新年2012

皆様あけましておめでとうございます!!

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、私は今年日本の実家でずいぶんのんびりしたお正月を過ごしています。日本の冬は5年ぶり、寒いけどわりに楽しくやってますね(^^)スノボも久々に堪能できたし、冬休みをエンジョイしております♪

今年は久しぶりに家族マージャンやりましたよ。もうマージャンも何年ぶりだか。

なかなか引きは良いのでツモは悪くないのにちっとも上がらず、その上どんどん振り込むというガックリな結果に\(;゚∇゚)/ちゃんとテンパるのにそこからが遅くてしかもどういうわけか振り込んじゃう!どういうわけかって、読みが甘いってぇ意見もございますが、まあ~リーチ一発ドラ×4親とかに振り込むともう今年は振込みの神様がお憑きになっているんじゃないかと思わないではいられません(-_-;)

ま、そんなお正月でございます(^^;)たまにはいいやね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

やっぱり寒いね!

帰ってまいりました!日本!!
いや~~~寒いっ(><)
ほんっとに寒いよっ!!

冬はほぼ4~5年振り。ほぼというのは、日本を出てモルディブに引越したのが5年前の12月始めだったから、それから数えるとまあ5年。娘は当時4歳、息子は2歳。ふたりとも冬の記憶がないんだよね。
私も久しぶりに来たから、まず成田からの景色でおお~っと思った。いつも夏休みに帰ってきてたから成田の周りは緑がいっぱいで木がもりもりと生い茂って、「日本って緑が濃いね~!」っていつも言っていたのだ。それが今回は一面茶色く枯れていて山もぼそぼそ。まあ当たり前なんだけど久しぶりに見たからなんか新鮮。日差しも低くて弱いし、すすきが光っててきれい。光の具合も空気もとにかく冬だ!

子供達は空港から外に出て空気の冷たさにビックリ!大体、うちの子供たちは「寒い」と「冷たい」の言葉の使い分けができてないので、ほんとに寒いというのがどういうことがわかってないんだよね。もちろん、スリランカでもモルディブでもエアコンが効き過ぎて寒い、というのはあるんだけど、こういう大気的な感覚はわかってない。たとえば、モルやスリランカでは雨続きでちょっと涼しい日というはあるけど、太陽が出ていればもうあっという間に気温が上がって暑くなる。だから、日本の冬みたいに「晴れているのに寒い」というのがちょっと理解しにくい。「太陽が出てるのにどうして寒いの?」ということになる。これはモルディブ人にもしょっちゅう言われたことで、冬というのは毎日雪が降って寒いのだと思っているフシがある。もしくは雨とかね。日が差さないから冬になると思っているのだ。「日本の冬はとてもよく晴れるけど寒いんだよ」と言ってもそれがどういうことなのか理解できないんだよね。ロビちゃんも日本に住んで最初の頃はよく不思議がっていた。

さて、今回は夏休みに帰ってきたあとすぐでまだ4ヶ月しか経ってないので、子供たちもよくいろんなことを覚えている。うちはいつも成田空港からバスに乗るんだけど、息子がバス停に行く前に自動販売機があるからそこで飲み物を買いたいと言い始めた。どんな国に住んだことがある人でもわかるようにこんなに自動販売機がある平和な国は日本くらいで、うちの子供たちももれなく自動販売機好き。とにかく日本に帰ってきたら自販機で何かを買いたい!んだよね。で、息子が「あそこでたらじどうはんばいきがあるからー」と言うんである。空港のドアを出て息子の言う左側を見ると、ほんとに自販機が並んでた(^^;)よく覚えてるなあ。「ぼくがおかねいれるー!」「わたしもー!」「ボタンおすー!」と二人で争ってお茶を買う。そこまでせんでも・・・(^-^;

実家に着いてこたつを見たら子供たちは「あーこたつー!これがこたつー!」と潜り込み、出てこなくなった。うむ、おそろしや、こたつ。実家の家は築の古い木造建築なので底冷えするんだよね。寒いの。だからマンションに住んでる友達の家なんか行くとあったかくて驚くけど、うちはとにかく寒いのでこたつに入ると出られなくなっちゃうんだよねえ~。そしてこたつでみかんを食べる。おお~日本だなあ~~~( ̄▽ ̄)

夕方すぐ暗くなるのもなんだかなつかしい。昨日美容院に行こうと夕方出かけて自転車に乗ったらなんだかものすごくなつかしかった。コロンボの美容院はやっぱりあんまり満足のいくように切ってもらえないから日本に帰るまで我慢して伸びっぱなしにしてて、早速美容院に行ったんだけど、冷たい空気の中自転車で走る冬の夕暮れってのがほんとーに久しぶりでなつかしい!いいねえ~なんかこういうの。やっぱり四季があるのっていいよねえ。

でも寒さでもちろん私の鼻のアレルギーは悪化、もうぐしゅぐしゅのくしゃみ連発でしかもぴったりと詰まっちゃって臭いもゼロで目もかゆい。しょうがないんだけどね。

子供たちは冬服をまったく持ってないので次の日にすぐイオンに行ってまるでプリティ・ウーマンのような買い方で服を買った(^-^;)息子なんて靴下もスニーカーも長ズボンも持ってなくてサンダルに靴下履いて帰ってきたんだよね。サッカーシューズはあるんだけどスニーカーがない。暑がりなので長袖も長ズボンもない。娘は2枚くらい長袖を持ってたけどそれだけ。なので上から下までぜーんぶ2~3枚ずつ買った。レジのおばさんが「えっ?!」って言ったのよ。ほんとに。「えっ?!」って顔をしたんじゃなくて、「えっ?!」って言ったの(^^;)私も自分の昔着てたセーターを出してきたけど、もう毛だまになっちゃってるからやっぱり買わないとだねえ。コートはカビてるし、5年のブランクは大きい。しょうがないので弟のコートを借りて外に出て自分のコートを買ってきたよ。以前4月にイタリアに旅行に行って春かな~なんて思ってたら異常気象でめっちゃ寒くてモルディブから薄着で到着したロビちゃんとふたりでミラノでセーターとかマフラーをあわてて買ったときを思い出したよ。

そうそう、でも最近コロンボがめちゃくちゃ暑くて背中にできてたあせもがきれいに治った♪虫刺されのひどかったところもかゆいのが治まったヽ(´▽`)/助かるね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

見た映画リスト

今日は日本に里帰りしてた約2ヶ月弱の間にツタヤにせっせと通って借りて観た映画をリストアップしてみようと思います。独断と偏見によるコメントですので普通の「映画批評」のようなものではありません(^^;)また、ネタバレですのでこれから観たい作品のコメントは読みたくない方は飛ばしてくださいね。ではいってみよう~ヽ(´▽`)/

「BECK」

もちろんたけるが見たくて借りました。いえい(≧∇≦) 私は原作コミックは読んでないのでなんの予備知識も思い入れもなく見れました。普通におもしろかったです(^^)たけるもかわいかったし。原作の絵は見たことあるんですが(コミックスの表紙ってことね)、みんな原作に忠実にルックスを作っていて、たけるはあの髪型だとまだまだ高校生でいけるねーと思いました。歌のシーンは「To-y」のアニメ版手法と同じだな、と。「To-y」のアニメ版が古くてわかんない?ま、あれですね、観客のご想像におまかせしますってやつです。原作で「天才的な」とかなってるとハードル高くて表現するのは大変だよねーってことですね。それにどう作っても文句言う人出てくるでしょうし。そうなるとコミックス原作の実写版映画というのはどうなの?という根本的な問題になっちゃうんだけど(^^;)まあそれ言い出すと違う論議になりそうで。帰国子女ふたりの英語のきょうだいゲンカがすごくよかったね。水嶋ヒロも英語キレイだねー。初めて英語しゃべってるの聞いたけど違和感なくてよかったです。妹役の子はオーストラリア育ちということで日本語も英語発音ぽくなってるとこがあるので英語のせりふの方が生き生きして見えました。

「悪人」

妻夫木くんのダーク役ということで。個人的には妻夫木くんの悪役は好きです。悪役やると演技うまいなあと思わせられる役者さんですね。いつもいいひと役が多いから余計なのかな?個人的に深津絵里さんも好きです。あごのラインが。そこかい!って?はい、そこです(^^)でもそんなに悪人じゃなかったよね。「砦なき者」の方がずっと悪人だったね。「砦なき~」はすごくよかった作品なので今回の悪役も期待しました。全体的な映画のイメージが「閉塞感」って感じかな?なんかあんまり・・・「追い詰められ感」満載の「やるせなさムービー」なんだけど、どうせやるならもっとどうしようもないとこまでいっちゃうくらいヘビーでもよかったかな。なんて。

「アンフェア The Movie」

これはコロンボ在住の日本人のお友達に「アンフェア」のドラマDVDを借りて見ていたので見ました。ドラマはおもしろかったけど、やっぱり映画にしちゃうと2時間しかないからちょっとダイジェストっぽくなっちゃうのが残念だね。わざと「犯人は誰か?」というのを惑わせることに重きを置きすぎちゃってる感じがしました。なのであんまり内容を覚えてない・・・。江口洋介が出てたのは覚えてるんだけど。日本に帰る前に「救命病棟」を借りてずっと見ていたのでなんだか「進藤先生!」って気がしちゃって変な感じがしました(^^;)やっぱりこれはドラマの方がおもしろかったね。日本にいる間に映画館でまた「アンフェア」の映画の宣伝をしてたけど、次のはどうかな?また来年帰ったらそれを見よう~。

