« 一段落 | トップページ | リヴァイ兵長がヤヴァイ »

FROZEN

昨日子供たちを連れて映画館に映画を見に行ってきた。

実はスリランカに来て一度も映画館に見に行ったことがなかったんだよね。で、それをスリランカ人の学校のお母さんに話したら「えー!?じゃあ行こうよ!」ということで先月、彼女が一緒に連れて行ってくれて両方の子供たちと「THOR 2」(邦題:マイティソー)を見た。なんで映画大好きなのに今まで映画館に行ってなかったかというと、なんか座席にダニとかいたらやだなあと思ってたんだよねえ。でも行ってみたら座席はビニールっぽいシートだし、中はすごくきれいだった。日本の映画館とあんまり変わらない感じ。昔の新宿の小さい映画館の方が汚いかも。3Dメガネは汚かったけど、自分たちでティッシュで念入りに拭いてオッケーだったし、映画はまったくの基礎知識がなかったんだけど(子供たちがアベンジャーズのひとりのソーだよ、と教えてくれた)、ナタリー・ポートマンが相変わらずキレイだったしアンソニー・ホプキンスもすてきな父ちゃんだった。そんなわけですっかり映画館が気に入った私たちは、昨日も小雨の降る中、映画館に行ったのだ。
昨日見たのは「FROZEN」。ディズニーの新作で、日本では今年の春休みに公開予定かな?まだなんだよね。娘が見たいと言うので何も考えずに見に行った。
ところがこれがね。
すっごくよかった(* ̄ー ̄*)
もう、なんと言っても映像が美しかった。私、ディズニーの映画は「リトルマーメイド」「ライオンキング」あたりからがっかりしちゃって、自分では映画館に見に行くのやめちゃったんだよね。子供が買ってって言えばDVDは買う。でも前作の「ラプンツェル」は見てないし、その前の「シュガーラッシュ」は機内で見たくらい。ディズニーもやっぱりウォルトさんが生きてたときがよかったね。と思っていた。「ライオンキング」は封切りのときに映画館に見に行ったんだけど、あまりにもジャングル大帝にそっくりで「こんなの作っちゃっていいの?!」てたまげていたら、ちゃんと裁判で手塚プロダクションに負けたんだよね。でも負けても「もう慰謝料払ったからいいでしょ。ごめんって言ったんだから」ってなかんじでずーっとミュージカルとかで儲けてるとこなんかがすっかり嫌になってしまった。それに、物を作る人間としてはやっぱりパクリは一番しちゃいけないよね。それにディズニーは原作物が多い。オリジナルが少ない。「ラプンツェル」だって日本では知名度が低かったけど欧米ではとても有名な童話だしね。どうしてずっと昔ながらの童話にこだわるんだろう?っていつも思ってた。
この「FROZEN」は最後のエンドロールに「雪の女王からインスパイアされました」と書いてあって、原作、とは書いてなかった。邦題は「アナと雪の女王」らしいけど。確かに見てからわかったんだけど、私はこれを雪の女王とはまったく思わないで見てた。それくらいもう、ぜんっぜんちがう。よくもまあここまで変えられるなあと思うけど、ここまできたらもう「原作」じゃないよね、ってのは自分たちでもわかってて「インスパイアされた」という表現にしたんだと思う。
しかしね、すばらしかったよ。まず雪の映像が美しい。3Dだから広がりがあって雪山なんか自分も遭難してるみたいだった(映画館がエアコン効きすぎてめっちゃ寒かったのも臨場感がぐんとアップ)。女の子のドレスとか今のCGならではで、すごくよかった。布の質感とか揺れる感じがすごくリアルなのに、キャラは逆にアニメ顔にしてあって変にリアルにしようとしなかったところが不気味の谷に落ちてなくてうまくいってると思う。マテル社のバービーの映画なんかものすごいCGで全員で不気味の谷にうようよたまってるのよ。あ、話がそれちゃった。
そして歌!アメリカの良いところは本当にすばらしいミュージカルシンガーを使うところだよね。雪の女王のエルサが歌う歌が「FROZEN」の主題歌にもなっているんだけど、これが涙出そうなくらいに感動した。きれいな夜の雪山や氷の中で歌う歌に、一気に違う世界に持ってかれるのよ〜。やっぱりすごい人のパフォーマンスって理由なしに揺さぶられるものがあるよね。いやあすばらしかった。もう一回3Dで見たいから映画館に見に行きたい。スリランカの映画館安いことがわかったし(*^-^)大人600ルピーとかだよ。500円くらいかな。安いよね。これなら気に入ったやつは何回見に行ってもいいかんじ。
エンドロールを見て「エルサは誰がやってるんだろう」と思って見てたんだけど名前を見ただけじゃピンとこなかった。なので家に帰って早速調べてみたらYoutubeでアフレコ風景が出てて、顔を見て娘が大騒ぎ。「あー!!この人!!この人だ!ママー早く来て見て!!」と叫ぶので誰?と思って見たら、gleeのレイチェルのママだった!!!ごめんよ、名前でピンと来なくて。そりゃあすごいはずだよね〜と納得した。アナ役の人も現役ミュージカルスター。gleeのミスターシュースター役を探すときも、ディレクターがニューヨークのミュージカルに通って通って通い詰めて決めたそうで、ブロードウェイがどれだけすばらしい人材がそろってるかがよくわかるよね。
それにしてもアメリカでは確かクリスマスヴァケーション前に、ということで11月か12月の始めから封切りしてて、スリランカでも今やってるのに日本は遅いんだね。アメリカでは興行成績がとても良いらしく、ディズニーの歴代一位「ライオンキング」を抜く勢いなんだって。しかも同時期に封切られてるピクサーの映画を興行成績で抜かすのはこれが初めてらしい。ピクサーが今なにやってるのかちょっとわかんないけど、確かに私の周りの見た人はみんな「よかった!」と口をそろえて言う映画で、私もひとこと、「すごくよかった!」だね(o^-^o)

