にならないで聞いてね。まずナンバー1。理由がよくわからないうちに人のせいにしない。ナンバー2。すぐウソをつかない。さっきこっちのデータのせいだ、ってあなたが言ってから2分と経ってないでしょう。子供じゃないんだからウソついて弁解しないで、プロフェッショナルとして仕事の話をしましょう。これはブライダルサロンのパンフレットです。読めばわかりますよね。ブライダルモルディブ、とここに書いてあります。ブライダルサロンにいらっしゃったお客様にこんなプリントがずれてインク汚れのついているパンフレットはお渡しできません」
お姉さんまた黙る。
まあ、べつにどんなパンフレットでもずれてたり汚れてたりしちゃダメなんだけどね。わかりやすいかなと思って言ってみた。そして黙ってるお姉さんは仕方ないのでそのまんまにして、お姉さんとお兄さんの目の前で全部一枚一枚確認することにした。お姉さんもお兄さんも隣にいた他のお客さんも驚いてたけど、こちらはお金を払ってオーダーしたんだからね、きちんと確認します。てことで、何枚オーダーしたっけね、Sちゃん。三つ折りの中をいちいち開いてプリントがずれてるやつ、汚れがひどいやつを全部よけた。これが仕事というものだ。それからきれーいにトントンしてきちんと角をそろえてふたつの山にして、ピシッと重ねて束ねた。こういう風にしましょうね、と目でにっこりにらんでから、次によけたダメなやつを数えた。ちょうど60枚ダメだった。お姉さんに「はい、これが今回受け取れないやつ、60枚です。あと、さっきお兄さんがダメなやつを何枚かゴミ箱に入れてたよね?それも数えてください」と言ったら、お姉さん急いでゴミ箱から捨てられたパンフレットを拾い上げてくれた。それが5枚。「はい、じゃあ65枚再プリントお願いします」と頼んだらお姉さん、「わかりました」と素直に受けてくれた。そらそうだ。それにここでしっかりやっておかないとうちのメニューもとんでもないの出てきそうだしねー。前ネームタグとか頼んだときはわりにきれいな出来だったんだけどなあ。ここ、紙は苦手なのかなあ。てか、単純に適当なんだよね、仕事のやり方が。もちろんそんなスゴイの期待してないんだけどさー。ま、お金を払う分それに見合った商品は作っていただかないとね。
そんなわけでご結婚のご予定のある方はブライダルモルディブをよろしく〜o(*^▽^*)o

|
|

« 自分の場合は | トップページ | スピッツ行脚なるか? »

スリランカ生活」カテゴリの記事

コメント

モルディブもスリランカもにたりよたっりなのかなあ。モルディブよりはよさそうなはずなのに、何かがおかしいcoldsweats02 私の知り合いが先日コロンボに少し滞在してたんだけど、急に引っ越すことになったから明後日出て行って、とか散々だったらしい。こちとら家賃はらってるのに!ってね。最近、スリランカ人のことも信用したくなくなるような出来事が立て続けにあって、なんだかなあdespair

投稿: saori | 2013年11月30日 (土) 21時47分

Saoriさん〜!

う〜んどうでしょう〜でもスリランカはモルディブよりは良いような気がします。以前モルディブでうちのTシャツのプリントをオーダーしたときに、ロゴの色を勝手に赤でプリントしましたからね。ちゃんとデータを渡してそれにも色指定をしておいたのに、勝手に自分で赤にしたんですよ、ロゴマークの意味とかまったくわかってません。あれは衝撃でしたね。私が指定した色じゃないじゃん、って言ったら「赤、いいだろ?」って。モノスゴイです。さすがにコロンボの私が行ってるプリント屋さんはそこまでひどくはないですよ〜。モルディブの広告屋さんでホテル名のフォントを勝手に変えて「デザインしてあげた」って言った人もいましたしね。フォント変えちゃったらすでにロゴじゃないでしょう!ってことも理解できてないんです。モルディブ人の大家さんも急に「出てって」って言う人多いですよ〜。まあ信用できる人はそうそう現れないから、貴重なのだと思います。

投稿: ヒロコ | 2013年12月 4日 (水) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145216/54097109

この記事へのトラックバック一覧です: なんかいつもこんなんだなあ:

« 自分の場合は | トップページ | スピッツ行脚なるか? »