「SP革命編」

ドラマの「SP」が大好きなのですごい待ってて見ました。でも私はあまり予備知識を入れないで見たい方なのでわざと何も知らずに見たら、完結しなくてビックリ!まだ続くんかーい!って終わったときに驚いちゃいました。ストーリーがまだ続くせいからか、この「革命編」は「アクション編」って感じがします。あんまりストーリー進まなかったもんね。わりと全編アクションにつぐアクションで俳優さんがんばった!という雰囲気が。しかしあんなボウガン突き刺さってるのに置いていかれるなんて大変な仕事だなあと思ったりしました。実際にボウガンで撃つやつなんているのかな?まあ色んなやついるか・・・。

「ノルウェイの森」

これさあ~・・・いや、原作好きだからね、もちろんある程度覚悟はして見たんですけどね。ほら、原作に思い入れがあるやつってどうしても幻滅したりするでしょう。原作ファンを全員満足させられる作品なんてあるわけがないのも理解してるつもりです。がしかし!これはさあ~いくらなんでもあの直子はちょっと!菊池凜子さんは確かにすごい女優さんなのでしょう、それは反論しませんが、どう贔屓目に見ても20歳には見えないんですけど!!!光の角度とかでたまに本当におばさんみたいに見えてそのたびにガーックリきました。松ケンはあの独特の言い回しのせりふも自然にしゃべってて好感が持てたし、ミドリ役の女の子はとーってもキレイでかわいかった。しかしてあの直子が!直子が直子がぁぁぁーーー!

「食堂かたつむり」

これは原作小説を読んでいたんですが、小説は「つまらない本だなー」というのが感想でした。なんで手に取ったかというと、ハードカバーの帯布にスピッツの草野マサムネさんがコメントを書いていたからで、他になんの理由もなく読んだのよね(^^;)ははは。もともと作家ではなくてどうやら草野さんが所属している事務所とかユニバーサルとか、なんかそのへんの業界の人がふと書いてみたような感じで、それに草野さんが応援コメントを書いた、というようなことが書いてあったようななかったよんうな。なので文章もそんなに個性があるわけでもなく「へえ~」というイメージしかなかった本ですが、映画が柴崎コウ主演だったのでなんとなく見てみました。結果、映画の方がだんぜんよかったですね!全体の雰囲気もおもしろかったしストーリーの個性も出てたし、柴崎コウもよかったけどブラザートムがすごくよかった。音楽も変わってたしお話も引き立っていて借りてる期間中に2回見ました。いや~演出・脚本のちからってスゴイですねえ。

「となり町戦争」

変わった映画でした。うーん・・・。見てる間もずーっと不思議な感じ?でもとてものどかな田舎町と戦争という組み合わせがおもしろかったです。地続きのヨーロッパとかで戦争ってちょっと違うけどもしかしたらこんな感じかな?とか思ったり。江口洋介と原田知世という、組み合わせもまた不思議なコンビでした。でも江口っちゃんよかったよ。うちの娘が「えぐちようすけってかっこいいね」と言い始めました。し、シブイね。

「イエスタデイズ」

ひとことで言っちゃうと和製「フィールド・オブ・ドリームス」かな?塚本高史と國村隼出演なので見ました。塚本高史はやっぱりアニだよね~。そのへんから好きです。あと、國村隼も好きなんですねえ。私はあんまりオヤジスキーじゃないんですが、この人はなんかいいですよね。まず声がシブイ。目つきがキビしい。目がデカイ。この人の若い頃の役をやった役者さんが同じように切れ長の大きな目の人だったので、「おお~この人目でオーディション受かったかな~」と思ったほど特徴のある目ですよね。話は最後で号泣です(^^;)こういうの泣いちゃいます。よい映画でした。

「パーマネント野ばら」

またまた江口っちゃんです。これは江口っちゃんだからというだけの理由で借りてきました。見出すと同じ俳優さんを見続けちゃうんだよね。原作は読んだことないです。でも他のマンガは読んだり持ってたりするからなんとなく雰囲気は伝わりますね。でもなんかあまり印象的な部分がなかったなあ。江口っちゃんの「一緒に住もうか」っていうセリフだけよかったかなあと。そんな感じです。

「GANTZ」

出た~GANTZ。話題になってましたねえ。原作コミックスは読んだことないです。同じ作者の昔の作品なら全巻持ってたやつもありましたが最近のは読んでないですね。これもまったく知識なく見たけど、こ、コワイって!あの、カタカタカタカタ襲ってくる人形とかでっかくなる仏像とか仏教団体から文句とか来ないのかな?とちょっとびびっちゃうんだけど。あれキリスト像が巨大化して人を襲ったら絶対キリスト教会から文句来るよねえ・・・(-_-;)なかなか制作側がチャレンジャーだなあと思いました。おもしろかったよ。これもまた松ケンでしたね。ニノは特にファンでもないし作品も今まで一度も見たことないのですが、最初の方と最後の方の心境が変わるあたり、顔の表情が上手だな~と思いました。コロンボに戻る機内でGANTZの「パーフェクトアンサー」だっけ?続編やってたんだけど機内で見るには怖すぎると思って見れませんでした。となりに子供たちいるしね。

「南極料理人」

怖いの見たら平和なのをね(^^)平和な映画でした。ていうかこれ日本じゃないところで見たらいろいろ食べたくなってストレスたまりそう!ラーメンおいしそうだった~!こういう人って和だの中華だの以外にもちゃんとフレンチのコースとかも作れるんだなあ~とか感心したりしました。南極・・・大変そうだよねえ。島に住んでたからあの閉塞感ってすごく共感できるけど、南極は人数は少ないし寒すぎだし日が昇らない時期とかが来たりするからねえ。日が昇らなくて真っ暗というのはさぞかし気持ちが滅入ることだろう~・・・と考えながら笑って見れました。堺雅人さんの笑ったときの目の下の目袋が好きです(^^)そんなんばっかりや。

「武士の家計簿」

またまた堺雅人です。実話ってのがいいですね。今で言うところの会計士みたいな感じでしょうか、現在と同じような隠蔽が行われていたのがおもしろいです。ほんとに江戸時代も今もおんなじことやってるんだなあ~って新たな発見です。みんな畳に正座でそろばんをはじいているわけですが、勤務中ずっと正座だったのかなあ~それとも役職が上がるとちょっと足を崩してもいいとかあったのかなあ~とかそんなことを考えてました。だって絶対しびれるでしょ~。お米がお金ってのもおもしろいよね、日本はね。

「ハチミツとクローバー」 ドラマ

これはドラマなのでDVDが何枚か・・・6枚くらいあったっけ?全部通して見ました。これは原作コミックスが大好きなので映画も見たし、アニメも全話見ました。え~・・・映画はコケたよね、これはね。アニメは・・・最近のアニメってほら、あんまり動かないでしょ。わいわいやってるシーンとかはこう背景に飛ばしてる長方形みたいなのが代わりににぎやかに動く、みたいな。あとはぐちゃんの声が個人的にどうもしっくりこなかったのですが、全編通して入る挿入歌がスガシカオとスピッツで(原作者が好きで題名もそこからとっているため)、その歌の選び方と入れ方がすごくよかったんですね。「夜を駆ける」なんて絶妙のシーンでしたし。で、このドラマですが。実写版ドラマね。最初違和感あった生田斗真も目が慣れてきたらだんだん竹本くんに見えてきたし間山とかもよかったんだけど、あの花本先生が!どーしてあんなやせたオジサン?!そして理花さんがどーして瀬戸朝香?!そして原田をやってたあの人はダレ?!という、年長チームがさんざんな結果で見るのが辛かったっす(T_T)や、もう、実写版とかしなくていいから、ほんとに・・・。ってなっちゃうね、結局ね。

「UDON」

これはおもしろかったー!もともと仲良しのユースケ・サンタマリアとトータス松本のコンビもよかったし、見ててずっと笑ってました。関西弁も大好きだし、めちゃくちゃうどんがおいしそう(≧∇≦)個人的にユースケ・サンタマリアが好きなんだけど途中でトータス松本と一緒に歌うたってて楽しそうだったね~。このふたりはまだ両方とも知名度があまりなかった頃から一緒にラジオをやったりしていて、なんか見ててこっちも楽しくなるよね。トータス松本の「サムライソウル」のPVが好きですが、演技上手だよね。父ちゃんが死んで店を継ぐ・・・というのはなんか自営業の永遠のテーマですなあ。家業がなんであれ、みーんな「継ぐか継がないか」っていうのは一度は必ず悩むのよね。

「猿ロック The Movie」

バカさ炸裂の市原隼人主演ドラマ「猿ロック」の映画です。私はバカ炸裂の市原隼人が好きですね。最近はルーキーズのおかげで熱血の役が多いけど。「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」とかおもしろいよねー!「ナイス敬い!」とか名セリフだと思います。猿ロックもバカっぷりがおもしろかったんですが、今回の映画ではあんまり飛ばしてなかった感じがします。せっかく映画なんだしもちょっとなんか突き抜けちゃってもよかったような。最後の寝てるシーンはファンサービス☆だね。