|
|

« 一段落 | トップページ | リヴァイ兵長がヤヴァイ »

スリランカ生活」カテゴリの記事

コメント

>>なんかものすごいCGで全員で不気味の谷にうようよたまってる

これウケタ(^o^;)「不気味の谷」って命名はすっごくいいですよね。確かにバービーを3DCDにしたら谷に落ちること請け合いです。日本の漫画が「劇画調」とか「リアル絵」と言ってもそれなりの「漫画的」表現の内にいるおかげでだいぶ助かってるのはあると思うわ。アメリカ映画は最近は「フツーに人間の俳優を雇えば?」って思わせる作品が多いから、CGってとこでもう引いちゃうことが多いです。

とはいえ、やっばりスゴイのは歌なんですね。アメリカ・ブロードウェイの底力見せてやれ~って感じがひしひしとします。「Glee」もスゴイ。歌聞いてるだけでほーって思っちゃう。あれはニホンにはマネできませんわ。

しかし「ライオンキング」はひどかった(^o^;) いや手塚が偉大だったのか? どっちにしてもほんと、クリエイターとしてのプライドが地に落ちた一件としてあれはがっかり1200%でした。
そういえばハリウッドも原作ものが増えてる気がしますが、いち早く抑えた「寄生獣」の映像化権がとうとう切れちゃって、ジェイムズ・キャメロンどうしたッ?ってのもありますが、日本が権利を取り戻して映画化するそうで、何にしても不安なファンです。製作側にどこまで突っ切る覚悟があるかが問われる作品ですよね。

ともあれ、スリランカの映画館がきれいだったのも、それはそれでまた別の意味で「よいもの」でよかったですね。安さも手伝って通っちゃうヒロコさんの姿が目に浮かびまする。。。

投稿: 辰巳 | 2014年1月14日 (火) 05時26分

辰巳さん〜!

