« スピッツ行脚その2と理不尽銀行編 | トップページ | 今日からクリスマスホリデイ »

困ったちゃん

最近学校でちょっと気が重いことがある。

朝子供たちを連れて学校まで一緒に行き、終わる時間にまた迎えに行くんだけど、そのときが少ない私の社交場、みたいなところがある。友達と約束したりしなければ、大体は子供の学校の送り迎えと習い事の送り迎えで一日が終わってしまうので、学校で会う他のお母さんやお父さんたちと話をするのが私にとって他ならない「大人と会話をする」、という機会になっていてわりと楽しい。
でも最近その中でちょっと困ったちゃんがいる。
今学期がスタートした9月から編入してきた子のお母さんで、最初は何も考えず話をしていたんだけど、毎日話をしていていつもネガティブな発言が多いことがわかってきた。
彼女はいつもとにかく文句を言っている。まあ、引っ越してきて文句言いたくなる気持ちもわかる。彼女の国はこことは全然違うだろうから(私は行ったことないけど)言いたい事もあるだろう。そして文句ならまだわかるんだけど、人のことも基本悪口なんである。これがすごく困る(゚ー゚;
うちはこの学校に通いはじめて4年なので、いつも学校に来ている父母は大体顔見知りになった。あんまり「この人いやだな」と思う人はいない。そこまで深入りしないしね。逆に言えば話している中で気が合う人がいれば仲良くなって深入りというか色々話すし、学校以外でもお茶したり楽しく友達付き合いをしている。
どうやら彼女にとっては「仲良しの友達」と「一緒に周りの悪口を言う」のが社交術であって、普通の行動らしいんである。そして私を「仲良しの友達」に決めたみたいなのだ。
そういうことならあんまり関わらない方がいいかな、と思って遠くにいて他の人と話をしていると、わざわざ私の腕を取って話していた人たちから引き離して自分の近くに私を連れて行き、「ちょっと聞いてよ」と始まるので、少なからずビックリした。文字通り有無を言わさず連行されるのだ。でもこれってちょっとめずらしいよね?いま私あの人たちと話ししてた最中なのに?彼らにも失礼だよね?と思ってちょっと怖い顔で「一体なに?」と聞いたら「どうしても聞いてほしいことがあるから」と言うので何の相談かと思いきや、人の悪口なんである( ̄Д ̄;;朝から聞いてるだけでもツラい。
昨日の朝、例にもれず彼女がやってきて私の腕をぐいとつかんでちょっと場所を移動し、離れたところを指差して言った。
「見てあそこ、◯くんのお母さんのお母さん」
「うん、いるね」うちの息子も仲良くしてるイギリス人の子のお母さんの方のおばあちゃんが、イギリスから遊びに来ていて私も先日あいさつしたばかりだった。
「あんな短いスカートはいてるのよ!もう60歳過ぎてるのに!」
ちょっと遠くにいたのでえ〜?と見てみると、かわいらしいコットンのサマーワンピースを着ている。
「私の国ではあんなおばあちゃんはあんな短いスカートはかないわ。膝上よ!何考えてるのかしら!」
彼女の国もアジアなのでどういう気持ちで言っているかはわかる。日本でも「いいトシしてあんなかっこして」とか「◯歳すぎたらしちゃいけないファッション」とかあるよね。でも私は、アジアとは違う「恥」の文化じゃないこういう部分が好きなんである。日本やアジアの文化で好きなところもいっぱいあるけど、こういう年齢とかで自由を制限される部分は実は好きじゃない。年取ったって好きなかっこすればいいじゃない。誰に迷惑かけるわけでもないんだったら、自分が着たい服を好きに着ればいいじゃん。モルディブのリゾートにも退職した老夫婦が結構来ていたけど、おばあちゃんがビキニを着てビーチで楽しんでいるのを見てすごくいいなと思った。彼らは人生色々あっただろうけどいまはモルディブまで旅行に来られる体力も経済的余裕もあって、夫婦ふたりでバカンスを楽しんでいるのだ。ビキニを着たっていいじゃない膝上スカートだっていいじゃない。トシだから、なんて考えて自分で制限する必要なんてまったくない。
そしてこの息子のお友達のおばあちゃんだって、いまは寒いロンドンからこの常夏のスリランカまで娘夫婦と孫に会いにやってきたのだ。サマーワンピースくらい楽しんで着たっていいじゃないか。彼女が指差してあざ笑うことじゃない。実際暑いんだしさ、コットンのワンピースが一番涼しいんだよね。私もしょっちゅう着てる。40過ぎてるのに、って思ってる人いるかもしれないけど、そんなのどうでもいい。
なので、私は彼女に言った。
「ああいうのいいよね〜。ほら、私たちの文化では年取ったからするべきじゃないって言われること色々あるけど、そんなの関係ないじゃない。あのワンピースかわいいし似合ってるよ。みんな自分の好きなかっこすればいいんだよ。ポジティブで自由で私はああいうのすごく好きだなあ」
すると彼女、ものすごーく驚いて(驚きが顔に出てた)、あわてて「そ、そ、そう、私もそう思うのよー!でも私の国では年の人は絶対着ないわ」とまだ付け足していた。
しかして私が不思議なのは彼女のだんなさんがイギリス人ということなんである。イギリス人のだんなさんにとっては当たり前のことを、彼女がこうやってゴシップするのはどう思ってるんだろう。それともだんなさんにはこういう話をしないのかな。
そしてまたある日、彼女は「スリランカ人のお母さんたちに言わないでね」とスリランカ人の悪口をぐわ〜〜〜!っとまくしたて、次の日には「ヒロコの日本人の友達にも言わないでね」と前置きして、自分の親戚の悪口を熱心に語ってくれた。てか、人の親戚の悪口なんて、その人知らないし!ってかんじ。彼女は英語もそんなに得意じゃないのではっきり言って彼女とその親戚の関係性すら理解できなかった(^-^;)義理の妹なのかはたまた幼なじみなのかもさっぱりわからない人がいかにひどいか熱弁されてもあいづちにすら困る(゚ー゚;)
なんか学校に行くのがおっくうになってきてしまった。
でも学校では他の親御さんたちと話すのは楽しいし、どうせ私は毎日行かなきゃならない。でも朝から彼女のグチのはけ口になりたくなかったので、今日はでっかいお父さんの影にこっそりひそませてもらった。
でも自分がコソコソするのもなんだかな〜と思うし、何か解決策を見つけなきゃ、と思いながら、次は昼間に学校に迎えに行った。
すると、私を見つけて寄ってきた彼女の髪型が朝と違う。彼女に聞くと、美容院に行ってカットはしてないけどカラーリングとブローをしてもらったのだそうだ。ほんとうによく似合ってたので、「すごいいいじゃん!いいよ、似合ってるし、ステキ!いいね!」とべた褒めしたら、にこにこしてなんのグチも悪口も言わず気持ちよく去って行った。
・・・・・
・・・・・
おお!(・∀・)