「半分の月がのぼる空」

大泉洋と池松壮亮が出ているので見ました。大泉洋好きですねえ。味系ですよね。この池松壮亮くんはたけるが主演してた「Q10」に出ていてすごい自然体な子だなー!と思って驚いた子で、写真見て「あ!」と思ったので見たんですね。なんだか用意されているせりふをしゃべっているように見えなくて、本当にそう思ってしゃべっているように感じさせる役者さんです。どういう子だろう?と思って調べたら、トム・クルーズが主演した「ラスト・サムライ」でトム・クルーズと心を通わせる少年の役を演じて高い評価を得た子だそうで、なんだか納得いたしました。「Q10」でも心臓に欠陥がある少年の役でしたが、今回も入院中のできごとで私の中ではすっかり病弱なイメージがついちゃいそうです。ヒロイン役の子が「BECK」にも出ていた忽那汐里で、肌荒れがひどかったです。ニキビ?原作はライトノベルズでコミックス、アニメ、CD、映画、あとなんだっけ・・・6方面に展開された唯一のライトノベルだそうで・・・。それにしては聞いたことなかったけど(^^;)すんません。内容?内容はなんていうか・・・うーん・・・まあ、最近こういうの多いよね、って感じでしょうかね。

「ラブ☆コン」

これは前にも見たことあるんだけど好きでまた借りてきて見ちゃった映画です。今まで見た原作コミックスの映画化で一番そっくりだと思った作品でしょうかね。もう小池徹平がめちゃくちゃ大谷や!公開時にポスター見ただけでたまげました。顔や雰囲気がそっくりなだけではなく、本物の関西弁なのもよかったですねえ。個人的に関西弁大好きなので方言指導で必死にやってる関西弁聞くの好きじゃないんです。でもこれは自然に関西弁があふれ原作のイメージもあまり壊さず、うまくいった作品じゃないでしょうか。楽しい映画ですね。見ると元気が出ます(^^) 

「体育館ベイビー」

これはまさに中村優一くんが主演してるからというだけの理由で見た映画です。「や、私腐ってないよ?BL興味ないし」と日ごろ言っているのにもかかわらず借りてきてしまったちょいBL臭漂う映画です。うーん・・・。ほんと、く、腐ってないデスよ?中村くんだからー!しかし内容はどうであれ、中村くんがかわいい・・・。勉強してるところなんかライトが絶妙ですごくかわいい・・・。ヤバイ主婦(42歳)(-_-;)しかし中村くんはこういう役が似合うよね。ストーリーはどってことないですが2回見ちゃったよ。立派に腐ってきてるのかしらん。溺れるとこがも、グッド(≧∇≦)あかん・・・。

「同級生」

上記の「体育館~」の姉妹品みたいな映画?同じ登場人物で違うアングルで違うストーリー展開を見せる映画です。これどういう風に公開したんだろう?ポケモンの「黒き英雄」と「白き英雄」みたいにやったのかな?とイマイチ不思議な関連作品です。「体育館~」がBLだったのに対し、こちらはまったく普通のストーリーです。たぶんBLに拒絶反応を示す人用にはこちら、みたいな感じかなあ?よくわかりませんが。私としては「体育館~」の方が好きです。あ、アカン・・・・腐敗臭が・・・(^^;)

「L Change the World」

デスノートのLのスピンオフですね。デスノートは原作を全部読んで映画もDVDだけど見ました。私のイメージではLはもっと目の大きい子に黒々とメイクをしてほしかったんですが、それでも松ケンはなかなかいい雰囲気にLをやってましたよね。今から比べるとすっごい細いし。Lがいつも着てるようなフツーの白い長Tが好きです(^^)このスピンオフはまあLじゃなくてもいいような・・・?わりとよくある細菌恐怖ものですね。しかしなんでナンちゃんが出てたんでしょうか?顔見るだけで笑っちゃうんだけど。そうそう、冒頭でFの役をやっていたのが「電王」でオーディションに行く途中で迷子の子供をほおっておけなくてオーディションに間に合わなかった、という役をやっていた人でした!説明なが!イマジンに「死ぬほど金がほしい」という契約をした人です。この人は覚えやすい顔のお兄さんなのですぐにわかるんですが、ドラマのアンフェアでも1話の冒頭で逮捕される強盗の役をやってたし、「SP革命編」にも出てましたね。あっ、「忍たま乱太郎」にも忍者役で出てたなー。って全員忍者や(^-^;

「人のセックスを笑うな」

またまた松ケンです。特に大ファンということでもないのですが、なんとなく見ちゃうって感じですかねえ。というか、出演作品が多いんでしょうね。のきなみ出てるように見えます。ストーリーはもうちょっと何かあるかな?と思いきやそうでもなかったという、不完全燃焼な映画でした。ていうかあんまり印象に残ってないかも。

「もやしもん」

はい、中村優一くんです。もやしもんは原作コミックスを読んでますけどきちんと読んだのは7巻くらいまででしょうか~。原作はおもしろくてCGもかわいくてキャストも悪くないのになんでつまんないのかな?という具合に眠くなりました。なのでDVDも1枚目だけで3話あたりでザセッツーしました。ゆーとゴメン!何の役にも立てなくてー!(デネブ風にね ^^;)

「ウルトラミラクルラブストーリー」

これまた松ケン登場!そして麻生久美子さん!この方もものすごい数出てますよねえ~!見る映画見る映画なにかしらに出てるような気がしますが。キレイな人ですよね。たたずまいに嫌味がないです。松ケンの東北弁が上手だなあ~~~と思って見ていたら、出身が青森だそうです。「自分にしかできない」と熱心に打ち込んだとかですが奇妙な役どころでしたよね。思いっきりネタバレですが、最後のバッタリ倒れて死ぬところがよかったです。やっぱり死ぬシーンは目を開けたままが好きですね。そんなにうまく閉じられないもんですよ、本番でもね。

「オカンの嫁入り」

残りの命わずかものです。最近多いですねー。まあ、誰かを殺せば簡単にドラマティックになりますから気持ちはわかるんですが。これは普通なら見ない部類ですが桐谷健太くんが出ていたので見ました。それだけですね。なかなか好青年ぶりでした。こんな人おるんかいな?あとまた國村隼さんも出ていて、よかったですね。ってキャストだけかい。

「恋愛100ストーリー石黒英雄編」

不思議なDVDです。題名を忘れちゃったので検索したんだけど出てこない!確かこんな名前でした、といううろ覚えです。でも、「石黒英雄編」ということは他の「俳優さん編」もあるんじゃなかろか?と思うのですが、どうなんでしょうか。ツタヤでもこれ1枚だけぽつんとありました。なんでだろう?でも石黒英雄くんが好きなので借りてみました。えー、全体的にハズカシイ内容です(^^;)DVD1枚の中に3話入っていて、それぞれタイプが違う男の子に扮し恋愛をするというストーリーなのですが、見ている方もひじょーにハズカシイのでやっていた本人たちは相当恥ずかしかったのではないでしょうか。え?プロはそんなことない?うん、まあそういうことにしとこうか~。こういうの、脚本書く人も恥しいんじゃないかと思うんですけどどうでしょう?仕事として割り切る?でも確かに自分も「思い切り開き直ってめちゃくちゃ恥しい恋愛もの書いてください」って言われたらなんか楽しくできそう(^-^;

「受験のシンデレラ」

またもや余命わずかものです!オイ!でも主演が好きな俳優さんなので借りました。なんだっけ名前。ほんまに好きなんかいな!あそうそう、豊原功補です。この人は関西弁がすっごく上手なのに(新宿出身ですが)標準語なのがもったいない!この人のハリセンの関西弁がスゴイ好きです。関西弁は「ナニワ金融道」で特訓したんでしょうか。ほんとに関西人に見えます。しかし余命わずかなんですわ。アゲイン。まーいいけどさ。最後やつれていく感じがなかなかリアルだったので。頬のコケ方とかほんとにガンのカヘキシーぽかったし、歩くのつらそうだったりガター!と倒れたり役者さんだなあと思いました。体格のいい人がガタガタガタッ!と倒れるとなんか迫力ありますね。この主演でモナコ国際映画祭の賞をもらったそうです。内容はまあ「東大一直線」?「ドラゴン桜」?どっちも読んだことないから想像なんだけどねー。そんな感じです。

「8月のクリスマス」

んでもって余命わずかもの再び!またかよ!これは歌手の山崎まさよし主演で、音楽も彼がやっています。音楽はよかったよ、いつものギターサウンドでね。でもね、なんつーの、あの朝チュンみたいな(夜ふたりがベッドに入って暗転して朝のシーンになって鳥がチュンチュンさえずってる演出)、意味深なシーンのあとに暗転して遺影が映るという死なせ方もかなり安易な!そりゃー楽だわ、な展開で!眉間にしわが寄りましたです。こんなにたくさんの「余命わずか」ものがあふれている中、逆に考えればそこでみんなと違うことをしたら個性が出せるんじゃないでしょうか?たとえば恋愛ものだって吐いて捨てるほどあるわけですが、あえて同じ題材をやるならその中で他と差異をつけよう!という方向にはいかないんでしょうか。そら、黒縁の白黒写真がアップで映れば「あー死んじゃったんだな」と見ている全員がわかるわけで、なんのチャレンジもないですよね。最初から余命わずかってわかっていておもしろかったのは「木更津キャッツアイ」くらいかなあ?死んじゃうわりにはめちゃくちゃやってて、でもふと寝転がったらそのまま起き上がれなくなっちゃったり、入院してベッドの上でやつれた顔して「寒いから上着取って」って言ったり、死ぬ間際は病院から家に戻ってちょっと目を離しているすきに死んじゃったり、すごくリアルだったよね。あれ見てて「そうそう、最後は家で過ごしたいって退院する人多いよね」とか、「それまでつきっきりでそばにいたのに、ほんの少しの見ていない瞬間に息を引き取ったりするんだよね」ってすごく納得して、だーと涙が出ちゃいました。最後って本当に息を吸い込むので、ああこれが引き取るって表現なんだなあって、経験したことある人は実感こもる場面になると思うんだよね。そういう細かい部分を逃げないでちゃんと作ってた気がします。あんだけめちゃくちゃやってるあとにね。で、泣かせておいて、続編でゾンビになって戻ってきたりね。クドカンってやっぱりおもしろいなあってこうやって他の作品見ると感じます。なんにせよ、産みの苦しみってのがあまり見受けられない作品は見る方も流しちゃうよな、ってことでした。