バービーの映画見たことある?たぶん10作以上はあっていろんなパターンのお話なんだけど、とにかくフルCG。そしてキモい。でも娘が小さかった頃は数少ないマーレで買えるマシなDVDだったのでよく買ってみてました。良いところは、英語が完璧に美しいこと。バービーなのでもちろん汚い言葉も表現も出てこないし、発音も言い回しも完璧なので、幼稚園の子が見るDVDとしては助かってましたかね。

ライオンキングはね〜せめて最初から「原作ジャングル大帝」とかにしておけばよかったのにね。と思う。珍しく「原作物じゃないな」と思ったらパクリですからねえ。あかん。最近では「もし日本がなくなったらハリウッドの映画がおもしろくなくなる」と言われてるくらいハリウッドも日本作のストーリーに頼ってるところありますからね。でも国内でも同じだと思うんですわ。先日娘が欲しいと言って買った少女マンガを読んでいたら、内容が去年日本で大ヒットしたドラマ「ラストシンデレラ」そっくりで、「こんなマネしちゃっていいんかいな」と思っていたら、巻末の出版年月日を見たらマンガの方が数年古かった!つまりあんなに大ヒットしたドラマの方がマンガをパクってたわけで。ドラマは「ちょっとエッチな」というフレーズだったので、小学生対象の少女マンガを読んでる子が見させてもらえるようなドラマではなく(時間帯も遅かった)、いいじゃんと思ったんでしょうか。私のように子供のマンガも楽しんで読む親もいますからね〜どこかでバレるよ。ていうか、みんなとにかくマンガに頼ってる感じだよね。何かを作るにはマンガ市場をチェックしろってことでしょうかね。
寄生獣の権利をキャメロンが「やっぱりオレには無理だ」と手放したのは読みましたよ。うーん、確かにああいう苦悩は明るいアメリカンには作れないかなとちょっと思ったり。なんでも白人がハリウッドでやる必要ないからね、日本のマンガだもん、日本が映画作ったらええ、と思いますですよ。主役の男の子が悪くないので私は見に行きたいです。ただルパンの実写はぜーったい見ないけど(^-^;)ルパンだけはダメでしょ。映画館は日本が高すぎだよね。カナダの映画館も安かったよ。それにマチネーだとさらに安くてありがたかった。選ばずになんでも見れたもんね。足しげく通っちゃいそうだよ〜ふふふ。

投稿: ヒロコ | 2014年1月14日 (火) 19時01分

ああ~漫画からパクるテレビドラマは山ほどありますよね(^_^; やっぱり今いちばん才能のある人は「漫画」の世界に行っちゃうんでしょうね。昔だったら小説界にでも行ってたのでしょうが、今はもう漫画。どきっぱり。

あ、でもイタリアで実写化された「ルパン3世」は面白かったし、イメージも良かったですよ(*^^*) YouTubeに上がってたはず。キャストは全員(五右衛門も!)イタリア人なんだけど、イタリア人のルパンってすっごくハマってました。もちろん不二子ちゃんはグラマ~な美女で。五右衛門は顔立ちの濃いメディタラニア~ンって感じの人が着物着てるんだけど、案外どうしてか違和感が仕事しないのよ。イタリア独特のカラッとした感じとかオシャレさとかと、ルパン本体の無国籍なところがよさげにブレンドされてました。 映画もテレビドラマもイタリアで大好評だったそうですよ。そういうのなら歓迎なんですけどね。バービーの映画は…ヒアリングのおけいこになりますかね(^_^; 不気味の谷のうようよは難けど。

投稿: 辰巳 | 2014年1月15日 (水) 05時16分

辰巳さん〜!

