« スピッツライブ☆夢じゃない | トップページ | もうひとつのさっと逃げるなにか »

ピートレルの住人

ロビちゃんと電話で話していて、ロビちゃんの友達の話になった。

「最近、ピートレルの友達とまたちょくちょく会うんだよ」
「ふーん。元気にしてる?」
「うん、相変わらずだよ。あの場所も相変わらずだよ」
「・・・そっかあ、相変わらずなんだ〜・・・」
この友達は、ピートレルという名前のホタ(軽食屋?定食屋?さん)があるビルの上のアパートを持っていて、7年前私たちが日本からモルディブに引っ越してきたときに、ここを私たちに貸してくれていた友達なんである。私たちはそこに1ヶ月の間だけ住んでいた。その軽食屋さんの名前がピートレルだったので、タクシーの運転手さんに言うときも、どこに住んでるか聞かれて説明するときもいつも「ピートレル」と言っていた部屋なんだよね。
そのアパートは珍しくぐるりと一面が窓で、中はベッドルームの他にリビングが広くて、しかもリビングにくっついてオープンキッチンになっていた。モルディブの家は暗いところが多くて、窓が小さかったり窓がない壁がいくつもあったりする。キッチンも奥の方にちょこっと隠れていることが多い。モルディブ人は家の中を暗くするのが好きなので、それでなくても小さくて少ないのに、せっかくある窓にベニヤ板を貼り付けてつぶしちゃったりするんである。日本では窓をつぶすのってあんまり良くないって言われるよね。でもそのピートレルのアパートは外国っぽい作りで、全面窓で明るくてキッチンも広々としてリビングを見渡せて、私はとても気に入って住んでいた。本当はもっとそこに住みたかったけど、次に貸す人が決まっているから、という理由で1ヶ月だけ住まわせてもらっていた。その頃うちはまだホテルのビルも出来上がってなくて、一家四人で住む場所もなくて、アパートやゲストハウスを点々としてたんだよね。
そんなピートレルに住んでいたとき、私はデング熱にかかってすぐの病み上がりだったのもあって、夜は子供達と一緒に早く寝ていたことが多かった。ロビちゃんは5年ぶりに日本からモルディブに引っ越してきて、夜はよく友達と外でお茶を飲んでいた(マーレではお酒ないからね)。私は大抵リビングの電気を点けっぱなしにしておいて、ベッドルームのドアを開けたまま子供たちと寝てた。ある日ふとリビングを横切る人が見えたので、「あ、ロビちゃん帰ってきた」とベッドから起きてリビングに行ってみると・・・誰もいない。あれ〜?寝ぼけたかな〜?とその日はベッドに戻って寝てたけど、それからも寝ていると誰かがリビングの中を歩いていて、「あ」と思うことが多くなった。
そのうちに夜だけじゃなくても、昼間でもたとえば流しに向かってお皿を洗ってたりすると、後ろをふと誰かが歩いて行って振り返ると誰もいない、とうようなことが何度もあった。昼間や起きてるときははっきり「見える」んじゃなくて、なんとなく気配がする。でも夜寝てるときはおぼろげになんとなく見えるような感じがする。わりとがっしりした体格の、でも背は高くない男の人で、大体30〜40代くらい。髪の毛は短くて、なんかポロシャツっぽいのを着てる。気がする。もちろん、はっきりそう見えるわけじゃないんだよ。でもそんな感じがする。
彼の方は私たちのことをまったく気にしてないみたいで、目が合ったりすることは一度もなかった。いつもアパートの中を、ただ歩いてる。よく言う幽霊っぽくす〜〜〜っていう移動じゃなくて、普通に歩いてあっちからこっちに、本当に携帯とかを取りに行くような雰囲気で自分の家のように歩いてる。
あんまり毎日いらっしゃるので・・・。
ある日ロビちゃんに言った。
「ロビちゃん、あのさ〜、ここ男の人いるよね〜」
ロビちゃんは、は?って顔をして「え?ダレ?」と聞くので。
「あのね〜」と私もこまかく説明してみた。
ロビちゃんは「え〜そんなひといるの?ワタシはぜんぜんわかんない〜」と言いながらも、そのアパートの持ち主の友達とお茶をして「おくさんがね〜、なんかいるって言うんだよね」と話をしたそうだ。
するとその友達、笑うわけでもなく驚くわけでもなくこう言ったらしい。
「あ〜やっぱりね〜」
その友達はアパートの持ち主だけど、その人が誰か、というような見当はつかないらしい。でも、どうやらこういう話をする住人は、私が初めてじゃなかったんだね。
そしておとといのロビちゃんとの電話。
ロビちゃん「ピートレルね、まだいるみたいだね」
私「まだいるんだ〜でも健在ってのも変だよね〜」
ロビちゃん「ケンザイってなに?」
私「元気でいます、ってことだよ」
ロビちゃん「まあ元気、って人じゃないもんね〜」
両方「あはは〜ヽ(´▽`)/」
ま、害がなかったのであんまり怖くなかったんだよね。まだあそこにいるんだなあ〜。

|
|

« スピッツライブ☆夢じゃない | トップページ | もうひとつのさっと逃げるなにか »

スリランカ生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145216/55465566

この記事へのトラックバック一覧です: ピートレルの住人:

« スピッツライブ☆夢じゃない | トップページ | もうひとつのさっと逃げるなにか »