「My Back Page」

これは日本からスリランカへ帰るときの、成田→シンガポールの機内で見ました。妻夫木くんと松ケンの2大ホリプロ俳優共演ものですね。でも見ててつまんなかったー!題材が昭和の学生運動っていうかアカ派っていうかのやつで、私このへんほんとーに興味ないんですよ。さっぱりおもしろみがわかんない。難儀しました。全部見ましたけどね。この時代をまさに青春として過ごした人は見ておお~!って思うんでしょうか。私にはわかりません。こんなに眠いのにがんばって見て、他の見ればよかったなと真剣に思いました(^^;)

映画館に行って見た映画

「仮面ライダーオーズ&海賊戦隊ゴーカイジャー」

これは仮面ライダーオーズと暴れん坊将軍が共演するやつです。もう東映はすぐ時代劇になっちゃうんだから。「電王」でも映画で2回ほど江戸に行ってますもんね。暴れん坊将軍は歌もあのままで役名も徳田新之助で出ていて、見どころはオーズのバイクと一緒に馬で並走するところでしょうかね。しかしあんな周りが騒がしくてしかもバイクのとなりを一緒に走れる馬がエライ!大した役者馬ですよねえ。普通たまげますって仮面ライダーとなりにいたら。オーズのコインと一緒に徳川の御紋がピカーン!!と光って笑いましたヽ(´▽`)/

「ポケットモンスターBWビクティニと黒き英雄ゼクロム」

これは「白き英雄」とふたつあるので、とりあえず映画館に行って時間がちょうどいい方をチェックしたら次に始まるのが「黒き~」だったのでこちらを見ました。息子は始め「りょうほうみる」と張り切っていたんですが、見ていて話が壮大になってくるにつれ「ちょ、ちょっとこわい」と言い出し、映画館から出てきたら「しろきはいいや」と変化していました(^^;)映画館だと特に音響がすごくて大きい音が苦手な息子はそれだけで怖くなっちゃうんですね。中にいるとぐうぐう寝ている親御さんが多いですが、私はポケモンはCGがキレイなのでじっと見ています。やっぱり人気があると予算もあるので美しい( ̄▽ ̄)スゴイですよ、劇場版ポケモン。

「忍たま乱太郎」

子供たちが見たいと言うので行きました。でもおもしろかったヽ(´▽`)/鹿賀丈史の歌せりふみたいなのにビックリしました!顔もすごかったけど(^^;)これは人数が半端ないので「あっこんな人が出てる」というのを見つけるのがおもしろかったですね。そして意外に土井先生がかっこよかった。意外は失礼?

「ロック~わんこの島」

このサブタイトルが必要なのかよくわかりませんが。これも子供たちが見たいと言うので行きました。なのに息子が途中で飽きちゃってしかも「ママ、トイレ~」と途中退場しました。初めて映画の途中でトイレに行きましたよ(^^;)まあ、「忍たま~」に比べたらそこまで子供向けではないのでまだ息子の年にはつまらなかったかもしれません。ちなみにうちの子供たちは佐藤隆太をいまだに「川藤」と呼んでます。スンマセン。

「うさぎドロップ」

これはロビちゃんが来るのを待ってひとりで行きました。息子が一緒に見たいと言ってたのですが、また途中退場じゃたまらんし、子供向けの映画でもないのでロビちゃんに子供たちを見ててもらい優雅におひとりさまで映画館に行きました。原作コミックスを弟が買ってきていた雑誌の連載で読んでいて「あれからどうなったのかな~」とすごく気になってたんですね。そうしたら映画化だというので。これは見たいなと。そしたらまたもや松ケンじゃないですか!一体何本彼の映画を見たんでしょう、わたしゃ?まるで大ファンのようです。そうでもないんだけど。でもね、見たらとてもよかったです。原作とはちょっと違う部分ももちろんあり、でも最初の方はせりふなんかかなり原作と同じだったりしてイメージは壊れてない感じですね。それに素直におもしろかったし。妄想のとことか。りんはもうちょっと大人っぽい子でもよかったかなとも思ったけど、でもあんなもんかな、とも。芦田愛菜ちゃんは今大人気ですがこれから大丈夫でしょうかね。ひとごとながらこれから先がよい人生でありますようにと祈るばかりです。ただ、「半分の月がのぼる空」ですごく小さい子が寝てるシーンがあって、あとでキャストを見たらその子が芦田愛菜ちゃんだったので、かなり前から子役をやっているんだなあ、と驚きました。ということは親が熱心なのかな?つまり昔からそういう生活らしい、ということが伺えるので、ブレイクは願ったりかなったりなのかもしれませんが。芦田愛菜ちゃんの数年前にブレイクした子役の美山加恋ちゃんもドラマとかバラエティとかめちゃくちゃ出てたけど、「ロック」で中学生役の女の子で「どっかで見たことある顔だなあ~」と思っていたら彼女でビックリしました!大きくなったねえ・・・。よそさまの子は大きくなるのが早いです。まったくの余談ですが、映画の中でダイキチがりんを抱えて走るシーンがあるんですが、松ケンが愛菜ちゃんを抱っこしてめちゃくちゃ走るんですが、転んだら大ケガだよ~全力疾走しないでくれ~と不安だったのは私だけでしょうか。もし私が親だったら怖くて見てられませんってなくらいのスピードでした。転ばなくてヨカッタ。

おお、こうやってリストアップしてみると、ずいぶん見ましたねえ。たぶん忘れてるのも数本あるんじゃないかと思われます(^^;)最後にツタヤのお兄さんに「履歴ってもし残ってたら教えてもらえませんか?」ってよっぽど聞こうかと思ったのですが、言えませんでした。ちなみに私が通ったツタヤにはちょっと説明しただけで自分なりの視点を持ってすぐに答えてくれる通なお兄さんがひとりいます。去年もいらっしゃいましたが今年もまだご健在でした。バイトはすぐ変わりますがお兄さんはなかなかくわしいし、長くお勤めのごようす、店長さんでしょうか。ああ、ツタヤで働いてみたい・・・。分類わけとか今月のイチオシ作品の選出とかやってみたい・・・。と行くたびに思います(^^)あ、でも音楽関連とかからっきしなのでDVD部門ということで。ダメか、そんなの。

さあ、またたくさん映画を見られるのは次の来日のときということで~。また来年~(*゚▽゚)ノ

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

チェーン通院

涼しい~・・・。

なんか、うっすら寒い?んだけど・・・。

まあ、年中暑い国に住んでいるからもう夏は飽きてて、たまには違う季節で過ごしたいなあ~っていつも思っているんだけどね。子供の学校の休みで一番長いのがこの夏休みだからここで日本に帰るのが一番都合よくて結局毎年日本に帰ってきてもやっぱり夏なんだが。

今年は涼しい~。

たまにはこういうのもいいね~( ̄▽ ̄)ちっとも汗かかないんだよ~。

ちょっと気温が上がるとうちの母なんかは「暑い暑い」って言ってるんだけど、私にはまったく暑くない。みんな「湿気が多くて暑いよね」って言うんだけど、私は逆に湿気が少なくてさらりとしているように感じるんだよね。だから服とか髪が肌にはりつくこともなくてすごくさわやか(^^)そう言うと大体「えーっ!!!」って驚かれるけど、ほんとに湿気が少なくて涼しいんだな~。考えてみればモルディブにいた頃は湿度計見ると大体平均湿度70%なんだよね。乾燥してるな、って思うと60%くらい。日本って夏でも・・・70%はないよね、きっとね。だからさわやかなのだ。娘は日本に来てからくちびるが乾燥して切れてるしね。

日本に帰ってくるのはもちろん遊ぶのもあるけど、体のメンテナンスというのもあって、私も子供たちを連れて色んな病院に行く。日本に到着して次の日にすぐ住民票転入手続きをして保険にも再加入、保険証と小児医療証をゲットしてまずぜんそくとアトピーのある息子を小児科と皮膚科に連れて行った。最近アトピーとあせもの両方がひどくて(コロンボはすごく暑かった)、どういう風に薬を塗ったらいいのかよくわかんなくてね。あせものクリーム塗ったらアトピーがちょっとひどくなっちゃったような気がしたのでそれを相談に皮膚科に行った。塗り薬もコロンボのが効いてるのかどうかよくわかんなかったので色々もらった。それからこの涼しさで鼻水と咳が出ていたので小児科にも行っていつものぜんそくの薬もたくさんもらった。そして私も含めて毎年行くかかりつけの歯医者さんにも行った。