|
|

« スピッツ行脚その2と理不尽銀行編 | トップページ | 今日からクリスマスホリデイ »

スリランカ生活」カテゴリの記事

コメント

おお~(^o^;)予想外のオチ!
まあ人の悪口を言う人は翻って自己肯定感がすごく低い人だと思うのね。だから他人を悪く言わないと自分が浮上できないという話で。
それが逆にヒロコさんがものすごくほめてくれたことで、彼女の自己肯定感が上がったんだよきっと。もしかしたら人に褒められたのは初めて!みたいな人かも知れない。子どもを叱ってばかりだと子ども自身が外で友だちに厳しく言うようになるのは、ある意味「それしか知らないから」なんだろうと思うのと同じかな。褒められれば自分に自信が持てて、人を貶める必要もないし、口癖だっていいことを言うだろうし。

ま、しかしヒロコさんもそういう人に「気に入られる」性分なんですね。私もそうなのでキモチはよ~く分かります(^_^; その手の人たちは「この人なら聞いてくれる!」って嗅覚はものすごく発達してるイコール他の人にはろくすっぽ聞いてもらえないので、もう次から次へとやってくる。でもって思い切り依存される展開。もう我が人生でどれだけ同じことを繰り返してうんざりしてるか。。。でもまだ寄ってくる。ヒロコさんもそういうオーラが出てるんですよきっと。

何にせよ、彼女にも人生を学んでもらいたいものですね。とりあえずヒロコさんに褒められて少~しだけでも明るい方へ行けるといいなと。しかしあまり褒め過ぎてもそれはそれで依存されるのでご注意を(^_^;

投稿: 辰巳 | 2013年12月14日 (土) 03時31分

辰巳さん〜!