それってルパンのファンが作ったってトレイラーみたいなやつかな?それなら見たよ!イタリア人のルパンがにや〜〜〜って笑うの上手で、次元とふたりでおっとっとって走ってるやつ。銭形もイタリア人なんだけど違和感なくて不二子ちゃんは超グラマーだし。ただ五エ衛門だけが髪の毛ボサボサで色黒でもちょっと他の人いなかったんかいな?って思ったけど、全体的にすごくよくて大ウケしたよ!あれなら許せる。でも小栗旬はダメだ〜見れない。ん?私が見た不二子ちゃんはお風呂に入ってて着物は着てなかったから違うやつかな?
今はほんと日本のドラマも映画もハリウッドも日本のマンガに頼ってますねえ。マンガは個人でも始められるところが、多様性ができていいんでしょうね。色んな利害が絡む前にストーリーを作れるし発表の場も多いしね。底辺も広くて一番クリエイティブな分野だと思いますよ〜。

投稿: ヒロコ | 2014年1月15日 (水) 19時19分

イタリア版ルパンは映画もドラマも作られてるみたいですよ。ファンの手作りじゃなくてちゃんとしたシリーズがあるの。もうルパンとかハマりすぎててスゴイ。グラマー美人の不二子ちゃんの単車の後ろにルパンがひょいって乗ったついでに不二子ちゃんの胸に手を回して怒られてました。あと、これまたハマってる銭形のとっつぁんに手錠をかけられたルパンが「あっ!あれなんだ?!」って言って、とっつぁんがフッと窓の方を見た瞬間にルパンが手錠を抜けて逃げちゃうとかね。次元もカッコよかったし、まあ五右衛門は・・・見てるうちに慣れる範囲でしたのでヨシと。
しかし今考えるとルパンってフランス人ってかイタリア人ですよね。美女に対する反応がもうイタリア~ノって感じ。アメリカ人もルパン大好きみたいなので、これはもうモンキー・パンチがグローバルスタンダードというか無国籍というか、それでいて五右衛門みたいな世界に通じる日本ぽさも絡めてて、洒脱だったんだと思います。
考えてみるとルパンってお話は「女好きの怪盗」「クールなガンマン」「寡黙なサムライ」「美人の悪女」、これしか設定がないんだからびっくりですわ。そりゃ世界中でいくらでもオリジナルのお話が作れますよね。「ご当地ルパン」とかできそう。ほんと、小栗旬じゃなくて海外のルパンを逆輸入すればよいのに。。。

日本の漫画の裾野の広さはコミケに行くとうんざりするほど実感できます(^_^; 底辺があれだけうようよいるんですから、上の方はもうたいへんなレベルになるのは当然ですよね。そりゃあハリウッドもびっくりですわ。最近大ブレークの「進撃の巨人」も、最初は絵がヘタで、いまどきこのレベルの絵で出てくるのか?って思ったんですが、物語がものすごく面白くて、それがちゃんと評価されてバカ売れするわけですから、読む側も立派なものだと思います。

アイディアに溢れるクリエイティブな日本の良さに幸せを感じるオタクの私でした(*^^*)

投稿: 辰巳 | 2014年1月23日 (木) 19時25分

辰巳さん〜!

え〜ほんとにテレビとか映画があるの?!知らなかった〜。でもほんとに今考えるとおじいちゃんがフランス人というよりはイタリア〜ンなテイストだよねえ、ルパン。怪盗、ガンマン、侍、悪女(美人)の設定はすごいと思いますよ。あとで何やってもこれのマネしてるように見えちゃう土台作りだよね。でもYoutubeどれだかわからなかった〜。見てみたい。日本人は合わない気がする日本のアニメなんだからおもしろいね。
ほんとに日本のマンガのすそ野はスゴイですよ。そして古いドラマを見るたびにどれもこれも元ネタのマンガがわかっちゃうのでビックリです。ドラマの脚本家はいまみんなマンガ喫茶にでも住んでんのか?!と思います。でもさあ、あれでテロップで「脚本家◯◯」って自分の名前が出たら恥ずかしくないのかなあ。と思うんだけどどうでしょうね。

投稿: ヒロコ | 2014年1月25日 (土) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145216/54594804

この記事へのトラックバック一覧です: FROZEN:

« 一段落 | トップページ | リヴァイ兵長がヤヴァイ »