この歯科医院は小児歯科もあるし口腔外科もあるので、顎関節症の私は子供を連れて日本に住んでいた頃から通っていたのだ。小さい子供を連れてると預ける場所がないと歯医者に通うのも大変だけど、ここの先生はまだちびっ子だとお母さんのお腹の上に子供を乗っけてお母さんの治療をしてくれたりするので、預ける人のいないお母さんから大好評なのだ。私も近所の仲良しママから話を聞いて通い始めたんだよね。

さて、一年ぶりの歯科検診、子供たちはふたりとも虫歯もなくOKヽ(´▽`)/いや~よかったよかった。そして自分の番。なんだけど。
実は、日本に帰る前から早く歯医者に行きたいと思っていた。というのも・・・。

学生の頃に一度治療した虫歯がずっと痛んでいて、20代の頃に数件の歯医者に行ったときについでに「ここの昔治療した歯が痛むんです」と相談していたんだけど、どこの歯医者もその治療歯を見て「うーん、なんともないですよ」と取り合ってくれなかった。ひとりだけじゃなくて何人にも聞いたのにみんなそう言うので仕方なくそのままにしておいた歯があった。それが、この歯医者さんに行ったときにぜんぜん関係ない顎関節症で顎が痛くて行っていたのに、先生が「あれ?この歯、中が虫歯になってるかも・・・?」と指摘してくれたのだ。私はその先生にはこの歯のことは言ってなかったので(どうせ言ってもまた大丈夫って言われるだけだろうと思っていたから)、勢いこんで「そうなんですよ~!ずっと痛いって言ってきたんですけど!今までの歯医者さんみんな取り合ってくれなかったんです!」とここぞとばかりに主張、外から見ただけでは中がどうなっているかわからないけど今の詰め物を取って見てみる?という先生の意見にぜひ取って見てほしいと私も同意した。

結果は。

中の虫歯が治療しきれていなくてものすごく深く進行していたのだ(lll゚Д゚)

自分から言う前に気がついてくれた先生に感謝、そしてその歯を治療しなおしたのが2007年。一番最初に治療したときからすればたぶん20年以上?は経っているぞ、というくらいだ。その治療しなおした歯は治療後も少し響くような痛みが残っていて、先生はしばらくすれば消えるよ、と言っていたけどその痛みはなくならなくて何か強く噛んだりするとピキーンと感じたりしていた。でも確かに痛みはちょっとずつ薄れていくような・・・?まだあるような・・・?と思いつつ、次日本に帰ったら診てもらおう、と思っていたのだ。

そうしたら日本に帰る直前くらいからその歯の上の歯茎が少しずつ腫れてきた。

ありゃりゃりゃりゃ・・・(-_-;)

どうかな~と思いつつ、先日やっとその歯医者さんに行くことができた。人気だから予約が結構先の日にちしか取れなかったのだ。

わ~久しぶり~1年振りか~なんて言いながら先生にまず子供達の歯を診ていただき、最後に私の番が来て先生に歯茎が腫れてきたことを説明。すると先生「あ~~~そうきちゃったか~~~」と驚いてすぐに診察。そして説明をしてくれた。

前回治療しなおしたときにもとても深くまで進行してしまっていたため、神経まで菌が届いていて、それが4年経って歯茎の方に出てきてしまっているとのこと。前回の時点で神経を取ってしまうのはまだ時期尚早だったこと。これはもう根幹治療をするしかないということ。

まあ、確かにまだ大丈夫かもしれないものを取ってしまうのは私も好きじゃない。今はなるべく「残す」治療だもんね。たとえばモルディブではちょっと虫歯になったりヒビが入ったりと不都合が出るとすぐに歯を抜いちゃうのだ。なるべく体の部分は残しておいた方がいいに決まっているのに、すぐにどんどん歯を抜いてしまうのでやっぱりそういうのは原始的な治療だなあと思ってしまう。歯とか特に神経なんてやたらめったら取っちゃっていいはずはないだろうに、と思うよね。もうどうしようもなくなってからでもいつでも取れるんだしさ。なので、なんで前回治療しなおしたときに神経も取ってくれなかったんですか!とは私も思わない。先生も「歯の寿命を4年延ばすことができた、と自分では考えるんだけどね」と言っていた。しかして、今回はさすがに神経を切るしかないのだそうだ。

私 「先生、それってめっちゃ痛いでしょ?」
先生 「いやあ、そんなでもないよ。ほら、片岡さん前にもうやってるし」(私は差し歯もあるから)
私 「や、これスッゴイ痛かったですよ?!もう二度とやりたくないって思ったもん!!」
先生 「そっかぁ~・・・う~ん、でも大丈夫大丈夫」
私 「大丈夫ってでもなんか大手術でしょ?!きっと?!ねえ?!」
先生 「ははは、いや、へーきへーき」

・・・・・・・・・。
ぐわ~~~ん!!!絶対痛いのだ~~~(((゚Д゚)))

でもやらないでこのまま置いておくわけにもいかないのでやるしかないのだ~~~!

それにしても日本に帰ってきてよかったってことだよね。やはりここでばちっと治療しておくしかないのだ。

ということで、遊ぶ予定はそんなに入っていないのに、歯医者の予約がびっしり入ってしまった(^^;)もう年齢的にも毎年メンテナンスが必要な体なんだねえ~・・・。

そんなわけで明日根幹治療第一回目。行ってきます。ここここ怖い。がしょうがない。

そう言えば去年は毎日耳鼻科に通ってたなあ~。私は鼻炎が悪化して耳まで悪くなり、しかも娘が中耳炎をこじらせてたんだよね。べつにこじらせようと思ってたわけじゃなくてマーレの耳鼻科に診せてたんだけどその治療がまったくダメだったんだよね。で、親子で毎日耳鼻科に通ってたのだ。今年は子供達は一度も中耳炎をやらなかったから大丈夫なんだけど(私の鼻炎はいつも変わらないが)、歯にガタがきたってことだね。あ~来年は眼科かなあ~・・・。ドキドキ(-_-;)

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

日本満喫

日本に里帰りしてからというもの、なかなかブログを書けてません。ちょっと変な日本語?
やっぱり日本はすることがたくさんあって忙しいよね。もちろんツタヤに通ってはせっせと映画やドラマのDVDを観ているし、読みたいマンガもいろいろたまっているのでなんだかPCに向かっている時間がないのよね。それに子供達を連れてなるべく日本にいる間にしか行けないところに出かけているので結構どたばたしています。

まず近所のジャスコ(今はイオンだね)&イトーヨーカドーにお買い物に行くだけでなんだかくらくらするんだよねヽ(´▽`)/本当に日本は物があふれていてスゴイ!なんでもかんでも売っている!もうスーパーだけでじゅうぶん楽しめちゃうんだよね。

それから息子の見たがっていたポケモンの映画を観に映画館へ行きました。CMでもやっているけど、今年のポケモンの映画は「白き英雄」と「黒き英雄」の二本があって、これは二本立てではなくちょっと似ているけど違うポケモンや場面が出てくる別の映画なので、息子は「両方とも見たい」と言い出し(^^;)、とりあえず映画館まで行って時間を見てすぐ見られる「黒き英雄」に入りました。娘と息子と私の3人で見たのですが、話が壮大になってくると息子は小声で「ママ~ちょっとこわい~」と半べそに(^-^;)周りを見回してもぐうぐう寝ているお父さん&お母さんが多い中、私はCGがキレイなのでしっかり最初から最後までエンジョイしました。いや~最近のポケモンの映画ってほんとにCGがスゴイよね。感心しちゃいます。効果音も映画館だと大きくて、大きな音に敏感な息子はそれも怖かったらしく、「白き英雄どうする?」と聞いたら「・・・みない・・・こわいから」と気が変わってました(^^;)まあ、おもしろかったことはおもしろかったらしいんですけどね。

それから数日前にはキッザニアにも行ってきました。場所が豊洲とちょいと遠かったのですが、行きには新橋方面から行ったので電車好きの息子はゆりかもめに乗れて非常にご機嫌!すごい遠回りだったけど、まあそれはそれでよかったみたい。キッザニアはみなさんご存知の職業体験パーク?でこれはうちの子供たちはものすごく楽しんでいました。ディズニーランドとかと違って、受け身ではなくすべて自分で行動するので、それが子供心にはたまらないらしいです。キッザニアのシステムもすべて子供主体なので列に並ぶのも子供、説明を受けるのも子供、混んでいたら予約を取ったり短い間にできるアルバイトを探したりというのも全部子供たちが自分たちでやるので、それがよかったですね( ̄▽ ̄)親御さんに「じゃあ○○時にもう一度来てください」、ではなくて、スタッフがみんな子供に理解できるまできちんと説明してくれるのではっきり言って親はすることないです(^^;)もっと大きな小学生高学年くらいの子たちは、キッザニアの通貨と予約表と地図が入るバッグを肩から下げて自分たちだけでぐるぐる周っていました。きっと保護者は「保護者ルーム」でのんびり待っているんですよ~。うちの子供達はまだ日本では年長さんと2年生なので子供達だけで回らせるわけにはいかず、私も一緒にくっついて歩いていましたが、特にすることはないんですよね。ほんとに子供が主役の場所です。自分の子供時代にもこんなのがあったらおもしろかっただろうになあと思いました。キッザニアはきっとこれからもまた何度か行くことになるでしょうね。

あとは~どこに行ったかな?そんなこんなで日本を満喫しております。私はもう買い物が止まりません(^^;)「日本にいる間に必要なものは買っておかなきゃ!!」と購買意欲が大きくなっていて、また「向こうに戻ったら買えない」という危機感も手伝って大変なことになっております・・・。こ、コワイ・・・。いつもコロンボでは考えて「今は買わない」と言ってばかりなんですが、日本に来てからバンバン買っているので娘が「ママ、そんなに買って大丈夫・・・?いつもぜんぜん買わないのに・・・」とかーなーり心配してくれてます。日本滞在が終了する時点でのオサイフ具合が心配ですね・・・(^-^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

日本だ~!