そう〜なんです!!!ほんとに、またか!!って思ったんですよ〜正直。20代中頃はもうこのカウンセリング料で食っていけるんじゃないかってくらい相談窓口でした。あと酔っぱらって夜中かけてくる電話ね。彼氏じゃない男の人から酔っぱらって電話かかってきたのの多かったこと!そこで私は「どうして私を相談相手(もしくは愚痴のはけ口)に選んだの?」とそういう人たちに聞いてたことがあります。みんなが言うのは「ヒロコさんだと何を言っても怒られなさそうだから」でした。う〜ん・・・( ̄Д ̄;;もうモルディブとスリランカで激怒してるワタクシを見せてあげたいです(^-^;)もうすでにその彼女からは依存されてると思うんですよねー。毎日私目指して飛んできますから。でも実は昨日で今学期は終わり、今日からクリスマスホリデイなんです。だから3週間くらい会わないですみます。ちょっとホッとブレイク。そして来年からは悪口になったら親身に聞かないようにして、彼女に「悪口は聞きたくない」ということをアピールしようと思ってます。それでもわかってくれなかったら〜・・・どうしようね(;´д`)

投稿: ヒロコ | 2013年12月14日 (土) 17時36分

いわゆる「距離なし」ってやつですね。この手の人は遠まわしにアピールしてもだめだよねぇ。はっきり言ってもだめな事も多いし。人の話を自分の都合のいいようにしか聞かないから。
もうロックオンされちゃってるから、かなり厳しい言葉と態度でいかないと難しいかな?人間関係丸く収めたいとか考えないほうがいいと思う。「今、ほかの人と話してるから中断してくるのは失礼だ。失礼な人とは話したくない」とか「人の悪口を聞くと気分が悪いからあなたとは話したくない」ってはっきり言って距離をとったほうが良いです。良かれと思って注意してあげたりしてもそう簡単には変わらないしかえって逆恨みされて明後日のほうに行くことも。
いつもの感じ(失礼!w)で怒ったふりしてちょっと怖い人だと思われたほうが良いよ。ポジティブなことは楽しく話してもいいし愚痴もいいけどヒロコちゃんが違う!と思うことをなぁなぁにしてるとエネルギーと時間を奪われちゃう。

投稿: JJ | 2013年12月14日 (土) 19時12分

JJさん〜!

ありがとう〜そうだよね、はっきり言った方がいいよね。そうなの〜私も思ってたのは、私がきつく何かを言い返したらこの人はきっとひるがえって私のこともボロクソに言うんだろうなと。そういう人なんだよね。逆恨みする人ってこういうタイプ!!そうなるには自分に原因があるってことを考えたことないんだろうなあ。それが結構いやなんだよね。モルでは逆恨みする人いっぱいいて、すごくめんどくさいんだよね後が。やっぱりいい人に思われたいから、そうやって逆恨みされると「ちがうのになー」と思う自分もいてわりにダメージ大きいし悲しくなるんだよね。でもだからっていつまでも彼女のはけ口になってられるかというと、もうすぐ無理になるだろうなって思うし、私もストレスためたくないしね。
その、私をぐいぐい引っ張って連れて行ったときに、話ししてたスリランカ人のお母さんの目に恐怖の色が浮かんでいたので(彼女がスリランカ人のお母さんのことをぎろりとにらんだ)、もう次に引っ張られたらきちんと言わなきゃな、と思っているんだけどその前につい逃げ隠れしちゃってるの(^^;)。なんかさ、そういうの言うのもエネルギー使うんだよね。でもほんとにロックオンされてるね。私の前に彼女と話しをしてた別のスリランカ人のお母さんが、それまで毎日学校に来てたのに急に姿が見えなくなったんだよ!たぶん彼女もいやになって逃げたんだ!って最近気がついた。やーん(><)私も逃げたい!でも私は学校に行くしかないし、逃げられないからしょうがない。言うしかないよね。ほんとに時間とエネルギー持って行かれる!すごくそう感じてる!だから学校がお休みになってほんとにホッとしたの。来年の新学期ははっきりいかなきゃだね。あ〜でもなんか波乱の予感。やだな〜。5年に1人くらいこういう人出てくるのよ。う〜でも言う勇気がなかったらどうしよ〜わりとこう、パワフルおばちゃん!!ってタイプなんだ(゚ー゚;)ちと弱気でした。

投稿: ヒロコ | 2013年12月15日 (日) 03時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145216/54249619

この記事へのトラックバック一覧です: 困ったちゃん:

« スピッツ行脚その2と理不尽銀行編 | トップページ | 今日からクリスマスホリデイ »