帰ってまいりました日本!いや~丸々1年振りです!
みんながコロンボよりも暑いよ~暑いよ~と言っていたのでどれだけ暑いんだろう・・・とかなり覚悟して来たんですが・・・。

意外とそうでもない(^^)

私的にはコロンボより湿気が少なくてさらっとしてるかんじ?
て言うとみんな「え~さらっと?!」って驚くけど、いやいやコロンボのじっとり湿気感はものすごいものがあります。日差しもやっぱりモルディブやスリランカよりは柔らかい。もちろん暑いしまぶしいけど、モルやランカはもっとこう直射日光が当たっている部分が焼けるようと言うか、焦げるようと言うか、まあとにかく我慢できないほど暑いんだけど、なんとなくそうでもない気がします。朝夕は涼しい風が吹いてるしね。コロンボも夜はすごく涼しくなるんだけど、マーレは夜でもとんでもなく暑かったからねえ。それに比べると割と平気です。

節電もみんながすごく「暗くてさみしい~感じがするよ」と言っていたんだけど、やっぱり他の国から帰ってくるとそれでも日本は明るい国です。夜道なんてとても明るいよ。あちこち街灯が灯ってて、家も外灯を点けてる家が多い。お店の看板もすごくカラフルだし全然暗いなんて感じない。やっぱりまだまだ日本は余裕のある国に見えてしまいます。でもコロンボだって最近は経済状態も良くなってるみたいで看板も明かりもとても増えて上向きだと思うけど、それでも日本の明るさにはかないませんね。ざっと18年くらい前、ロンドンに行く途中の乗り換えで1泊したモスクワなんて空港も町並みも観光地もものすごく暗くてビックリしたよ\(;゚∇゚)/まあ、あの頃はまだソビエトだったから色々と大変だったのかもしれないけど、小さなミネラルウォーターのボトルすらどこを探してもなくてなくて、やっと見つけたと思ったら5ドルとか言われたしねえ・・・。すごいところだと思いました。特に私の実家は神奈川なので去年とあまり変わらないような気がします。でももちろん心配はありますけどね。

私が日本でとてもうれしいことのひとつは、え?映画とドラマ?もちろんそれもそうですけどね、車の運転です。私は車の運転が大好きなんですね~。そう言うと「車は何が好きなの?」と聞かれたりしますが、車種はまったくどうでもいいんです。走ってあまりにも運転しにくいとかじゃなければなんでもオッケー。とにかく自分だけの力(運転)でどこにでも行ける、というコントロール感と行動力感がたまりませんo(*^▽^*)oスピッツを聴きながら運転してると「もうこのままどこか遠くまで行っちゃいたいな~!!!」というアブナイ感覚が脳内に浮かんできます(^^;)それくらい楽しい。また北海道みたいな広いところをスピッツ聞きながら旅したいな~~~としみじみ思います。最初1年振りで運転するときはちょっとドキドキしましたけど、以前は車の中で寝て起きてまた走って、と車の中で生活してたりしたのになあ、となつかしく思ったりしました。私は肩もこるし背中も痛くなるし腰だって痛くなるんですが、車の運転で肩こりとか腰痛とかはなったことがありません。運転が長いと大体みんな腰にくるものですけどね、私は運転は本当に快適で楽しいんですねえ。まあ、この年になってもう車の旅をしてないので今やってみたら疲労度がどれくらい違うのかはわかりませんが。とにかく車が運転できるのが楽しいです(≧∇≦)ちょっとイオンに買い物に行く、とかなんだけどね。それでも楽しい~!

それから私はとにかく桃が大好きで、夏に帰ってくると桃が食べられるのでそれは本当~~~にうれしい!夏は実はもう飽きたのでたまには違う季節に帰って来たいなあとは常々思っているんだけど、でも夏じゃないと買い物ができないし、桃は夏のこの時期しかないんですよね!帰ってきてからすでに何個も桃を食べてますけど、やっぱりおいしい~~~!こんなにおいしいものがあったでしょうかヽ(´▽`)/と思うくらい食べてると幸せです。ふふふ。

帰って来てまだ1週間経ってませんが、こんな感じで大変エンジョイしております。日本っていいね(*゚▽゚)ノ

| | コメント (7) | トラックバック (1)
|

日本里帰り20011!

昨日無事に日本に到着しました~!

神奈川の実家に着き、みんなが「日本は暑いよ~暑いよ~」と呪文のように言っていたのでどうかな~とドキドキしてたけど、意外とそうでもないヽ(´▽`)/や、うちの母はしきりに「暑い~暑い~」と言っているし、「とにかく湿気がね」と言うんだけど、私には湿気はそんなになくてコロンボよりはさっぱりしてるようにすら感じる!日差しもコロンボやモルディブの焦げるような太陽に比べたら、やっぱり痛くない!すばらしい!

というわけで、結構快適です!今日の午後は保険に加入するために市役所に行って住民票の転入届けを提出し、保険証の手続きもすませてきた!うちは日本に帰ると歯医者、皮膚科、耳鼻科、小児科とあちこち行きまくるので保険証なしじゃいられないんだよね。ま、2ヶ月いるのに保険証なしなのも怖いよね。

そして市役所まで行くのに久々に車を運転して行ったヽ(´▽`)/私は車の運転が好きなのですっごいうれしい!でも丸1年ぶりでちょっとドキドキしたー!今日は手始めに近い市役所と隣のジャスコにだけ行って、大通りだけ通ってきた。まあ、練習にはいいよね。昔みたいにもっと車で色んなところに行きたいけどまあ今は無理だなあ。でもこうやってちょっとしたお買い物でも車で行けるだけでもいいよね~!

というわけで、日本里帰り生活突入しました~。
とりあえずご報告でした。

| | コメント (7) | トラックバック (1)
|

明日日本出発。

とうとう明日!日本を出発してモルディブのマーレに戻ります!
いやあ~~~長かった・・・今回の滞在。4月1日に日本に到着して丸々3ヶ月ですよ!でもね、でも気持ち的にはあっという間なんだよね・・・。なんか日々に追われ、いつの間にかの3ヶ月・・・。
特に今回は娘が学校に通ったため、とーっても日常!って感じがしました。毎朝ランドセルをしょって登校班で学校に通う娘を見送ると、大きくなったな~・・・としみじみし、学校も遠足やらりんご園見学やら音楽鑑賞会やら、いろいろもよおしものがあって楽しそうでした。やっぱり参加できてよかったですね。娘はお友達もたくさんできて、もちろん「このまま日本にいたい~」と涙し、クラスではお別れ会なんかも開いてもらって、良い経験だったなあと思います。息子?息子は短期で入れる幼稚園というものがなかったのでずっと家にいましたが・・・(^-^;)まあ、それはそれで楽しんだみたいです。

なんといっても一番うれしいのは食べ物がおいしいことだよね。マーレではまず種類が少ないし、手に入らないものがたくさんあるし、あっても値段がとんでもなく高かったり、せっかく買っても食べようと思ったら半分腐っていたり・・・となかなか食べ物には苦労する場所なのでね・・・。日本のスーパーはすばらしい!いつ来ても感動しますね。なんでもある。もちろん今回も持って帰れる日本食材をダンボール一箱分買いました。でも、今回はマーレに戻ってからもすぐにスリランカのコロンボに引っ越すのですっごい気が楽ヽ(´▽`)/コロンボには日本食材屋さんがあるからね!これから食生活も少しは改善されるかな~と。

まあ、昨日、今日とはも~のす~ごい忙しさでした。今日荷物を成田に宅配便で送るために3日前くらいから荷造りをして、スーツケースにつめながら足りないものを買出しに行き、なんか気持ちがずっと落ち着かなかったよ!買っても買っても忘れ物ってあるしさー。え?忘れ物?たとえば?ははは。バンテリンo(*^▽^*)o肩こりひどいし、腰も痛いからバンテリン効くし好きだからーと思ってて買うの忘れたよー∑(゚∇゚|||)成田空港の薬局に売ってるかなぁ・・・・・・と淡い期待を抱いています。買い物もそうだけど、市役所に行って国外転出届けも出さなきゃならなくて、それも今日行ってきました。なんでこんなギリギリに行くかというと、転出してしまうと保険がなくなっちゃうんですね~。だからあんまり早くから転出しちゃっててももし子供が熱出したりしても小児科にも行けなくなるわけですね。しかもこの前恐ろしい話を聞いちゃったんですよ。海外に住んでいてやはり実家に里帰りしていた人が家の前で立ち話しをしていたら、そこに車が突っ込んできたという・・・・・・ヾ(.;.;゚Д゚)ノ自分の家の前ですよ?!ご高齢のドライバーさんでアクセルとブレーキをまちがえたのだそうだけど・・・。もう日本を出る寸前でお子さんも同じように学校でお別れ会までしたのにそこから大怪我、入院・・・・・・。お、恐ろしい・・・(((゚Д゚)))というわけで、保険をなくすのは最後にしようと、今日の夕方4時(市役所は5時に閉まるからね)に行ってきたのでした。保険証を返したあとに、「さ、これから病気にも事故にも遭えないからね!」と子供達と気合を入れましたよ。

それにしても・・・次はいつ日本に戻ってくるかまったく見当がつかないので、ちょっと感慨深いです。楽しかったな~・・・・・・。こうやって遊びに帰ってくるから楽しさ倍増なんだけどね。でも向こうに戻ってもこれから引越しやら新しい学校やらていうか新しい国で、なんだか何が日常なんだかわからなくなってきました。結婚して子供産んだら落ち着く生活になるんだろうとぼんやり思っていたけど、あんまり変わりませんねぇ~・・・(^-^;

とりあえず!明日日本を出発します!遊んでくれたみんな、どうもありがとう!!!また日本に戻ってきたら遊んでやってくださいね!そしてマーレのみんな!帰るよ~!!!遊んでやってね~!!!同じや。はははヽ(´▽`)/

| | コメント (7) | トラックバック (1)
|

2010春見たものリスト。

今回日本に帰ってきて毎日狂ったように見ていたDVDのリストを作ってみましょう~ヽ(´▽`)/興味のない人にはまったくどーでもいい話なので読みたい人だけ読んでね♪たったひとりリクエストくれたSakiちゃんありがとう~!でもずいぶん偏った選び方だから参考になるかどうか~だけどね。

では、題名とひとこと感想参りましょう~( ̄ー+ ̄)ネタバレありますので気になる方はご遠慮くださいね。

「MW エピソードゼロ」 スペシャルTVドラマ
これはたけるがそりゃないよ~的にかわいそうでした。や、ストーリーがね。そりゃないよ~と。でも熱演でしたね。個人的には俳優さんがガシャガシャ走るのが好きです♪ブラッディ・マンデイといい、龍馬伝といい、なんかいじめられたり危機に陥る役が多い気がします(゚ー゚;

「GOEMON」 映画
これは!これはたけるがめっさかっこよかった・・・・・・(* ̄ー ̄*)ちょこっとしか出てこないんですけどね。映画全部がとてもキレイな映像なのでかっこいいたけるがより一層かっこよく、もう美しい域に達しておりました・・・。時代劇っぽくない映像や衣装がおもしろかったです。タイトルをバックに飛ぶ五右衛門がきれいでした。

「ルーキーズ」 TVドラマ
性懲りもなくまた見ちゃいましたよ。テレビで再放送やってたんで。マーレでも全部通して5回くらい見たでしょうかね。も、おかしいです。ははは。

「ルーキーズ 卒業」 映画
上に同じ(^-^;)聞かないでやってください。

「鹿男あをによし」 TVドラマ
おもしろかった!一気に見ました。京都が舞台というのも私には新鮮でおもしろかったし、ストーリーも変わってて最後までどうなるんだろうと思いました。毎回話が終わってエンディングの曲が流れるとぐわぁ~~~どうなるんだ~~~と早く続きが見たくなりましたね。あの曲も好きです。

「KIDS」 映画
これは予告編を見て、見たい!と思って探して見ました。こういうストーリー自体が好きですね。小池徹平の作品を初めてちゃんと見たけど、事故のシーンがすごくよくてビックリしました(失礼?)。玉木宏とのでこぼこコンビが絵的にもよかったです。

「ただ君をあいしてる」 映画
う~~~ん・・・・・・よかったようなそうでもなかったような不思議な感じの映画です。前半の不思議ちゃんぶりはあんまり好きじゃないかなあ。でも後半はまあまあかな。

「のだめカンタービレ 最終章後編」 映画
これは映画館に見に行きました。のだめは好きなのでこれが最後だし、とてもエンジョイしました。

「キサラギ」 映画
こういう話好きですねえ。舞台っぽいですね。場所が動かないから。登場人物も最初にそろってから最後まで一緒、ひとつ部屋の中での謎解きです。地味なのにおもしろかった。

「風が強く吹いている」 映画
これはなんとなく見たわりにはおもしろかったです。中村優一くんが出ていたのがうれしい♪箱根駅伝も身近だし、細かい部分がおもしろかったな。

「神童」 映画
これも去年あたりに気になっていたので借りてみました。えーーーどうだったかと言うと・・・びみょー。もっと神童らしさが前面にバーン!と出てた方が感情移入できるような・・・。と思いました。

「リリィ・シュシュのすべて」 映画
古い映画なので今見るとあっ!ここにもこんな人が!という俳優さんがいっぱいでした。なんていうか・・・昔のフランス映画っぽいような?わりと淡々と進むけどクライマックスはヨッシャ!と思いました。

「40女と90日間で結婚する方法」 TVドラマ
自分が40女なので笑えるところがいっぱいあった!ラストどうするのかな?と思って見てたけど、なんか最後まで見てすっきりして楽しかったですね。ある意味裏切らないドラマでした。

「虹の女神」 映画
これは・・・・・・非常に微妙な映画でした・・・。ほふく前進のところだけおもしろかったかな。あとは・・・うーん・・・。ま、私好みじゃないってことで( ̄ー ̄)

「天使の卵」 映画
えーーー、まず題名に天使とかつけちゃうところが私好みではないのですが・・・まあ、主人公が美大を目指している画学生なので許そう!え?わけわからん?そう、そんなもんよ。内容は「えーーー!そこで死んじゃったら簡単すぎでしょう!」というジタバタしたくなるエキスたっぷりでした。

「ウォーターボーイズ」 TVドラマ
妻夫木くんの映画のあとのTVドラマです。山田孝之くんが結構好きなので楽しく見ました。

「ウォーターボーイズ 2005 夏」 TV(たぶん)スペシャルドラマ
これは「ウォーターボーイズ2」を借りようと思ってまちがって借りちゃったやつです。はい、瑛太くんに失礼ですね(^-^;)がんばって見ましたよー。

「ウォーターボーイズ 2」 TVドラマ
長かった~。やっと2です。市原隼人くんがかわいいですね。色白いのに後半になるにつれてみんなどんどん焼けて真っ黒です。「ルーキーズ」の中尾くんとここからもう共演でした。中尾くんがこれまたかわいい!若い!てか子供!みんながんばったねえと、おばちゃん気分になれること請け合いのドラマです( ̄▽ ̄)

「あいくるしい」 TVドラマ
これはねえ・・・これは泣いちゃいました。お姉ちゃんは大学に行かせてあげたかったなーと涙が出ましたですよ。はい、見てないとなんのことやらわかりませんね。そうそう、ちょっと「てんとう虫のうた」を思い出しました。綾瀬はるかが月美姉ちゃんとすると、市原隼人はかじ兄ちゃん?!ゴメン、かじの漢字がわからない・・・(-_-;)んで神木竜之介が金太郎でうた(子役名がわかんないや)がひなですかな?え?古すぎて誰もついてきてない?!いいよーだ。草原でお母さんと息子二人が話すシーンがすごくよかったですね。

「チェケラッチョ!」 映画
楽しい映画でしたね。最後のライブがよかったな。

「猿ロック」 TVドラマ
おもしろかったー!バカっぽくて。バカっぽいの大好きヽ(´▽`)/何回でも見たいです。

「僕と駐在さんの700日戦争」 映画

これもバカっぽくてねー楽しい!特に楽器持って歩いて行くところ。見ながらゲラゲラ笑いました。

「おとなり」 映画

これは~・・・微妙~・・・?なので印象もあんまりなかったです。まあそういうのもあるということで(^-^;

「252~生存者あり!~」 映画

これはまちがえて借りちゃった。でもちゃんと見ました。おもしろかったよ。山田孝之くんがよかったヽ(´▽`)/←またかい!

「252~生存者あり!~エピソードゼロ」 TVスペシャル(?)

これこれ、こっちを見たかったんです。でも映画のを見てないとわからない部分もあったので見ておいてよかったんですね。市原隼人くんは痛てぇ~とか空気が足りない!って演技No.1だよね~。切羽詰ってるのとか。ちょっと私の頭の中では「海猿」とごちゃごちゃになりそう的な内容です。

「偶然にも最悪な少年」 映画

こーいうーの好き!こういう映画大好きですヽ(´▽`)/めちゃくちゃなことやってるんだけど明るいっていう。あとロードムービーが好きなので途中から博多を目指して行くのなんかすごい楽しい。でもきっと好き嫌いがものすごくはっきりする映画なんだろうなあ。嫌いな人はどこがいいのかわかんないって言いそう。

「ネガティブ・ハッピー・チェーンソーエッヂ」 映画

これも好きーヽ(´▽`)/おもしろかった。なんだかわけわかんないものがチェーンソー男っていう具体的なかたちになったりするところがおもしろい。欲を言えばもっとチェーンソー男とのアクションシーンがあってもよかったかなーと。CGバシバシの戦うシーンとか、雪が降って一瞬逆流するとかの決まりごとも現実離れした感じがよく出てて好きです。

「神さまのパズル」 映画

これもおもしろかった。これはストーリーが物理の理屈っぽい部分も含めて変わっててよかったです。双子だしインドだしいろいろ新しかったね。クライマックスの「よろこびの歌」がすごいよかった!

「仮面ライダー電王トリロジー~スタートゥインクル~」 映画

これは子供と一緒に映画館に見に行きました。おなじみ電王のゼロノス&愛理さんストーリーです。中村優一くんが全然変わってなくてたけるの変貌ぶりからすると逆に貴重感あふれるね( ̄▽ ̄)ライダーになって戦うシーンだと息子はがっつり見てましたが侑斗と愛理さんのシーンになると飽きてました。子供はそんなもんね。私は二人がどうなるのか見たくて行ってるのでそこが肝心!普通のドラマならキスシーンくらいあってもよさそうなのにやっぱり仮面ライダーシリーズじゃキスシーンはなかったね~。でも見てほっこり、なんかよかったですよ。

「黄泉がえり」 映画

なんで今頃?って感じでしょうか。実は見たことなかったんですよね。でもすっごい売れてたのは覚えてます。なんであんなに売れてるんだろう?と思ってましたが、見てみたらおもしろいじゃないのあーた!やっぱり売れるのには理由があるんですね。当たり前か。見ながらドキドキしました。柴咲コウの歌も素敵でした。

「ひと夏のパパへ」 TVドラマ

え~~~これは~~~なんというか・・・。でもがんばって最終話まで全部見ましたよ~。はっはっは( ̄▽ ̄)

「世にも奇妙な物語~爆弾男のスイッチ~」 TVドラマ

まあ、「世にも奇妙な~」なので見たあとにうーん・・・って考えちゃうような内容です。同じ「世にも~」だったら妻夫木くんがやった「美女缶」の方がストーリー的には好きだなあ。

「サトラレ」 映画

これは目当ての俳優さんが出てるわけでもなく、ジャケ借りです。ジャケットのストーリー解説を読んで気になって借りました。題名も去年から気になってたんだよね。主演は安藤政信くんです。私は見たのは「69」以来ですね。まあまあおもしろかったです。救いがあるね。

「ヤンキー母校に帰る」 TVドラマ

出たーヤンぼこヽ(´▽`)/これまた古っ!でもやはり見たことなかったので新鮮に見ました。なんと言っても、見れば見るほど永井大と速水もこみちの背がでかい!!!二人とも鴨居をくぐって食堂に入ってくるんだよね。でその二人にはさまれた市原隼人が色白っ∑(゚∇゚|||)すごいお子さまに見えます。でも第一話のヒッチハイクのシーンはいいね~。って結局、車で長距離走るのが好きなんかね、私は。

「パズル」 TVドラマ

いやあ~・・・・・・全体的にB級感あふれるドラマでした(^-^;)ま、深夜だししょうがないか・・・とも思いますが、中村優一くんが出ていたので見ました。はっはっはーそれだけ。

いやあ~こうやってリストにしてみると見たなージブンΣ(・ω・ノ)ノ!ドラマが大体1クールで12話、DVDだと5枚なのでかーなーりあるよね。映画一本見るのはわりとサクっといけるんだけど。昔からお?と気になった俳優さんの出演作品を片っ端から見るのがクセなので、今回もお気づきの方もいるでしょうがそのように偏っております。20代の頃、まだハリウッド映画が元気があっておもしろかった時代、やっぱりそのように見ておりました。ジョニー・デップが好きだったので彼の出演作品をすべて見たあと、「妹の恋人」で共演してたメアリー・スチュアート・マスターソンの作品をジャンジャン見て、次にその中のひとつで共演してたクリスチャン・スレーター週間になったり、と大ファンにならなくても過去作品を網羅していくのが好きなんですね。それから出演者だけじゃなくて好きなコーエン兄弟監督の作品を片っ端から見たりもしました。ジュリア・ロバーツ週間、ナタリー・ポートマン週間、と昔は女の子が多かったように思います。今回はテレビでルーキーズの再放送を見てたのもあって、たけるのを見尽くしたあとに市原隼人の出演作品を順不同に見まくりました。でも思っていたよりも若い頃から出ていて、芸歴が長いから過去作品を網羅するのが大変です。これだけ見てもまだ見れていないドラマが数本あります。7年前のドラマとか、古いともうレンタルショップにないし、しかもNHKだとDVD自体制作数が少ないのか、新しいものでもツタヤにも他のレンタルショップにもないんですね。でも見られないとなると余計見たくなるー!くやしいです。この、網羅したくなるってーのはやっぱりコレクターズ精神なんでしょうかね~。

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

マーレ帰還まであと10日

♪さらば~日本よ~♪
ってまだ10日あるけどさ。マーレ帰還まであと10日。
はやぶさみたいだねえ。大気圏突入まであと○日!って、燃え尽きたの見たらなんか感動したよねえ。うちも帰還の日が迫ってまいりました。

いつもは前日くらいに慌てて準備をしてる性格だけど、どうも今回は今頃から気持ちが焦りだしてきたんだよねー!
まだ食べてないものはなんだー!
買ってないものはなんだー!
あと残ってるのは眼科だー!
そう、眼科に行ってコンタクトを買って帰らないと~。
子供たちも一緒に歯医者は行った。三人とも虫歯はなし、きれいに歯のお掃除をしてもらって終了。
息子のアトピーの皮膚科も行った。皮膚科は一番通ったな~。おとといも行って先生にもう帰国します、と塗り薬をい~っぱいもらった。「帰国ってどこ帰るんだっけ?」と先生。去年も言ったような・・・。
子供と一緒に電王の映画も見に行った。プラネタリウムも行った。ディズニーランドも行った。友達にもたくさん会った。

いやあ~~~遊んだ~~~・・・。

でも今日娘はべそをかきながら「ママ~学校のお友達とはなれたくない~マーレに帰りたくない~」と泣き出した・・・(-_-;)お、おそれていたことが・・・。
でも今日スカイプでロビちゃんと電話してたら子供達を見てロビちゃんの目にも涙が・・・。ロビちゃんは「さみしいからはやく帰ってきてよ~。あなたたちはそっちで楽しいからいいけどさ~」と・・・・・・。スンマセン。娘にも「ずっと日本にいたらパパに会えるの一年に一回くらいになっちゃうよ」と話したら「パパに会えないのはいやだけど日本にいたい~」と涙・・・(゚ー゚;)まあ、そう言うだろうな~とは思ってたけどさ。短期だけってのもどうかなとも思ったけどさ。でもやっぱり入学式から通ってお友達ができたから、これから先いつ里帰りしてもまた同じ友達が学校にいるわけだし、みんなにも「そういえばこういう子いたよ」って覚えててもらえるかなとも思ったんだよね。それに良かったなと思うのは、モルディブにいたら経験できなかったことがいろいろできたこと。あさがお観察とか、音楽鑑賞会とか、りんご園見学とかね。遠足があって参加できたのも良かったしね。日本の学校も体験できて、マーレの学校も体験できて、これからコロンボの学校にも通えるのはラッキーだ!って思ってもらえたらいいなあと親的には思っているんだけど・・・。え?息子?息子は特に気にしてないみたいだヽ(´▽`)/息子はパパに会いたいので、日本は楽しいけどマーレに帰るのもそれはそれでいいらしい。息子にとってはまだマーレだからとか日本だからっていうのは文句の対象じゃないみたい。年齢なのか性格なのかはよくわかんないけどね。娘は4歳まで日本で育ったから余計なのかなあ。まあ日本は何でもあるからねえ、楽しいのももちろんわかるけどー!

 そして明日は七五三の写真を撮りに行く。娘は七歳、息子は来月五歳、そして弟夫婦の娘、つまりうちの子供たちのいとこにあたるみーちゃんは三歳。ということで、三人いっぺんに写真を撮る予約をした。娘はもう今から楽しみにしていて、「どんな着物とドレス着ようかな~」と夢見る女の子してるけど、息子は「とらない!」の一点張り。なんでいやなのか聞くと、「はずかしいからなんにもきないしとらない」のだそうで・・・。予約の電話をしたときにスタッフさんに「息子は恥ずかしいって言っていてゴネるかもしれませんが・・・」と事前に話しをしたところ、「大丈夫、みなさんそうですよ~。がんばりましょう!」と励ましていただいた(*^^*) あはは。まあ、撮りたくなかったらそれはそれでいいけどね。

 まだ今回会えていない友達が結構いてあと10日でどこまで会えるかな~・・・と・・・。三ヶ月もいたのにねえ~意外とむずかしいもんだよね。

あっ!墓参り行ってないよ~・・・!やっぱ行った方がいいかなぁ・・・?今回は引越しとか転校とかいろいろあるからね~・・・次はいつ日本に帰ってこられるか全然わかんないしね~・・・。って、でも毎回そんなこと言ってチョロチョロ帰って来てるんだけどさ(^-^;)予定は未定っつーことで!とりあえず今ほろよい飲んでじゃがりこ食べながら映画一本みた( ̄▽ ̄)この日本滞在中になんの映画とドラマ見たかリストにしようかな~。え?そんなのべつに知りたくもない?いーの、自分で書きたいだけだからーヽ(´▽`)/

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|